お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2007/08/08
  • 執筆者: Yamaoka (2:16 pm)

<*新連載* 渡辺正次郎の芸能界を斬る!>第22回「横綱・朝青龍を引退危機に追い込んだ? 中田英寿」

 筆者・渡辺正次郎(作家・政治ジャーナリスト)。音楽専門誌の編集長の傍ら、藤圭子など多くの歌手を発掘。その後、政界に転身。二・二六事件の時に岡田啓介首相を救出、また、わが国の戦争終結に尽力した故・迫水久常参議院議員の秘書などを務める。現在は作家・政治ジャーナリストとして執筆の傍ら、政治家のブレーン、選挙参謀として活躍中。『この国の恥ずかしい人々』、『田中角栄の遺したもの』、『こんな政治家は辞職せよ!』(以上、日本文芸社)など著書多数。なお、この4月12日よりHP=「NEWS TODAY・政界、財界、官界一刀両断!!」を再開(有料。ここをクリックしても料金は取られません)。

 横綱・朝青龍(26)は7月25日、左ひじの負傷や腰の疲労骨折等で全治6週間の診断書を相撲協会に提出。「モンゴルに帰って治したい」と、8月3日からの地方巡業をパスしていたところが、7月26日、モンゴルのサッカーグランドを駆け回り大はしゃぎしていたことが発覚し、相撲界追放の可能性も出て茶の間を大騒ぎさせている。
 特にメディアは朝青龍のこの行為について、「横綱にあるまじき振る舞い」との厳しい表現が多い。これは、彼が過去に国技である相撲界のしきたりを踏みにじる行状が多かったこともあり、自業自得ではある。
 だが、彼にモンゴルで「サッカーが面白い」と空気を入れ、軽率な行動を取らせた男も強く非難されるべきだろう。
 誰あろう、私が何度も苦言を呈している元サッカー日本代表で、いまや芸能人ぶってモデルをしたりしている中田英寿(30)だ。

閲覧数 (22452)
  • 2007/08/07
  • 執筆者: Yamaoka (8:12 pm)

<お知らせ>基調講演『「鎮守の森」が地球を救う』(宮脇昭・横浜国立大学名誉教授)

カテゴリ: お知らせ
 本紙と連携している「ワールドフォーラム」の関係団体で、森林再生を通じて地球温暖化阻止活動を行うことを目的とした「地球緑化推進機構」(東京都新宿区。佐宗邦夫代表)は今年6月8日、NPO法人の認証を得た。
 その「地球緑化推進機構」が会場を明治神宮会館に設定し、来る9月17日(敬老の日)、始めて大がかりなフォーラムを開催するという。名付けて「地球と『いのち』を救うフォーラム」ーー。
 その基調講演を行う宮脇氏(写真)は、財団法人「地球環境戦略研究機関」国際生態学センター長も務め、著書には日本全土の植生をまとめた『日本植生誌(10巻)』他、『植物と人間』『人類最後の日』『緑の証言』『木を植えよ!』『いのちを守るドングリの森』『鎮守の森』など多数。

閲覧数 (21382)
  • 2007/08/07
  • 執筆者: Yamaoka (7:18 pm)

当局も注目する、「東理ホールディングス」関連会社による「旧・千歳ドーム」買収

 7月24日、大手マスコミは、パチンコ店経営の「千歳ドーム」(東京都千代田区。現・アルファ・ドーム。写真は本社入居ビル)が東京国税局に約33億円の所得隠しによる追徴課税処分を受けていたことで、これを違法とするドーム側の主張を認め、国は控訴を断念したことを報じた。
 この千歳ドーム、現在、株式の100%を本紙で何度も追及している東証2部上場「東理ホールディングス」(東京都中央区。福村康廣社長)の関連会社「ヒガシ・コーポレーション」(東京都新宿区)が所有している。
 追及課税による対外信用低下と経営悪化の末、ヒガシ・コーポレーションに買収された時期は2007年5月になる。
 当局が注目するのは、その直前に実施された東理ホールディングスの第3者割当増資。 同年2月に発表され発行総額は16億8000万円。その大半が千歳ドームの買収に使われたと見ている。

閲覧数 (80902)
  • 2007/08/07
  • 執筆者: Yamaoka (12:54 pm)

安倍首相政治力低下で起訴へ? 地元公選法違反の検察審査会「不当」議決の今後

 8月2日、本紙は安倍晋三首相(左写真。江島市長を応援すべくお国入りのショット)の地元・山口県下関市における市長選(2005年3月)で、安倍氏の“国家老”とまでいわれる現・江島潔市長を支援した自民党市議等12名に対する公選法違反容疑で検察が不起訴処分にしたことにつき、検察審査会が「不当」と議決したことをお伝えした
 この波紋は地元では大きく、反江島、反安倍陣営はこの議決を受け、これまで数々の疑惑が出ている江島市長辞職へ向けての材料としていくようだ。
 その「議決書要旨」コピーを入手したので、検察審査会が「不当」と判断した理由を述べている部分(4頁分)を以下、添付する。
 その前に、不服申立人の高見俊幸市議(当時。右写真)は今回の議決についてこう述べる。
「検察審査会も『不当』との判断を下したように、彼らが公職選挙法に違反しているのは明らかです。したがって、そんな違法な支援で当選した江島市長は即刻、辞任すべきだと思います。

閲覧数 (95855)
  • 2007/08/06
  • 執筆者: Yamaoka (4:39 am)

モックの不透明な大幅下方修正発表

  マザーズ上場の「モック」(東京都中央区。山田信房社長=写真)といえば、本紙でも既報のように、暴力団との関係も噂される生田澄子氏が大株主になり、長期保有を宣言しながら今年3月には早々に売却したと思えば、今年5月には、金融子会社が、堤誠氏という当局も上場廃止になった「アドテックス」株の詐欺容疑関連などで注目する人物が拘わる投資事業組合に3億円も融資するなど、怪しい勢力の関与が絶えない“危ない上場企業”。
 そのモックがまた怪しげな動きをやってくれた。
 まだ自社HPでは発表されていないが、先週の8月3日(金)のそれも午後10時10分になって、東証の適時開示情報に大幅な下方修正を発表したのだ。

閲覧数 (29553)
  • 2007/08/05
  • 執筆者: Yamaoka (6:45 pm)

自動車部品大手「プレス工業」と「日産ディーゼル」役員等天下り会社との産廃処理巡る不透明

 産業廃棄物の処理を巡っては、闇夜に紛れて不法投棄するといったケースは相変わらず少なくない。
 それに比べれば、産廃を出す大手企業側から有力OBが天下りした企業が産廃処理の受注先を紹介、手数料をいただくのはどこの業界でもある話で、それほど目くじらを立てる話ではないとの意見もあるかも知れない。
 だが、その取り分が5割、6割もであればどうだろうか。受注した企業はこれでは割に合わないと不法投棄に繋がる恐れだってある。そうなった場合も、真っ先に責任を問われるのは産廃処理を頼んだ企業側なのだから決して軽い問題ではないだろう。
 自動車部品大手、東証1部「プレス工業」(神奈川県川崎市)とK社(埼玉県上尾市)との関係はまさにそれに当たる。
 本紙・山岡はこの1日発売の月刊経済誌『ZAITEN』(07年9月号)でその件をレポートした(横写真)。
 プレス工業はかつて、ボルボ社が傘下に収め上場廃止になる東証1部「日産ディーゼル」が大株主で、現在も主要取引先。
 そこの元取締役で埼玉地区の常務取締役まで務めた人物、それに埼玉の現場で下請けに仕事を出す権限を持っていた者の2人が、K社に天下っていた。
(冒頭写真=K社は日産ディーゼル小子会社の「関東日産ディーゼル」支社に同居している。右写真の後方に見える建物左端=黄色囲み箇所が、左写真のK社事務所)

閲覧数 (25138)
  • 2007/08/05
  • 執筆者: Yamaoka (4:22 pm)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(77)「『円高』でも好調な銘柄」

 兜町では、秋口までに「円高」基調になると見て、すでに輸出関連企業の自動車や電機などの銘柄は手仕舞いを始めている者も少なくない。
 日銀は早ければこの8月中に金利を引き上げると見ており、そうなると内外の金利差は縮小、円安に貢献していた「円キャリートレード」や「外国為替証拠金取引(FX)」は一気に引き上げられると見ているからだ。
 では、「円高」に強い注目銘柄はないのか。

閲覧数 (20258)
  • 2007/08/04
  • 執筆者: Yamaoka (2:37 am)

「ホームレス自立支援法」から5年――ホームレスは減ったのか?

カテゴリ: 雇用 : ホームレス問題
 本紙でもホームレス問題については、行政の対応を問う角度から、これまで何度か取り上げている
 その行政側が導入した「ホームレス自立支援法」(ホームレスの自立の支援等に関する特別措置法)は、成立してから今年で5年目を迎える。成果はどうなのか?
 7月27日、東京・新宿区の角筈区民ホールで、「ホームレスは減ったのか?『貧困』と『排除』にNO!7・27集会」(主催は同集会実行委員会)が開かれ、約180人が参加した。そこで、現場側の声を聞いてみた。
 
●ホームレスとネットカフェ難民は違う?

 まずはじめに、静岡大学教授(憲法学)の笹沼弘志氏(写真)より「ホームレス・カウントされない命と社会的排除」と題した基調講演があった。
 笹沼氏は、「自立支援法でホームレスは減った、次はネットカフェ難民だ、と厚生労働省は言うが、本当にそうなのか?」と問題提起。確かにホームレスが減ったように見えるが、減ったのは定住型のテント生活者だけで、移動型のホームレスは減っていないとのことだ。
 しかも、「減った」といっても、大阪の長居公園に見られる強制排除や、様々な施設への収容などによって減ったように見えるだけ。ホームレスの「自立」が進んでいるとは、とても言えないのが現状のようだ。
「ネットカフェ難民とホームレスを分けて考えることもおかしい」と,笹沼氏は言う。
厚生労働省は「ネットカフェ難民」を「住居喪失労働者」と言い換えて、ホームレスとは区別しようとしている。だが、そもそも安定した住居がない人をホームレスというはず。実際、「ネットカフェ難民」もまったく所持金がない場合は野宿しており、両者の境界線はますます曖昧になっているという。
「ホームレス問題の背景には、日本にまともな住宅政策がないことがある。たとえば生活困窮者に都営住宅を供給するといった政策を、国土交通省は考えようともしない。また、『雇用融解』とも言われる雇用の流動化、労働法制の改悪で、安定した仕事に就くのが難しくなって来た。だから現状を考えると、ホームレスが減ったというより、むしろホームレスに成り得る人々も拡大している、と言えるのではないか」(笹沼氏)

閲覧数 (94978)
  • 2007/08/04
  • 執筆者: Yamaoka (1:59 am)

<お知らせ>ベンジャミン・フルフォード緊急セミナー「今夏、ブッシュ大統領等があの9・11のようなテロを計画中!?」

カテゴリ: お知らせ
 俄には信じがたいが、今夏、アメリカでブッシュ大統領、チェイニー副大統領等があの9・11のような“偽テロ”を起こす計画が進んでおり、核兵器を使うテロも考えられという。
 ノンフィクション作家のベンジャミン・フルフォード氏(右写真。左写真は氏の書籍)のところに、これに関する情報が英国の情報機関MI6などの裏ルートから入ったという。
 これを説明するため、来る8月8日、氏は緊急セミナー「アメリカの差し迫っている軍事クーデターと軍事政権について」を、東京・八重洲のビジネスセンターで開くそうだ。

閲覧数 (20879)
  • 2007/08/03
  • 執筆者: Yamaoka (11:30 pm)

久間前防衛相が、相撲部屋後援会設立代表発起人に(朝青龍問題で、政治結社が「抗議文」も)

カテゴリ: 防衛
 例の「原爆発言」で、先の参議院選挙では地元・長崎県の自民党候補からも応援を拒否されたばかりか、発言の余波もあり地元候補は落選。8月の原爆式典への参加にも拒否の声が強く、すっかり嫌われ者になってしまっている久間章生前防衛相
 ところが、そんな四面楚歌とも思える久間氏を代表発起人に担ぐ者がいた。それも、わが国を代表するスポーツ・相撲の中堅部屋の後援会発足という、重大かつ名誉な場面でだ。
 その案内文書を入手したので、以下に添付しておく。
 一方、相撲といえば、横綱・朝青龍(左写真)が不始末から2場所出場停止という前代未聞の処分を受けたが、この不始末につき、某政治結社が朝青龍の所属する名門・高砂部屋の親方(元大関・朝潮。右写真)へ出している「文書」を入手したので、それも添付しておく。
 なお、前出・久間氏と共に代表発起人になっている親方はこの高砂部屋の出身。一時は同部屋の後継者に指名されたが、結局、分離独立し、新たな部屋を作った。

閲覧数 (21787)
  • 2007/08/03
  • 執筆者: Yamaoka (12:00 am)

不買運動の動きもーーロート製薬のトンデモCM

カテゴリ: 経済事件
 現在、テレビで流れている東証1部上場、大衆向け目薬では首位の医薬品会社「ロート製薬」(本社・大阪市)のCMに対し、女性をバカにした内容だとして、一部で不買運動の動きが起きる様相を見せている。
 そのCMとは、中年女性の更年期障害から来るイライラなどにも効果があるとされる漢方薬「和漢箋」。同社は3種類のCMを流しているが、そのなかの「これっ?て遍」。
 このCM、主婦がやっと洗濯物の片付けを終わったと思ったら、息子が登場し、「これ、洗っといて」とズボンを投げつける。
 主婦が「エッ」と声を上げると、ごろ寝してテレビを見ていた夫から「静かにしてくれよ」と文句を言われる。
 それで「ムッ」としている主婦に対し、「なせか、ちょっとしたことでイライラ」といったナレーションが流れ、主婦が「これって、更年期障害?」とのセリフを吐き、同社製品がこれに効果ありとメッセージに至るーー。

閲覧数 (28497)
  • 2007/08/02
  • 執筆者: Yamaoka (4:42 pm)

安倍首相地元の市長選公選法違反容疑で、検察審査会が自民党市議等12名不起訴に対し「不当」と議決

 山口検察審査会は7月26日、山口県下関市の市長選挙(2005年3月)に絡み、公選法違反容疑で書類送検された自民党市議(当時)等12名を山口地検が不起訴処分としていたことにつき、「不当」と議決していたことが明らかになった。
山口県下関市は安倍晋三首相のお膝元であり、疑惑の出ている市議等が支援していたのは、安倍首相の“国家老”とまで言われる江島潔現市長(写真)。
検察審査会が「不当」と議決するのは極めて異例のことだ。
7月26日といえば、自民党が歴史的大敗北をした先の参議院選挙投票日の3日前。安倍首相の政治力と共に、その評価も落ちた結果と見る向きもある。

閲覧数 (98821)
  • 2007/08/02
  • 執筆者: Yamaoka (4:16 am)

日テレ「バンキシャ!」に警視庁管理官出演の裏事情

カテゴリ: 報道・マスコミ
 参議院選挙投票日7月29日(日)のテレビ番組「真相報道バンキシャ!」(午後6時から同55分まで。日本テレビ系。写真)で、東京・八王子市で発生した未解決射殺事件の特集があった。
 1995年7月30日、市内スーパーの事務所で、パート店員(当時47歳)とアルバイト店員(同17歳と同16歳)の計3名が、頭を拳銃で撃たれ死亡していた事件。
 同番組には現役の警視庁管理官も出演し、被害者の1人が「このままだと命がないぞ」と書かれ、カッターの刃が入った手紙を送りつけられていた事実が公表され、怨恨説が強いとの見方が披露されるなどした。
 今回、警視庁記者クラブや警視庁関係者の間で、同番組への管理官の出演が密かに話題になったのは、

閲覧数 (30794)
  • 2007/08/01
  • 執筆者: Yamaoka (12:49 pm)

ネクストジャパンHDの筆頭株主に躍り出た若手社長の正体(追加情報)

カテゴリ: 経済事件
本紙は7月31日、 「ネクストジャパンHDの筆頭株主に躍り出た若手社長の正体」なるタイトル記事を報じた
 社会部記者が注目している不動産会社「ABCホーム」(会長・塩田大介氏)のダミーではないかというものだが、その後、追加情報が入ったのでお伝えしておく。
(写真=東京都港区の自社ビルでは日本料理店も経営)

閲覧数 (28384)
  • 2007/08/01
  • 執筆者: Yamaoka (12:30 am)

年金問題など他人事? 年間4億円以上、何のチェックも受けずタクシー乗り放題の厚労省“役人天国”のカラクリ

カテゴリ: 政治 : 官僚
 昨日発売の写真週刊誌『フラッシュ』(3P分。上写真)、それに「産経新聞」(社会面。下写真)において、厚労省の会計課が支給、チェックしている分とは別に、何のチェックも必要ない同省労働基準局が独自に個人タクシー組合と契約したタクシー券が存在、そのタクシー券を日常的に私的流用していると思われる中堅幹部グループの存在がクローアップされている。
 その労働基準局の年間タクシー代は4億円以上。もちろん、我々の税金で賄われている。
 そんな公金を、職員仲間同士の私的飲食後の深夜帰宅、店の女性の送迎などに度々使用しているとなれば、当然ながら法律に抵触する可能性もあるわけで、年金問題が騒がれる昨今、さらに国民の怒りを買って当然だろう。
 柳澤伯夫厚労省大臣はこの報道を受け、昨日の定例会見で、「キチンと調査し、処分する」旨、言わざるを得なかった。
 この管理の杜撰極まりないタクシー券のカラクリに関しては前出・両記事をご覧いただくとして、この疑惑が出ている中堅幹部たちとは誰を指すのか。
 実は本紙も、同じ人物に関してこの間、取材していた。
『フラッシュ』記事で出ている中心人物、H課長補佐とは

閲覧数 (24317)
« 1 2 (3)
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (130)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?