お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2007/01/16
  • 執筆者: Yamaoka (6:30 pm)

北朝鮮が再度、ミサイル発射決断との有力情報。核実験関連部署では異変も……

カテゴリ: 国際 : 北朝鮮・韓国
 本紙ではこれまで北朝鮮情報に関して何度も報じているが、同じ信頼すべき情報ルートから、昨年7月5日に続き、北朝鮮政府がミサイルを発射する決断をしたとの情報を得た。
「6カ国協議も米朝協議も何ら進展せず、一方、国内では昨年夏の洪水で食料不足が顕在化しているなか、国内矛盾の目を反らすためにも必要と考えたようですね」(事情通)
 そして、具体的な発射日まで上がっているという。
(写真はスカッドミサイル)

閲覧数 (28458)
  • 2007/01/16
  • 執筆者: Yamaoka (3:02 pm)

特別寄稿 内部文書入手! 三位一体のパチンコ業界(4)

                   文・伊藤直樹

 おそらくマスコミ初であろう複数の内部文書を連載3回までに公開して来たが、この連載4回から3回に渡り、業界幹部2名が実名で登場し、“3点方式”について核心に触れたインタビューを紹介する。

●『埼玉県遊技業協同組合』直撃
 2点方式に変わっていた埼玉県。3点方式は「共謀共同正犯」と警察OB幹部が証言!
 

 取材先は5件。
 景品納入業者の『(有)関根商会』が所属している『埼玉県遊技場景品卸商業組合』。景品買取業者の『?丸十商店』が所属している『埼玉県遊技場景品流通商業組合』。買取業を譲渡される予定だった地域の『狭山・入間遊技業組合』。埼玉県のホール業者の組合である『埼玉県遊技業協同組合』。最終的に承認・認定を行うと「営業譲渡契約書」で名前の出ていた『彩の国安全・安心事業協会』。
 ところが、どこも担当者は不在。会長、理事長、組合長は「専従ではないため、常勤していない」というのが、その理由だ。
 そんな中、景品買取業者の『?丸十商店』が所属している『埼玉県遊技場景品流通商業組合』の事務局をしている県警OBの矢野勝利氏(『彩の国安全・安心事業協会』の事務局と同じ人)が、電話で答えた。
 こちらが、「『ウインザージャパン?』の件ですが」というと、質問項目も聞かずに、「業者さんが単独でやっている問題なので、協会は関知しておりません」と、前回と同じ返答で、電話を切ろうとする。そこで、「三店方式についてなんですが」と食い下がると、「3店方式は使われておりません。前回か前々回の『県遊協』(『埼玉県遊技業協同組合』のこと)の理事会で撤廃すると決定しました。2店方式になっています。県遊協とは別組織になったので……」(前出・矢野勝利)というではないか!
 え、えっ! 2点方式って……。
 問い質そうとしたら、ガチャンと切られてしまった。
 今、確かに2…方式っていったよなぁ……それって、違法なんじゃないですか?
そして、取材依頼書をFAXしておいた中から、『埼玉県遊技業協同組合』の専務理事である県警OBの南雲孝氏が「これは、取材に応えないわけいかないでしょう」と、正々堂々と取材に応じてくれた。その姿勢に感謝しつつ、日時を決め、取材に向かった。
(写真は換金用の特殊景品)

閲覧数 (35442)
  • 2007/01/16
  • 執筆者: Yamaoka (1:00 am)

入手ーーバラ撒かれた山口組若頭批判文書

カテゴリ: 右翼・暴力団
 今年に入ってからと思われるが、複数の広域暴力団組長クラスの元に、以下のような文書が郵送にてバラ撒かれている。対象は山口組だけでなく、代紋違いの複数の他の組も含まれるようだ。
 山口組№2の高山清司若頭(二代目弘道会 会長。写真=『週刊大衆』07年1月1日号より)を強く批判する内容となっている。「ヤクザ社会における仁義をわきまえぬ」とか、「5代目追い落としを主導した」といった旨のことが書き連ねられている。(A4で3枚分。以下に転載)

閲覧数 (29370)
  • 2007/01/16
  • 執筆者: Yamaoka (12:10 am)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(22)マスコミが取材に動いている上場不動産会社

 つい最近、マスコミの一部がマイナス情報としか思えない件で取材に動いているとして、兜町事情通の間で「何事か?」と密かに話題になっている上場不動産会社がある。

閲覧数 (20474)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (133)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ