お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2006/08/18
  • 執筆者: Yamaoka (2:50 pm)

<お知らせ>鼎談「瓦解する? 司法」麻原控訴審弁護士+斉藤貴男+二木啓孝

カテゴリ: お知らせ
 麻原彰晃控訴人弁護士・松下明夫氏と、『機会不平等』著者で、権力の肥大化に警鐘を鳴らし続けているジャーナリストの斉藤氏、そして『日刊ゲンダイ』編集部長で、『朝日ニュースター』(CS)のコメンテーター等でもお馴染みの二木氏の3名。例え精神に異常を来していようが、何がどうあっても“社会の敵"は見せしめに処刑しなければならないと先に結論ありき、が麻原裁判では、との視点から議論する。
○8月27日(日)12:30開場、13:00開演
○主婦会館プラザエフ7階「カトレア」(千代田区六番町15)03-3265-8111
○連絡先 港合同法律事務所03-3585-2331(担当・松井)
閲覧数 (19967)
  • 2006/08/18
  • 執筆者: Yamaoka (2:40 pm)

<お知らせ>対談「世界と日本を揺るがした9・11事件とオウム事件」リチャード・コシミズ氏VS菅沼光弘氏

カテゴリ: お知らせ
 リチャード氏(写真)はオウム真理教について、早くから国際的な謀略機関が「日本の破壊工作」のため生み育てたものと見て、自らが運営するサイトでその証拠などを暴き続けているジャーナリストでもある。一方、菅沼氏はオウム事件発生当時、現職の公安調査庁担当者(元部長)で、当時から同団体は宗教を装った日本政府転覆を狙う国際的謀略機関の起こした犯罪と見て、団体としての破防法適用を強く主張した人物。
 それぞれの主張、根拠を披露すると共に、再度、同様の事件が起こる可能性はあるのか議論する。
○8月31日(木)18:00 - 21:00
○宮崎県会館 東京ビル1階会議室(千代田区九段南4-8-2)
   *詳細は「ワールドフォーラム」へ       
閲覧数 (20610)
  • 2006/08/18
  • 執筆者: Yamaoka (2:30 pm)

加藤紘一代議士実家放火事件の背景ーー上部団体は過去、宮澤首相邸前割腹、新潟県知事襲撃を決行

カテゴリ: 右翼・暴力団
 小泉首相が靖国神社に参拝した8月15日、加藤紘一元自民党幹事長の山形県鶴岡市の実家が全焼したのは既報の通り。
 そのタイミング、加藤氏が小泉首相参拝に異議を唱えていたことから、現場で倒れていた男による政治的テロではないかとの見方がされていたが、山形県警は本日、この男が所属していた東京都新宿区歌舞伎町の政治結社「大日本同胞社」事務所などを、政治的な背景も視野に入れ、現住建造物等放火容疑で家宅捜索したのは既報の通り。
 放火と靖国問題との関係は色濃くなっており、これが事実とすれば、本当にわが国はものが言いにくい時代に入って来てしまっているようだ。
 それはともかく、放火現場に倒れていたのは同団体事務局長のH・T氏(65)だった。
 当局は同団体は広域指定暴力団である住吉会系音羽一家系列と見ている。
 音羽一家というのは、プロ野球巨人軍の本拠地である東京ドームを含む文京区を縄張りとしている。巨人戦チケット販売などのダブ屋利権などを持ち、かつては東京ドーム側と蜜月関係にあったが、取締強化で現在は関係は絶たれているとされる。
 また、大日本同胞社はといえば、1987年、幹部等が土地取引に関して不動産業者に対する恐喝容疑で逮捕されるといった具合で、政治的な側面は見えて来ない。

閲覧数 (27353)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (135)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ