お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2007/07/07
  • 執筆者: Yamaoka (5:26 pm)

本紙既報通り、ついに商品先物大手「小林洋行」に重い行政処分が

カテゴリ: 詐欺(行為) : 先物取引
 商品先物大手、東証1部「小林洋行」(東京都中央区)に対し、経済産業省と農林水産省は昨7月6日、商品取引の受託業務の43営業日の停止(7月17日から9月13日まで)というかなり重い処分を下した(代表取締役が交替も)。
 だが、それは当然だろう。
 何しろ、同社は組織的に1999年以降、判明しただけでも実に600件を超す顧客とのトラブルを隠していたのだ。トラブルの件は毎月、国に報告することが義務づけられているにも拘わらずだ。
 しかも同社は顧客に確実に利益があがると誤解させたり、顧客に指示を受けずに無断で売買を行うという違法行為も行っていたという。
 本紙はすでに1年近く前から、同社が処分される可能性に言及していた。遅まきながら、その通りの結果となった。
(写真=小林洋行の後ろ盾とも言われていた与謝野薫代議士)

閲覧数 (102086)
  • 2007/07/07
  • 執筆者: Yamaoka (2:37 pm)

「吉本興業」お家騒動の顛末

カテゴリ: 芸能・アイドル
 所属芸人・中田カウスの黒い交際、経営陣と総業家の対立、連結会社「ファンダンゴ」の突然の上場廃止ーー今年上半期、週刊誌を中心にマスコミを騒がせたお笑い最大手、東証1部の「吉本興業」(本社・大阪市中央区)。
 本紙でも「ファンダンゴ」の件はいち早く報じた
 しかし、去る6月26日に開催された同社株主総会は「荒れる」との観測を裏切り、開催時間が延びただけでほぼ平穏に終わった。
 中田カウスの黒い交際に関しては結局、お咎めなし。
 一方、経営陣と総業家の対立のなか飛び出していた中邨秀雄元会長、それに「ファンダンゴ」に関する不正支出に関する疑惑は、7月末まで結果を待たねばならない。しかし、社内調査委員会がマスコミの注目もほとんど去った今、厳しい結果を出すとは到底思えない。
 いったいあの騒ぎは何だったのか、とも思ってしまうが、本紙はある有力筋からこんな最新情報を得た。
 結論をいえば、疑惑は決して「シロ」だったわけではなく、すべて「蓋をされた」ようなのだ。

閲覧数 (26666)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (129)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?