お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2007/08/19
  • 執筆者: Yamaoka (6:59 pm)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(83)業務停止に続き、フルキャストを襲う新たな疑惑

 8月3日、厚生労働省東京労働局が東証1部、人材派遣大手「フルキャスト」(本社・東京都渋谷区)に対し、労働者派遣法で禁じられている港湾荷役業務に労働者を派遣しているとして、実際にその派遣をした神戸市内の3支社に2カ月、そして全店舗に1カ月の業務停止命令を行ったのは大手マスコミ既報の通り。
 これだけでも同社にとっては大打撃だが、さらなる疑惑で当局が調査している。しかも、これには別の上場企業が深く関係しているというのだ。

閲覧数 (20596)
  • 2007/08/18
  • 執筆者: Yamaoka (11:40 pm)

「防衛省次官人事騒動の裏に、沖縄・普天間飛行場移転利権争い」

カテゴリ: 防衛
 冒頭記事(大きな記事=8月18日「毎日新聞」)のように、小池百合子防衛相(右写真)が出したポスト次官人事がひっくり返るという異例の事態が起きたのはご存じの通り。
 小池氏が9月1日付で守屋武昌次官を退任させ、後継に警察庁出身者を就けると「毎日新聞」(冒頭写真左の小さい記事。8月7日)にリークしたことに、守屋次官が反発したのが事の始まり。だが、大手マスコミの報道を見ても、なぜ小池氏がこの手の異動では鉄則の事前に(現役の守屋)次官の同意を得、その上で人事検討会議、閣議に諮ることをせず、一部マスコミにリークするという越権行為、真面目に考えれば罷免されてもおかしくない手まで使って守屋次官を追い出そうとしたのか、その肝心部分がまったくというほど説明されていない。
 実はその背景には、沖縄の米軍・普天間飛行場の移転先として、政府と米国が06年4月に合意した「V字案」(守屋次官支持)と、沖縄県や移転先となっている名護市が求める「修正案」(V字案より南西沖合。小池防衛相支持)を巡る暗闘があったのだ。

閲覧数 (22626)
  • 2007/08/17
  • 執筆者: Yamaoka (10:27 pm)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(82)横綱・朝青龍問題で注目される上場不動産会社

 本紙でも既報のように、モンゴルでのサッカー・プレーで2場所出場停止という前代未聞の重い処分を日本相撲協会から受けて引退も囁かれる横綱・朝青龍。
 だが、大手マスコミの関心事はもはや朝青龍の進退問題だけではない。
 彼がああまでして帰国したのは、地元での相撲以外のビジネス絡みではなかったのかと、同じモンゴル出身の元関取・旭鷲山同様、“黒いビジネス”の有無にも移り、一部マスコミは取材に動いている。

閲覧数 (20817)
  • 2007/08/17
  • 執筆者: Yamaoka (4:24 pm)

「バンキシャ!」管理官出演を巡ってーー日テレサイドから「事実無根」と訂正要求

 本紙では今年8月2日、「 日テレ『バンキシャ!』に警視庁管理官出演の裏事情」なるタイトル記事を報じたが、日テレ側の関係者から「まったくの事実無根」、「当事者はひじょうに傷ついている」として訂正を求められたので、以下、その主張を報告しておく。

閲覧数 (90104)
  • 2007/08/16
  • 執筆者: Yamaoka (5:35 pm)

<お知らせ>明日、本紙・山岡のインターネットTV番組第2回目生放送(45分。「あっ!とおどろく放送局」)

 先月から毎月1回45分の番組を持たせてもらっている、インターネットTV「あっ!とおどろく放送局」
 題して「アクセスジャーナルTV ?記者山岡の取材メモ?」。
 本紙で取材したことに基づき、大手マスコミでは報じられないあの事件の真相、意外な事実などを、タブーなしを基本とし、いいまくろうという情報番組。
 その第2回目の生放送が明日(8月17日)午後1時から流れる。
 本紙・山岡は話ヘタなので、毎回、出来れば誰かゲストを招き、討論形式で行えればと漠然とながら考えている。そして第1回に続き、今回もゲストはジャーナリスト仲間の寺澤有氏(横写真)。

閲覧数 (21498)
  • 2007/08/16
  • 執筆者: Yamaoka (4:39 pm)

「安倍首相は15日、参拝せよ!」と、小指を届けていた政治結社

カテゴリ: 安倍晋三
 当局が広報しなかったため、大手マスコミでは一切報じられていないと思うが、8月6日、内閣府を3名の政治結社構成員が訪ね、小指1本(この3名の内の1名の)と、安倍晋三首相は8月15日に靖国神社に参拝するように旨記した文書を渡していたことが、関係者からの話で明らかになった。
 周知のように、15日に安倍首相は靖国神社に参拝しなかった。閣僚で参拝したのは高市早苗沖縄担当相のみ。
(写真=在任中、参拝した小泉前首相)

閲覧数 (54017)
  • 2007/08/16
  • 執筆者: Yamaoka (1:56 pm)

売却子会社についての、J?POWERの「回答書」

カテゴリ: 経済事件
 本紙は7月18日、連載中の「宝田陽平の兜町アンダーワールド」72回目で「JーPOWERで訴訟巡り内紛か」なるタイトル記事を報じた
 その後、冒頭に掲げたように、文書にて「J?POWER(登記社名は「電源開発」)」(本社・東京都中央区)に取材申し込みをしたところ、以下のような文書回答を得たので、とりあえず報告しておく。
 一言でいえば、現在は子会社でないので、何の関係もないから取材に答える立場にないとして、取材拒否したということだ。

閲覧数 (27785)
  • 2007/08/15
  • 執筆者: Yamaoka (5:24 pm)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(81)オックスHD株価急騰の仕掛け人が反論

 この連載(78)で、オックスHD株価急騰の仕掛け人では、と2名の人物を指摘したところ、その一方の当人から連絡があり、「事実無根」とのことなので、以下、報告しておく。

閲覧数 (20072)
  • 2007/08/15
  • 執筆者: Yamaoka (2:16 pm)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(80)市場全体が先行き不透明な時の推奨銘柄

サブプライム問題が世界に飛び火し、わが国市場も不安定な感じになっている。こういう時は、業績好調の会社でも、それが株価に反映されず、逆に他の銘柄と一緒に先行き不透明感から手仕舞い売りが増え、株価が下がることもままある。
 こうしたなか、いま兜町でこういう時はこれ、という銘柄が挙がっている。

閲覧数 (19940)
  • 2007/08/15
  • 執筆者: Yamaoka (3:23 am)

<お知らせ>DVD「特別対談・池田大作なき後の共謀罪」(ベンジャミン・フルフォードVS山口大輔。制作・インシデンツ)

カテゴリ: 政治 : 学会(公明党)
 先の参議院選挙で自民党と共に大敗した公明党ーー自民党と一体化し、国家主義、弱者切り捨ての政策をとり続けることに対し、創価学会員を始めとする支持者もさすがに反旗を翻した点も大きいだろう。
 その自民党との一体化ぶりを象徴する賛成していた法案の一つに“現代版・治安維持法”といわれる「共謀罪」がある。学会の初代会長・牧口常三郎氏は戦前、治安維持法により逮捕され、獄死しているのだから本来、反対しなければならなかったはず。
 このDVDには、今年5月13日に行われたその共謀罪反対集会で組まれた対談が収録されている。
 フルフォード氏(今年5月に日本に帰化)は近著『イケダ先生の世界』(宝島社。横写真)もあるジャーナリスト。注目すべきなのは、一方の山口氏。現役の学会員であるにも拘わらずこの反対集会に参加し、「賛成することは先代の教えを冒涜するもの」、「成立したら共産党より先に学会が潰されるのでは」などと発言している。04年2月、「行動する平和憲法のネットワーク」を設立、公明党と一線を画し、学会員に啓蒙活動を行っている。
 今年中には衆議院選挙が行われ、政局が大転換を迎える可能性もあるなか、学会・公明党の動向は極めて重要だ。その動向を占う上でも、この対談は様々な示唆を与えてくれること請け合いだ。
 購入方法などは「インシデンツ」HPにアクセスいただきたい。
 無料の予告編を見ることもできる。
(冒頭写真=対談の様子。DVDより。右が山口氏)

閲覧数 (21466)
  • 2007/08/14
  • 執筆者: Yamaoka (3:03 am)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(79)米国サプライムローン問題が飛び火した銘柄

「米国の信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)関連で損失が出て、大幅下方修正するのでは?」との見方が口コミなどで拡がり、先週末から年初来安値を更新している銘柄がある。
 会社側は早くからその懸念はないと表明しているが、真偽より、噂の方が先行してしまっており、これではさらに大幅な株価下落もありそうな様相だ。

閲覧数 (20691)
  • 2007/08/14
  • 執筆者: Yamaoka (1:59 am)

本紙・山岡宛にカッターナイフの刃入り襲撃予告手紙届く

 昨日、アクセスジャーナルの郵便受けを覗くと、冒頭に掲げたような封書が届いていた。
 開けてみると、2枚のA4判のワープロ打ち文書2枚と共に、カッターナイフの刃が同封されていた。
 そして、文中にはアクセスジャーナルの前身である「ストレイドッグ」(現在も無料配信中)の山岡を襲撃するとの記述があるではないか。
 文章は自分で記したというより、何かインターネットでスクロールしたものを組み合わせているようだが、いったい、何の目的でこのような手紙を出して来たのかさっぱりわからない。
 敢えて推測すると、どうやら自衛隊を災害救助専門の隊になればいいとの主張に怒っているようで、右翼関係者とも思えるが、そもそも本紙・山岡はそのような記事を書いたこともなければ、どこかで主張した記憶もない。
 過去に盗聴放火の被害に会ったことがあるので、念には念を入れ、いちおう警察には届けておくことにした。

閲覧数 (20604)
  • 2007/08/13
  • 執筆者: Yamaoka (3:30 pm)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(78)オックスHD株価急騰の仕掛け人

 本紙では今年7月20日、「オックスホールディングスのサラ金買収に疑問の声」なる記事を配信した
 ヘラクレス上場ながら、「継続疑義」の注記のある“危ない企業”=「オックスホールディングス」が、第3者割当増資と同時に、今や斜陽産業の代表格といっていいサラ金「キャスコ」を買収すると発表したので、それに疑問を呈したものだ。
 ところが、現実にはそれからほどなく同社株価は急騰し、4000円台だったのが1万4000円台と3倍以上になっている。
 冷静に考えれば、買い材料など見当たらないのだから普通はこんな動きはあり得ない。
(写真=オックスHDのチャート図)

閲覧数 (20643)
  • 2007/08/12
  • 執筆者: Yamaoka (2:42 am)

1000万円以上、タクシーチケットを不正使用しても減給1割(2カ月)のみ。厚労省の呆れ果てた大甘処分

カテゴリ: 政治 : 官僚
  本紙でも今年8月1日に報じた厚生労働省中堅幹部など8名が、冒頭記事(右は8月11日「日経」、左は「毎日」朝刊)のように、8月10日、処分を受けた。
 だがこの処分、余りにも甘過ぎるというしかない。
 同記事は氏名までは発表していないが、「雇用均等・児童家庭局の課長補佐」という肩書きからして、本紙既報のように総務課の原秀嘉氏(49。顔写真は前回記事の有料のみ閲覧スペースに掲載)であることは間違いない。
 そしてこの原課長補佐は文京区湯島のNというスナックからタクシーを呼び、少なくとも約4年間に渡り、総額1000万円以上の無駄なタクシー代を使っていた疑惑が出ているのだ。
 ところが、今回の処分対象になっているのはわずかに2日分に過ぎず、したがって減給10分の1を2カ月だけというのだからお話にならない。

閲覧数 (24649)
  • 2007/08/11
  • 執筆者: Yamaoka (2:44 am)

インデックス・ホールディングスが株券を持ち込んだ先

 本紙は昨日、ジャスダック上場の携帯電話向け情報発信会社「インデックス・ホールディングス」(東京都世田谷区)が、資金繰りのために所有していた学研を始めとする複数の株を証券担保金融業者に入れたところ、勝手に売り払われた可能性があることを報じた
  これだけ見れば、インデックスがまったくの被害者のようにも思えるが、兜町事情通の見方は異なる。
「株式は常に暴落の危険性があるので、そのような場合でも融資側が損をしないよう即、掛け値(約60%)以上で売れるように、融資する際に予め名義替えしておくのです。ということは、逆に言えばいつでも勝手に売られる可能性があるということです。
 しかも例え警察に訴えたところで、60%分の支払いはしているのですから、勝手にたたき売っても罪に問われることはないといっていいんです」
(写真=担保に入れたとされる金融業者がかつて入居していたビル)

閲覧数 (29051)
  • 2007/08/10
  • 執筆者: Yamaoka (11:44 pm)

「過剰かつ不当」と、取り調べられているパチンコ業者が警視総監、都知事宛に捜査是正等「要求書」提出

 本紙は今年7月30日、「警視庁本庁が異常な執念を燃やす、某パチンコ店捜査に疑問の声も」なるタイトル記事を報じた
  いま現在も連日のように事情聴取等が行われており、これまでに対象者は従業員12名、元従業員までいれれば20名を超す模様で、不正ロム設置や遠隔操作等の不正行為と比較すると異常な執念と思わざると得ない。
 こうしたなか、捜査を受けているパチンコ会社社長は、昨日、代理人弁護士名で警視庁警視総監と、管轄する東京都の石原慎太郎都知事宛に過剰かつ不当捜査の是正を求め、「要求書」を出したという。
 前代未聞のことといっていいだろう。
 以下にその「要求書」を添付するが、関係者によれば、事情聴取した元従業員に対し、処分権限がないにも拘わらず、捜査責任者は「営業停止か免許取り消しにしたい」と言ったり、捜査初期段階から捜査情報が他のパチンコ関係者に漏洩されているなど、本来、あってはならないと思われる疑惑が多々挙がっているからだという。

閲覧数 (35483)
  • 2007/08/10
  • 執筆者: Yamaoka (12:40 am)

学研株の出来高急騰の背後に、インデックス・ホールディングスの関与?(タカラトミー、テレビ東京も?)

 東証1部、出版大手「学習研究社」(東京都大田区)の株式売買出来高が普段の10倍以上にも突如、急騰、そして株価が350円から300円近くまで下げたのは7月下旬のことだった。
 実はこの背後には、本紙でも一度取り上げたことがある、ジャスダック上場の携帯電話向け情報発信会社「インデックス・ホールディングス」(東京都世田谷区)の関与があったとの情報がある。
 インデックス社は学研の株式を4・7%(「四季報」07年3集)所有する第4位大株主。
 ところが、さる事情通氏によれば、

閲覧数 (29681)
  • 2007/08/09
  • 執筆者: Yamaoka (11:40 pm)

<記事紹介>「アクセスジャーナルの可能性」(本紙・山岡。『マスコミ市民』。07年8月号)

 本紙・山岡も2年ほど前から定期購読している『マスコミ市民』が、「言論弾圧」に関して特集を組んだ(写真)。
 同誌は、マス・メディアのもつメカニズムやジャーナリズムのあり方について主に市民の側から問題提起している月刊誌。
 その特集で、本紙・山岡に原稿執筆依頼があり、本紙の可能性について書かせていただいた(4頁)。
「言論弾圧」と本紙の可能性と、何が関係するのかと疑問に思われるかも知れない。だが、山岡としては既存の大手マスコミが記事にできない、しないケースが多々あり、これも一種の「言論弾圧」であり、そのなか、本音で書ける自前媒体を目指すという視点からの原稿依頼と理解した。
 以下にその原稿箇所を添付しておく。
 是非、ご覧いただきたい。

閲覧数 (20084)
  • 2007/08/09
  • 執筆者: Yamaoka (5:14 pm)

ネクストジャパンHD株購入のための担保ゴルフ場

カテゴリ: 経済事件
本紙でも既報、会員制複合レジャー施設運営のマザーズ上場「ネクストジャパンHD」(本社・大阪府吹田市)創業者の突然とも思える約32%もの株式売却ーー買ったのは、当局も注目しているとされる不動産会社「ABCホーム」(東京都千代田区)と極めて親しい関係にあるリゾート施設運営などの「トップワン」(東京都中央区)だったわけだが、その買収資金の調達のために利用したと思われるゴルフ場土地が判明したので、以下、報告する。
(写真=担保設定されたゴルフ場)

閲覧数 (27922)
  • 2007/08/08
  • 執筆者: Yamaoka (4:04 pm)

経営権を譲渡した「ネクストジャパンホールディングス」創業者の弁明

カテゴリ: 経済事件
本紙既報の、会員制複合レジャー施設運営のマザーズ上場「ネクストジャパンホールディングス」(本社・大阪府吹田市)の経営権譲渡、なぜ、この時期によりによって実質、当局が注目していると言われる「ABCホーム」側へだったのか!?
 譲渡した創業者兼会長・長江芳実氏(写真)の関係者が、重い口を開いてくれたーー。

閲覧数 (28071)
« 1 (2) 3 »
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (128)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?