お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2007/08/31
  • 執筆者: Yamaoka (10:40 pm)

大江戸温泉と日本郵政公社との関係

カテゴリ: 政治 : 官僚
「大江戸温泉」(東京都江東区)といえば、日本初の温泉テーマパークとして江戸開府400年に当たる2003年3月に開業。江戸の町を再現したお台場の新名所(写真)として話題を呼び、年間85万人もが利用している。
 それに気を良くしたのか、全国各地で湯宿をプロデュースしようと次々と既存施設を買収。いまやその数は両手に余る。
 もっとも、そのかなりが公的施設を安値で買収している事実は余り知られていない。
 例えば、2007年3月末に廃止になった日本郵政公社の郵便貯金総合保養施設「メルモンテ日光霧降」(栃木県日光市)もその一つ。
 入札の結果、大江戸温泉の関連会社で不動産部門を手掛ける「キョウデンエリアネット」(東京都)が最高値で落札した(ただし入札参加企業は大江戸温泉以外1社のみ)。
 それにしてもメルモンテの土地は、約14万4000?と実に広大。
 また、有貯関係の「かんぽの宿層雲峡」(北海道。3万?)は大江戸温泉本体が2007年2月に買収した(こちらは随意契約)。

閲覧数 (25741)
  • 2007/08/30
  • 執筆者: Yamaoka (10:10 pm)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(86)旧日本ファーネス工業を巡ってまた疑惑

 本紙既報のように、“危ない上場企業”の一つである「NFKホールディングス」(旧日本ファーネス工業)だが、新たな疑惑が出ている。
 昨年7月、就任した武田芳夫社長時代のことだ。
 この少し前、同社は新たな事業を育成すべく大阪の不動産会社「ユニバーサルハウジング」を子会社化した(2億円出資し、50%の株式取得)。不動産事業そのものをやるのではなく、同社が新規事業として始めたモーター技術で優れた住宅用換気扇を開発、それをユニバーサルの販売網で販売するというものだった。

閲覧数 (22188)
  • 2007/08/29
  • 執筆者: Yamaoka (6:03 pm)

騙された? のは甘利明経済産業大臣(続報)

カテゴリ: 政治家 : 汚職(疑惑)
 “身体検査”をして陣容を揃えた安倍改造内閣だが、万一、この件で甘利明大臣の責任を問う声が出て来れば、安倍総理にとっては“爆弾”になりかねないということですでに一部で関心が持たれているこの疑惑、本紙は被害者と称する者から、詐欺師と名指しされる一方、N氏の名前が入った偽造有価証券のコピーを入手したので以下、掲載しておく。
 情報提供者は香港の銀行にこれを持ち込み、換金しようとしたところ、「ニセ札同様で、使う者も犯罪者とみなされる」として警察に通報されそうになったという。
 冒頭に掲げた写真は、この有価証券に書かれたN氏の会社(取引相手本社は英国ロンドンとなっている)が入居するわが国国内ビル(東京都港区)。
 記載通り、同住所のとある部屋に同名のプレートは掲げらていた。だが、現場で気づいた興味深い事実がある。

閲覧数 (26738)
  • 2007/08/29
  • 執筆者: Yamaoka (5:03 pm)

東京地検特捜部が進める防衛系商社「山田洋行」捜査の行方

カテゴリ: 防衛
 東京地検特捜部が、本紙でも何度も取り上げている防衛系商社「山田洋行」(東京都港区)に関連して捜査を行っているのはまず間違いないようだ。
 こうしたなか、今週発売の「週刊ポスト」がご覧のような特集記事(写真。4頁)を組んだ。
 タイトルを見てもおわかりのように、この8月末で防衛省を去る“防衛相の天皇”とまで呼ばれた守屋武昌防衛省次官の疑惑を報じたもの。
 酒や女性、ゴルフ場で接待をしていたとの疑惑が出ている相手方は山田洋行の元社長・宮崎元伸氏。
 接待に対する見返りは、宮崎氏、本紙でも既報のようにすでに山田洋行を去り、現在、新興企業「日本ミライズ」の代表を務めており、同社が米GEの代理店になる(この9月1日の予定だったが、この間のゴタゴタで延びている)件を匂わせている。
 これだけ見れば、地検が狙っているのは守屋次官ということになる。
 だが、本紙が得た情報によれば、事情はかなり異なるようだ。

閲覧数 (23081)
  • 2007/08/28
  • 執筆者: Yamaoka (10:31 pm)

Xデーは来るのか? 注目の不動産会社脱税疑惑の一端とされる「迎賓館」

カテゴリ: 脱税
 本紙で何度も報じて来たこの疑惑、注目の不動産会社会長が中川秀直自民党前幹事長と極めて親しい仲ということで、影響を懸念して参議院選挙後に持ち超されたとの見方があることも既報の通り。そうなると、そろそろということか……。
 その疑惑の内容は脱税で、すでに国税局の強制捜索は行われており、その中身が余りに悪質、かつ大物政治家への不透明なカネの流れも洗っているとの観測も流れ、Xデーありと社会部記者の間では注目されている。
 そんななか、具体的な疑惑の一端と思われる事実を掴んだので以下報告しておこう。
 それは会社用の「迎賓館」(写真=ビルの表札部分)とされながら、しかし実態は経営者一族の自宅としてのみ使用されているという疑惑。

閲覧数 (25421)
  • 2007/08/28
  • 執筆者: Yamaoka (6:10 pm)

<訂正>騙された? のは甘利明経済産業大臣

カテゴリ: 政治家 : 汚職(疑惑)
 本紙が昨日報じた、詐欺師がロシアの中堅銀行の日本支店開設に深く関係しているとの疑惑、騙されていると思われ代議士として北側一雄公明党幹事長の名前を挙げたが、それは誤り。
 実は昨日、安倍改造内閣で経済産業大臣の留任が決まった甘利明代議士(=写真。神奈川13区。当選8回。山崎派)であることが判明した。
 ここに訂正すると共に、北側代議士にはお詫び申し上げます。

閲覧数 (27247)
  • 2007/08/27
  • 執筆者: Yamaoka (10:48 pm)

北側一雄公明党幹事長(注・訂正記事あり)も騙された? ロシア政府関係者も巻き込んだ日本支店長就任予定者は詐欺師

カテゴリ: 政治家 : 汚職(疑惑)
 北側一雄代議士(写真)といえば、公明党幹事長であり、前国土交通大臣。その北側氏訂正記事ありに加え、経団連のロシア政府担当者も騙されているとする詐欺疑惑が浮上している。
 関係者によれば、この首謀者は金融ブローカーのN氏、それにブローカーのY氏とのことだ。
 このY氏の方、ロシアのプーチン大統領の補佐官だったS氏(奥さんは日本でロシア語の先生をやっている)にある縁から取り入り、ロシアのさまざまな利権話をわが国関係先に持ち歩いているという。北側代議士には以前から食い込んでいるとのこと。そしてY氏は資金がないことから今回、金融ブローカーのY氏を引き入れたのだという。

閲覧数 (27549)
  • 2007/08/27
  • 執筆者: Yamaoka (2:29 pm)

クボタの子会社整理手口に元従業員から怨嗟の声

カテゴリ: 経済事件
 農業機械、鋳鉄管では首位、売上高1兆円を超える大手メーカー「クボタ」(本社・大阪市。幡掛大輔社長=写真)の子会社整理手口につき、一部の元従業員などから怨嗟の声が挙がっている。
 というのも、このところ、経営側が問題を起こしたことを契機に2つの子会社が相次いで解散したが、この際、クボタは親会社の地位を利用して解散を迫り、解散した子会社の社員のかなりを親会社ないし別の子会社で再雇用するのが慣例のところ、クボタにおいては再雇用しない、しても正社員では雇わない(嘱託や契約社員)ことで給料を大幅に下げ、また転籍扱いにしないことで退職金を減額するなど、違法ではないものの、雇用される側にすれば労働条件改悪をやっているというもの。
 現在、一般的な派遣社員においては法規制があり、上記のようなことはできないが、子会社ではやり放題だという。
 そう指摘されている2つの子会社とは、

閲覧数 (29819)
  • 2007/08/26
  • 執筆者: Yamaoka (10:47 pm)

高級腕時計ももらっていたーー川上八巳被告と京大教授の只ならぬ関係

 この8月24日、25日と全国紙や地元紙(「京都新聞」)などで、パチンコ情報提供会社「梁山泊」グループによる株価操作事件で逮捕、公判中の川上八巳被告と京大教授とが癒着関係にあり、京大の倫理規定に違反している可能性もあるとして、京大が大学内に調査委員会を発足させたとの記事が出ている。
 だが、東京においては余り話題になっていないのは、(1)京大教授も、川上被告の名前もどの報道でも匿名にされている、(2)多くの報道は大阪版などに限られいる、ためだろう。
 それにしても、なぜ、大手マスコミはこんなに及び腰なのだろうか。
 川上被告はすでに逮捕され、公判中の身。
 一方の大学教授は、日本建築学会賞や文部大臣賞を受賞したこともあるわが国建築学会を代表する著明な人物で、しかも国立大学の教授を務めているのだ。
 そこに持って来て、(1)川上被告はこの教授の推薦で研究生になっていた、(2)川上被告は京大図書館建設のために約20億円の寄附を申し出ていた(後、中止に)、(3)川上被告から研究生推薦の面接後、160万円もする高級腕時計をもらっていた、(4)教授の経営する設計事務所職員が、川上被告のファンド会社の社長を務めていた(逮捕直後の今年5月まで)、となればこの教授が不適切な関係にあったと批判を受けるのは当然で、学内の調査委員会ができたとなれば実名報道すべきだと思うのだが、この慎重さはいったい何なのだろうか。
 そういう本紙はすでに今年4月20日、 「あの川上八巳被告と京大を繋いだ大学教授。(川上被告、シルバー精工にも接触)」で実名報道している。
 その教授とは、工学研究科建築学専攻の高松伸氏(写真)。

閲覧数 (30809)
  • 2007/08/25
  • 執筆者: Yamaoka (6:15 pm)

鈴木宗男代議士に、新たな疑惑浮上か

カテゴリ: 政治家 : 汚職(疑惑)
 現在は「新党大地」代表として、地方や弱者を軽視する自民党を強く批判し、北海道の自立、アイヌ民族の権利確立まで訴える鈴木宗男代議士(写真)。全国的にもなかなかの人気を誇る。
 しかし、かつては自民党権力中枢部にいて、公共事業発注を利権化し、度々関係者を恫喝。その揚げ句、現在も刑事被告人の身(04年11月、あっせん収賄罪などで懲役2年、追徴金1100万円の一審判決。現在、控訴中)なのはご存じの通り。
 そのツケは重かったということか、最近、過去の新たな疑惑が噴出しそうな動きがある。
 舞台は、現在は民営化により上場企業になっているエネルギー関連のA元特殊会社。

閲覧数 (26882)
  • 2007/08/24
  • 執筆者: Yamaoka (3:06 pm)

<書籍紹介>『大阪同和帝国の正体』(一ノ宮美成+グループ・K21。宝島社)

カテゴリ: 右翼・暴力団
 本紙でも報じた飛鳥会事件奈良市の幽霊公務員、芦原病院の経営破たんなど、このところ関西では同和問題を食い物にした事件や不祥事が相次いでいる。筆者はその実態を現場取材し、こうした乱脈同和行政がなぜ、放置されてか、徹底して暴いている。
 筆者は、前書きで次のような声を紹介している。
「部落解放同盟が部落解放を追及する『人権団体』などとは、口が裂けてもいえない」、「解放同盟は、山口組のダミー団体と言われても仕方ありませんわ」。
 この見解の是非はともかく、筆者が体を張って取材、しかも権力側からの視点で批判しているわけでないことは間違いない。
 ともかく、事実の前にただただ驚き、唖然とさせられる。

閲覧数 (33688)
  • 2007/08/24
  • 執筆者: Yamaoka (12:46 am)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(85)東理ホールディングスと西田晴夫氏

 最近、兜町界隈では、仕手筋として有名なあの西田晴夫氏に、本紙で追及している東証2部、「東理ホールディングス」(本社・東京都中央区)側が株価釣り上げを依頼したところ、そのための資金3億円を持ち逃げされたとの怪情報が流れ、話題になっている。
 だが、この情報、まったくのデタラメではないようだ。
 というのは、その件に触れていると思われる関係者T氏作成の「委任状」なるものが一部で流出しているから。当局も入手済と聞く。
(以下に「委任状」掲載)

閲覧数 (22812)
  • 2007/08/23
  • 執筆者: Yamaoka (1:13 pm)

<*連載* 渡辺正次郎の芸能界を斬る!>第23回「 美空ひばりが只一人絶賛した女性歌手・ちあきなおみ、流転の人生(?)」

 筆者・渡辺正次郎(作家・政治ジャーナリスト)。音楽専門誌の編集長の傍ら、藤圭子など多くの歌手を発掘。その後、政界に転身。二・二六事件の時に岡田啓介首相を救出、また、わが国の戦争終結に尽力した故・迫水久常参議院議員の秘書などを務める。現在は作家・政治ジャーナリストとして執筆の傍ら、政治家のブレーン、選挙参謀として活躍中。『この国の恥ずかしい人々』、『田中角栄の遺したもの』、『こんな政治家は辞職せよ!』(以上、日本文芸社)など著書多数。なお、この4月12日よりHP=「NEWS TODAY・政界、財界、官界一刀両断!!」を再開(有料。ここをクリックしても料金は取られません)。



 不世出の歌手、美空ひばりが全盛時代、ただ一人「あの娘はうまい」と絶賛した歌手がいた。いたという表現にしたのは、トップ歌手の地位に在りながらある日突然引退し、音楽業界との接触を一切絶ち、メディアの取材も受けず、根強いファンのカムバックコールにも耳を塞ぎ、二度とカムバックしようとしないからだ。
 もうここまで書けば賢明な読者は見当がつこう。当時、”現代の歌姫”と呼ばれ、『喝采』(横写真)でレコード大賞も獲得、男と女の情念を歌うと、聴く者が鳥肌が立つとさえ言わせた”ちあきなおみ“(上写真)である。
 本名は瀬川美恵子。私の経歴にもあるように瀬川(ちあきなおみ時代は政治の世界にいた関係で付き合いはなかったのであえて瀬川美恵子とよばせていただく)も、レコードヒットチャート誌編集長当時、藤圭子(宇多田ヒカルの母)の次に発掘した歌手だった。しかも、藤圭子を預けたO企画に預けたのだ。
 因みに藤圭子一家は4人家族ということで給料は月40万円だったことは以前に書いた。瀬川美恵子は母と2付き人というので月28万円だったと記憶している。

私が彼女をデビューさせることになった、笑うに笑えぬ出来事

 彼女と私の出会いは街でスカウトしたとか、藤圭子のように亀戸のキャバレーでスカウトしたのとまったく違う。私はヒットチャート誌編集長を辞め、永田町に行く前1年ちょっと音楽評論家として個人事務所を構えたことがある。

閲覧数 (24450)
  • 2007/08/23
  • 執筆者: Yamaoka (2:05 am)

小池百合子氏の留任なしで、名前が上がる2人の防衛相候補

カテゴリ: 防衛
 永田町筋の有力情報によれば、近く行われる安倍内閣改造で、小池百合子氏の防衛相留任はなくなったそうだ。
 もちろん、本紙でも既報の守屋武昌次官追放で味噌をつけたからだ。
 そこで次なる防衛相候補者として、まず名前が上がったのが浜田靖一代議士(写真。51。自民党無派閥。千葉12区。当選5回)。ご存じ、浜田幸一元代議士の息子。
 小渕内閣で防衛政務次官、小泉内閣では防衛庁副長官を務め、イラク派兵の時はよくテレビにも出ていた。また、衆議院の委員会は長年安全保障委員会に属し筆頭理事も務めた。一方、アメリカへの留学経験があり、英語の読み書きが出来る点も評価されたようだ。

閲覧数 (23946)
  • 2007/08/22
  • 執筆者: Yamaoka (2:47 pm)

農協系葬儀場で集団食中毒を隠蔽!?

カテゴリ: 医療・健康
 冒頭に掲げたのは、集団食中毒を出したとされる葬儀場会社が、関係業者宛に出した「緊急」の文書。
 見えにくいので、以下転載する。
「先日ノロウイルスの件をお願いしたところですが、業者会の中から心配していた食中毒が発生致しました。
 ○日に葬儀した喪家で、家族はもちろん県外から帰省していた人たちも含め、判明しているだけで20人余りの人達が3日から4日間嘔吐、下痢で苦しんだそうです。本来なら保健所に連絡があり、ルミエールはもちろ業者については営業停止になるところです。
 今回は御家族のご配慮で表沙汰にはしないと言ってくれています。
 全業者○○○○早急に消毒して下さい」
(○は文字が判読不能箇所)
 本紙の取材に対し、この葬儀場会社はこの文書を出したことを認めた。

閲覧数 (25040)
  • 2007/08/22
  • 執筆者: Yamaoka (12:42 am)

当局が狙うグッドウィル・折口雅博会長Xデーの容疑は、やはり詐欺罪(女性調達の件でも新情報)

 本紙で何度も報じて来た人材派遣大手「グッドウィル・グループ」(本社・東京都港区)と折口雅博会長関連の疑惑ーー当局が国民の不満のガス抜きのためにも逮捕を狙っていることは間違いない。その容疑となると、通常は子会社コムスンの介護保険料の不正受給という詐欺容疑でいきたいところだが、折口会長まで行くには無理があるとして、警視庁詰め記者にまで別のもっと筋のいい容疑はないか、情報を求めているようだと報じたことがある
 それ以外としては女性関連、さらに人材派遣最大手クリスタル買収時の暴力団筋への利益供与など考えられるが、やはり詐欺容疑の方で着々と捜査を進めているのは間違いないようだ。
 現在、コムスンの社員などが任意の事情聴取を受けている模様で、そこから樋口公一コムスン社長、さらに折口会長へと遡って行くと見られる。
 こうしたなか、関係者の間で話題になっている人事発表があった。
(冒頭写真については、以下に解説)

閲覧数 (100809)
  • 2007/08/21
  • 執筆者: Yamaoka (10:53 pm)

小池百合子防衛相の現在のお相手

カテゴリ: 防衛
 今週発売の『週刊新潮』が、小池百合子防衛相の品格について問う4頁の特集を組んでいる。
 防衛相というわが国の命運を左右するような重要なポストに就いた上、本紙既報のように、防衛省の事務方トップの守屋武昌次官(下写真)首切りでは嘘の発言までしていたのだから当然といえば当然だろう。
 だが、それにしても新潮のタイトルは凄まじい。「回転寿司マダム 小池百合子の武器は女とウソ」(冒頭写真)。
 もっとも、同誌が暴露しているように、小池氏は「守屋次官に無断で首切りをしたのではなく、電話を2回かけたが彼が出なかった」旨主張しているが、これも真っ赤な嘘だったのだから無理もない。
 防衛次官ともなれば、国家の非常時に備え24時間非常用電話には出る。ところが、小池氏が掛けたのは私的な携帯電話で、しかも時間は深夜0時過ぎ。おまけにワン切りでかけた疑いもあり、これで通話記録を残し、重要な電話に出ない証拠=次官失格のイメージを作り退任へーーこの陰湿さには、寒気さえする。
 こうしたなか、マスコミ各紙は小池防衛相のスキャンダル捜しを行っている。

閲覧数 (24172)
  • 2007/08/20
  • 執筆者: Yamaoka (7:50 pm)

自社株をインデックス・ホールディングスに大量売却された!? 学習研究社の見解

 本紙は今年8月10日11日と、ジャスダック上場「インデックス・ホールディングス」が、東証1部、出版大手「学習研究社」(東京都大田区)の5%近い所有株を担保に入れたところ、売却された可能性が高いと報じた。
 この件につき、当時者の一方である学研に対して見解を求めたところ、以下のような回答が電話であったので報告しておく。
 なお、本紙が質問した(文書で)のは以下の4点。
(1)売却の事実を確認しているのか。また、そういう情報が出て、インデックス・ホールディングスには問い合わせをしているのか。している場合、その答えは?
(2)7月下旬、御社株の出来高が急激に増え、その際、すぐ売却したと思われます。その出来高高騰につき、ご見解があればお願い致します。
(3)インデックス・ホールディングスは御社のコンテンツを配信しており、そうしたなかで株を保有したと思います。それにも拘わらず、例え「被害者」だとインデックス側が主張しても、勝手に御社株を担保に入れること自体、信頼関係を裏切るものと考えますが、この間、何らかの抗議などをインデックス側にされたか、またはされる予定はございますか?
(写真=来年度、完成予定の学研新社屋)

閲覧数 (31160)
  • 2007/08/20
  • 執筆者: Yamaoka (2:36 pm)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(84)あの中江滋樹氏が仕手筋として復活!?

 最近、兜町では、バブル時代、「兜町の風雲児」と呼ばれ、投資顧問会社「投資ジャーナル」会長として一世を風靡した中江滋樹氏(53)が、近く現場復帰するのではとの情報が流れ、ちょっとした話題になっている。
 89年、詐欺罪で懲役6年に問われ、服役後、兜町に舞い戻ったものの98年から失踪といわれていた。
 今回の復帰説の信ぴょう度を増すのが、「すでに日本橋に事務所を借りたそうだ」、「投資ジャーナル時代の側近だった○と△と一緒にやるそうだ」等、ある程度、具体性を伴っていること。
 だが、中江氏といえば、昨年9月、滋賀県近江八幡市の自宅に火を付けようとして逮捕された。その際、自分の自宅に放火してメリットがあるわけもないと(火災保険金狙いなら別だが、中江氏ほど顔が売れてれば徹底して調べられる)、精神に異常を来しての犯行と見られており、だとすれば、とても現場復帰など無理のはずなのだが……。

閲覧数 (23981)
  • 2007/08/19
  • 執筆者: Yamaoka (9:31 pm)

<お知らせ>基調講演『「鎮守の森」が地球を救う』(宮脇昭・横浜国立大学名誉教授)

 8月7日、すでに<お知らせ>しているのだが、主宰者側から、本紙読者のみ先着100名に限り、通常参加費1000円のところ半額でいいとのことなので再度、広報しておく。
  なお、この申込みは、以下に掲載の主催者の個人メールアドレスに、「アクセスジャーナルの読者。半額のお知らせみた」旨記して連絡していただきたい。
(写真=鎮守の森)

閲覧数 (91225)
(1) 2 3 »
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (130)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?