お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2007/06/11
  • 執筆者: Yamaoka (10:19 pm)

週刊誌が取材を始めたグッドウィル・折口雅博会長の過去の女性犯罪疑惑

 本紙でも既報のように、「グッドウィル・グループ」の折口雅博会長(46。写真=「毎日新聞」6月9日。8日の本社での会見時のもの)は、訪問介護大手の子会社「コムスン」の虚偽申請の件でかつてない窮地にある。
 虚偽申請内容の悪質さに加え、この間の社会保険庁の大不詳などで溜まった国民の不満のガス抜き、スケープ・ゴートにしようということか、ともかく当局が折口会長を逮捕すべく、“国策捜査”に乗り出しているからだ。
 そんななか、各週刊誌は折口会長の過去の女性問題等を記事にすべく取材に動いている。
 実際、どこまで記事にするかどうかはともかく、以前から、折口会長とその周辺者に関し、その手の疑惑が囁かれていたのは紛れもない事実なのだ。
 その証拠に、以前、以下のように、某情報誌が記事にしたこともある。
 そして、このような噂が出る背景には、少なくとも関係者が実際、その手の容疑で逮捕されている事実があるからだろう。
 折口会長の日商岩井時代の先輩に「U」(54)がいる。

閲覧数 (27198)
  • 2007/06/11
  • 執筆者: Yamaoka (2:38 pm)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(66)有名マンション業者にも耐震偽装問題浮上

 上場し、全国展開している某有名マンション業者の物件で、耐震不足物件が発見された。ところが、その分譲マンション購入者に金銭を払って揉み消しを図っているというとんでもない情報が飛び込んで来て、一部関係者の間で話題になっている。

閲覧数 (21615)
  • 2007/06/10
  • 執筆者: Yamaoka (11:34 pm)

サーベラスVS毎日新聞ーー記者解雇の元になったICレコーダーデータ掲載ブログが、今度は訴訟資料(糸川代議士音声テープも)を掲載

カテゴリ: 報道・マスコミ
 本紙でも既報のように、東京・南青山の地上げを巡って暴力団関係者に謝礼を払ったと報道した毎日新聞社(写真=訴訟になった記事)と、外資サーベラスの争いはその後和解に、一方、同記事を報じた記者は情報漏えいの責任を問われて解雇になった。
 だが、この件に関し、納得いかない思いを抱いたのは本紙だけではあるまい
 ところで、記者が解雇になったのは、あるブログにその記者が、問題の地上げ地の件で国会質問した糸川正晃代議士に取材した際、無断録音したICレコーダーの会話を文書化したと思われるものが載ったことが契機になっているのはご存じの通り。

閲覧数 (32653)
  • 2007/06/10
  • 執筆者: Yamaoka (3:32 am)

世界的食品企業「ネスレ」のわが国における“無法実態”につき、本日の衆議院で国会質問が(報告)

カテゴリ: 国際 : 多国籍企業
 大変遅くなってしまったが、先に本紙でもお伝えした、6月6日の衆議院外務委員会での質疑につき、以下、転載する。
 笠井亮委員(共産党)の質問に対する、外務省を始め厚生労働省、経済産業省の各審議官や麻生太郎外務大臣の答弁を通じ、世界的食品企業「ネスレ」(左写真=「ネスレ日本」代表取締役会長兼社長のクリス・ジョンソン氏。右写真=兵庫県神戸市の同本社。下写真=ネスレのロゴ)が1995年に最高裁判決に反して団交に誠実に応じず、また、各地の労働委員会や裁判所で幾度も不当労働行為等について是正命令や判決で断罪されながら違法行為を繰り返している実態が、国会という国権の最高の場で白日の下にさらされた。

○衆議院外務委員会質疑(ネスレ争議関連の概略)
2007/6/6 11時15分頃?31分頃まで

笠井亮議員  経済のグローバル化が急速に進む中、多国籍企業の行動をめぐって質問する。今日、さまざまな国の大企業が母国以外の国で多国籍企業化している。麻生外務大臣に伺いたい、OECDの多国籍企業の行動指針を定めた理由と意義にについて。また、外務省の取組について。
麻生外務大臣  多国籍企業は巨大なもので、一国を上回る経済力を持っている。その企業は、各国への大きな影響を与える。責任ある態度を取ってもらうのがまず基本。その行動指針の内容は、情報の開示、労使関係、環境問題、雇用及び消費者利益など幅広いもの。多国籍企業に対して、自己利益だけでなく、責任ある行動を求めている。拘束力はないが、少なくとも自主的に実施されることが求められている。OECD加盟国としても、実施が期待されているところだ。

閲覧数 (86135)
  • 2007/06/09
  • 執筆者: Yamaoka (8:26 pm)

<記事紹介>「異例のマジック裁判は誰が裁くのか」(『創』07年7月号。ゆうきとも)

カテゴリ: 書評
 本紙でも取り上げたコインを使った「マジック裁判」について、月刊メディア批評誌『創』の最新号が、現役のマジシャンにインタビューした5頁記事を掲載している。
 結局、身内意識からなのだろう、この間、商業雑誌で、今回の警察の逮捕報道にかこつけ、ネタ晴らし映像を流した一部テレビ局に批判的な記事は皆無のようで、この『創』で初めてお目にかかった。

閲覧数 (22218)
  • 2007/06/09
  • 執筆者: Yamaoka (7:41 pm)

「ネットマークス」を子会社した「日本ユニシス」の不徳

カテゴリ: 経済事件 : IT系企業
 ITソリューションやアウトソーシングサービス大手で、東証1部上場の三井物産系企業「日本ユニシス」(本社・東京都江東区。籾井勝人社長=写真)が、とんでもない買い物をして頭を抱えている。
 同社はIP網強化などの狙いから、東証1部のネットワーク構築会社「ネットマークス」(東京都港区)に対するTOBを実施、6月1日、ネットマークスを連結子会社にすると発表した。株式の取得割合は66・9%、取得費用は約93億円だった。
 ところが、その直後の6月4日、ネットマークスは不適切な取引の存在が判明し、過去3年間の決算修正をする可能性が生じる恐れがあると明らかにした。
 さらに同社は6月8日、「重大な疑義が生じた」として、定時株主総会の延期、それに今年3月期の決算報告書を法定期限内に提出できなくなったとした。

閲覧数 (25551)
  • 2007/06/08
  • 執筆者: Yamaoka (7:00 pm)

旧「カーチス」社長が自殺未遂?

 兜町関係者の間では昨日から、6月6日に江川賢記社長が「多量の睡眠薬を飲んで入院した」との自殺未遂報道が流れている。
 泉谷しげるをCMに起用(写真)する東証2部上場のこの中古車買取大手、かつては「ライブドアオート」の社名だったようにライブドアグループ企業だったが、例のライブドア事件後、社名を「カーチス」に変更。脱ライブドアを指向し、ヤマハ元創業者一族の子会社となり、今年4月からは社名をさらに「ソリッドグループホールディングス」(東京都新宿区)に変えている。
 江川社長はヤマハ元創業者一族の投資会社の出身。今年2月から就任していた。

閲覧数 (533182)
  • 2007/06/08
  • 執筆者: Yamaoka (5:41 pm)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(65)相場操縦容疑者が扱っていた他の銘柄

 大証2部で、三井物産翼下の二輪車用塗料最大手の「川上塗料」(兵庫県尼崎市)の株価を不正に操作し、株価を上げた容疑で、さいたま地検特別刑事部は6月7日、2容疑者を証券取引法違反(相場操縦)で逮捕したのは大手マスコミ既報の通り。
 2容疑者が株価を上げたとされるのは2003年4月3日から同年5月14日にかけて。株価は214円から倍以上の517円にまでなったという(写真=川上塗料チャート図の黄色マーカー部分)。
 この2容疑者は、以下の2銘柄でも怪しい動きをしていたとして、兜町では話題になっている。

閲覧数 (21461)
  • 2007/06/08
  • 執筆者: Yamaoka (10:18 am)

コムスン指定打ち切りに加え、グッドウィル・グループ本体でも大ダメージになり得る「データ装備費」天引き疑惑

カテゴリ: 雇用
 本紙が関連記事でも紹介した「データ装備費」(1日当たり1人200円)が未払い賃金に当たるのではとの疑惑に関し、ついに東証1部「グッドウィル・グループ」(東京都港区。折口雅博会長=右写真)の派遣労働者でつくる労組グッドウィルユニオンが行動を開始した。
 6月1日から全国の労働基準監督署に派遣社員が「この天引きは賃金未払いにあたり労働基準法違反に当たる」と申告を始めたのだ。その申告者数は同日だけで100名近くに上ると見られる。
 さらに6月7日にはグッドウィル本社前で、全国の派遣社員の仲間と共に抗議行動を行った。
 会社側は「データ装備費」は派遣社員一人ひとりの個人情報を管理する費用」だし、天引きは任意(=同意を得ている)として正当性を主張している。
 だが、「保険料」名目で差し引かれたと主張する者もいるし、そもそもこのようなデータは会社の営業に必要不可欠なものだから会社側が負担すべき経費扱いにしなければならないとの見方もある。
(左写真=労基署への申告見本)

閲覧数 (115072)
  • 2007/06/07
  • 執筆者: Yamaoka (6:09 pm)

やはり循環取引を行っていた本紙既報の「黒幕」

カテゴリ: 経済事件
 本紙は5月7日、話題の“循環取引”の「黒幕」なる企業が存在するとの情報があることを報じている
 その際は社名を伏せたが、その後、6月4日、このN社が倒産したことを報じた際には社名を出した
 その通信機器販売主力だった「NAJ」が破産手続きのなかで、富士通の販売子会社「富士通関西システムズ(FKS)」(大阪市)との間で循環取引を行っていたこと、さらにNAJは未上場ながら、200億円を超える年間売上高があったが、その大半が架空取引だった可能性が高いと、本日午後から大手各紙が報じている。
(写真はasahi.com)

閲覧数 (29043)
  • 2007/06/07
  • 執筆者: Yamaoka (5:16 pm)

地下に潜った近未来通信・石井優元社長

カテゴリ: 詐欺(行為)
 本紙でも何度も報じている詐欺会社「近未来通信」(破産手続き中)。
 被害者数は約3000名、被害総額は約400億円とも見られている。
 左に掲げた(「日経新聞」6月5日)のは、別の投資詐欺会社「平成電電」(破産手続き中)の出資金募集広告を「内容が信実かどうか確認する義務を怠った」として、被害者等が「日経新聞」、「朝日新聞」、「読売新聞」各社に対し総額約35億円を平成電電旧経営陣と共に支払えと提訴したという記事。
 近未来通信の場合も、有名人を使い、さらに大手マスコミで派手に宣伝を行い、あたかも信用があるかのように見せていたのは本紙でも既報の通り。
 今後、近未来通信の場合も同様の訴訟を起こせば、大手マスコミももう少し広告掲載チェックを厳しくするようになるのではないか。
 広告料をもらいながら、問題化するとその事実を忘れたかのように一転、告発記事を掲載する大手マスコミの態度は、ある意味、ブラックジャーナリズム以上に節操がないともいえそうだ。
 それはともかく、国際指名手配された(4月20日)石井優元社長に関し、ここに来て「地下に潜った」との情報が本紙の元に寄せられている。

閲覧数 (26333)
  • 2007/06/06
  • 執筆者: Yamaoka (11:50 pm)

関係者注目の、中川幹事長が“筆頭”媒酌人を務める不動産会社会長の結婚披露宴映像(他にも超著名な媒酌人カップルも)

カテゴリ: 政治家 : 汚職(疑惑)
 本紙既報の、Xデーがいよいよ近いと見られる都内A不動産会社会長の結婚披露宴映像が、関係者の間で話題になっている。
 中川秀直自民党幹事長(写真)夫婦が“筆頭”媒酌人として登場しているからだ。
 日本文化では媒酌人といえば、最も社会的に権威ある夫婦一組が務めるのが相場だが、朝鮮半島の方では複数が媒酌人を務める方が普通だという。
「他に4組の夫婦が媒酌人を務めています。この映像は出席者が個人的に撮ったものではなく、会長の方でプロに頼んで編集、特注のケースに収められた本格的なDVDです。 
 そのなかで、中川さんは“筆頭”媒酌人として挨拶しているのですが、脇が甘いというか、これが奇しくも2人の密な関係を思わせるセリフになっているんです。それだけに会長お気に入りで、出席者だけでなく、仕事上でも自分がいかに中川さんと親しいか権威づけのためにも配られ、利用されていたんです」(事情通)

閲覧数 (28131)
  • 2007/06/06
  • 執筆者: Yamaoka (11:37 am)

世界的食品企業「ネスレ」のわが国における“無法実態”につき、本日の衆議院で国会質問が

カテゴリ: 国際 : 多国籍企業
 本紙でも何度も取り上げている世界的な食品企業「ネスレ」がわが国において法令及び判決を遵守していない実態につき、本日、国会質問がされる。
 衆議院外務委員会で笠井亮議員(共産党)が「ネスレ」のわが国における労働争議などに関し、持ち時間17分のうち15分を割くそうだ。
 ネスレはわが国ではコーヒーの「ネスカフェ」ブランドだけでなく、米国同様、ミネラルウォーターの発売でも大きなシェアを持っているが、本紙既報のように、疑惑のなか、発売していた製品(写真=「こんこん湧水」)が販売中止になるなど、一般国民の生活にも影響を与える製品を発売している。また、外資系大手が次々とわが国に参入しているなか、他の大手外資の動向にも影響を与えうるわけで、その点からもその内容、政府の対応が注目される。(以下に、参考資料添付)

閲覧数 (86938)
  • 2007/06/06
  • 執筆者: Yamaoka (12:02 am)

「チー坊」石立鉄男さん死去ーーあの被告にして、兜町でも名が出る人物との意外な接点

カテゴリ: 芸能・アイドル
 既報のように、6月1日、『パパと呼ばないで』(右写真)、『おくさまは18歳』など、テレビドラマで人気者だった俳優の石立鉄男氏(左写真)が死去した。急性動脈瘤のためで享年64歳。
 独特の髪型と、『パパと呼ばないで』で子役の杉田かおるに呼びかける「チー坊」というせりふで一世を風靡した。
 だが、女優の吉村実子(以下の写真)とは長い別居生活を経て離婚。熱海市の自宅で倒れた際、周りには誰もおらず、仕事もほとんどなく、近くの麻雀屋の収入でほそぼそ暮らしていた模様で、晩年は決して幸せとは言えなかったようだ。

閲覧数 (28048)
  • 2007/06/05
  • 執筆者: Yamaoka (5:29 pm)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(64)再び仕手化か

 本紙でも以前取り上げたことのある総合放送機器メーカー、今年4月から異常な出来高となり、株価も急騰していたことから、日証金などは注意喚起、東証は日々公表銘柄にしていた。
 だが、どちらも解除され、出来高も、株価も仕手化以前に戻っていた。
 ところが、出来高こそ、それほど増えているわけではないが、5月半ばから再び株価がジワジワと上がっている。

閲覧数 (21796)
  • 2007/06/05
  • 執筆者: Yamaoka (3:30 pm)

<*新連載* 渡辺正次郎の芸能界を斬る!>第12回「“現代の歌姫”宇多田ヒカルの祖母(藤圭子母)は、目が見えていた!」(?)

 筆者・渡辺正次郎(作家・政治ジャーナリスト)。音楽専門誌の編集長の傍ら、藤圭子など多くの歌手を発掘。その後、政界に転身。二・二六事件の時に岡田啓介首相を救出、また、わが国の戦争終結に尽力した故・迫水久常参議院議員の秘書などを務める。現在は作家・政治ジャーナリストとして執筆の傍ら、政治家のブレーン、選挙参謀として活躍中。『この国の恥ずかしい人々』、『田中角栄の遺したもの』、『こんな政治家は辞職せよ!』(以上、日本文芸社)など著書多数。なお、この4月12日よりHP=「NEWS TODAY・政界、財界、官界一刀両断!!」を再開(有料。ここをクリックしても料金は取られません)。

第?回原稿
 やはり、以前にこの母親は目が見えると直感したが、的中した。ヒット予想だけでなく、こんな部分にまで霊的予感が的中するとは・・・。
 もちろん、純子も母親もまさかスカウトした私が事務所の窓から外を見ているとは想像もしていないのは当然だが、そのまさかの男に、しかも今日、自分の人生最大の試練の日に母の目が見えることを知られてしまうことになった。
「先生、阿部純子が来ました」
 林専務の声に振り向くと、純子が母の手を引いて立ったまま私を見ている。おお、ここではまた母の手を引くか・・・。が、少し顔色が違っている。私がいるとは想像していなかったようだ。しかも、その私が窓の外を見ている、車を停めた方向を見ていることで、何かを感じたのだろう。
「純子、君は車を買ったのか?」
 私はいきなりぶつけた。怒りがまず先に立ったのだ。純子の顔色が明らかに変わった。
 白い顔がますます蒼白になっていく。母親は下を向いて顔を上げようとしない。これも芝居だ。目が見えていることを悟られないようにする芝居だ。目の玉の動きを知られたくないのだ。
 私の言葉に伊藤社長と林専務が、鳩が豆鉄砲を食った顔をしている。全員沈黙があった。
「よくそんな金があるな。あの車でも2、30万はするだろ?」
 遠慮なく畳み込んだ。

閲覧数 (23604)
  • 2007/06/05
  • 執筆者: Yamaoka (12:10 am)

<主張>「産む機械」どころじゃない――安倍首相の「緑資源機構」捜査に関する世紀の大失言

カテゴリ: 安倍晋三
 この5月30日、本紙が指摘したように、安倍首相が松岡利勝農水相自殺後、番記者に答えた「捜査当局が農相や関係者を取り調べてきた事実もないし、取り調べをする予定もない」と述べたことを問題視する声がその後、次々と出て来ている。
 民主党の平岡秀夫代議士が、6月1日の衆議院本会議で「将来の捜査の可能性や発展性を否定する発言だ」と、訂正を要請(写真=「日経新聞」6月2日)。
 一方、今週発売の『サンデー毎日』(6月17日号。149頁。以下の写真)では、元最高検検事が、

閲覧数 (51083)
  • 2007/06/04
  • 執筆者: Yamaoka (11:02 pm)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(63)「循環取引」の黒幕と名指しされていたIT系企業が倒産

 この連載57回目で、「いわゆる『循環取引』の黒幕」というタイトルで報じているIT系企業がある。
 最近、ヘラクレス上場企業の連結対象になっていたのだが、そのN社が5月31日、大阪地裁へ自己破産を申請していたことが明らかになった。
 2006年11月期には年間約237億円の売上げを誇った。だが、取引上のトラブルから急激に資金繰りが悪化。また、ヘラクレス上場企業は取得時の株価に関する重大な疑義があったとして連結対象とすることを取り止めると共に、損害賠償請求訴訟を提起するとしている。

閲覧数 (21805)
  • 2007/06/04
  • 執筆者: Yamaoka (7:09 pm)

<*新連載* 渡辺正次郎の芸能界を斬る!>第11回「“現代の歌姫”宇多田ヒカルの祖母(藤圭子母)は、目が見えていた!」(?)

 筆者・渡辺正次郎(作家・政治ジャーナリスト)。音楽専門誌の編集長の傍ら、藤圭子など多くの歌手を発掘。その後、政界に転身。二・二六事件の時に岡田啓介首相を救出、また、わが国の戦争終結に尽力した故・迫水久常参議院議員の秘書などを務める。現在は作家・政治ジャーナリストとして執筆の傍ら、政治家のブレーン、選挙参謀として活躍中。『この国の恥ずかしい人々』、『田中角栄の遺したもの』、『こんな政治家は辞職せよ!』(以上、日本文芸社)など著書多数。なお、この4月12日よりHP=「NEWS TODAY・政界、財界、官界一刀両断!!」を再開(有料。ここをクリックしても料金は取られません)。

 
 <第?回原稿
 藤圭子の母は目が見えるーーその現場をつかんだ話は後述するとして、キングレコードとの約束の日、スタジオには赤間制作部長と女性ディレクター3人がいて丁重に迎えられた。
 面映ゆい感じがしたが、うるさい男が太鼓判を押した少女を連れてくるということで、敬意と期待が半々だったようだ。
 O企画の林専務と阿部純子を紹介すると、3人の女性ディレクターの目が変わっていた。当日、お下げ髪の阿部純子は白いパンタロンスーツと白いギターだったと記憶している。
 純子が白いギターを抱えて金魚鉢の中心のマイクの前に立った瞬間、亀戸のキャバレーの薄暗い席でスカウトした直感は間違っていなかったと確信した。
 純子が歌った曲名は覚えていないが5曲だった。自らギターを奏で出すと、いきなりパンチの効いたポップスを歌いだした。
 純子は私がギターを持ってくるように伝えた意味を直感で読んでいたのだろう。そういう直観的判断力もスターになる大きな要素でもある。彼女は浪曲師夫婦の間に生まれ、生まれながらに歌の才能を身に付けていたと認めてよい。5曲のうち、いわゆる演歌は1曲だった。
「お疲れ様」の声で、レコード会社の人たちが待つミキシングルームに不安げな顔で戻った彼女を大きな拍手が迎えた。特に女性ディレクターたちが好意的眼差しを示していた。
 赤間部長はエレベーターで送りながら私に、「来月の編成会議は決まっているんですが、急遽割り込ませます」と約束した。
 これは特例である。人材のいない新興レコード会社ならともかく、当時、キングレコードは春日八郎を初めとしてスター歌手、しかも会社に貢献度の高い大物歌手が大勢いたから、その人たちの新曲発売等の編成会議に、無名の新人を割り込ますのは容易なことではないのは私はよく知っていた。

閲覧数 (23942)
  • 2007/06/04
  • 執筆者: Yamaoka (12:03 am)

兜町でも知られた「ベストライフ」、ついに「寿光会」の経営権放棄へ

 有料老人ホーム経営大手の「ベストライフ」(本社・東京都新宿区。長井力代表)は、経営難救済のかたちで実質、医療法人「寿光会」(東京都青梅市)の経営権を手に入れていた。
 だが、本紙既報のように、裁判となり、06年8月には一審に続き控訴審でも敗訴していた。
 上告したものの、今年2月18日には上告棄却。それでも、法的に経営権を認められた人物に対し、破産申立をするなどしてなお抵抗を続けていたが、その戦略も手詰まりとなり、新経営陣側と話し合いを持ち、近く完全に同医療法人から手を引く方向で話し合いが持たれるようだ。
 それと並行し、ベストライフまたは代表の父で、同社オーナーの長井博實氏はこの間、その豊富な資金力を背景に、上場廃止になった「丸石自転車(関連の医療法人「松嶺会」=破たん)」、「アドテックス」、またジャスダック上場の投資ファンド支援「バーテックスリンク」(本社・東京都千代田区。「四季報」07年2集で長井氏が8・1%で筆頭株主)などに投資。さらに安売り靴の「トミヤマ」(大阪市浪速区)、魚介類卸の「大阪淡水貝」(大阪市福島区)にも出資するなど、兜町や金融ブローカーの世界でも知られた存在だった。
(写真=寿光会経営の青梅・坂本病院)

閲覧数 (117863)
« 1 2 (3) 4 »
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (130)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?