お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2007/08/15
  • 執筆者: Yamaoka (5:24 pm)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(81)オックスHD株価急騰の仕掛け人が反論

 この連載(78)で、オックスHD株価急騰の仕掛け人では、と2名の人物を指摘したところ、その一方の当人から連絡があり、「事実無根」とのことなので、以下、報告しておく。

閲覧数 (20197)
  • 2007/08/15
  • 執筆者: Yamaoka (2:16 pm)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(80)市場全体が先行き不透明な時の推奨銘柄

サブプライム問題が世界に飛び火し、わが国市場も不安定な感じになっている。こういう時は、業績好調の会社でも、それが株価に反映されず、逆に他の銘柄と一緒に先行き不透明感から手仕舞い売りが増え、株価が下がることもままある。
 こうしたなか、いま兜町でこういう時はこれ、という銘柄が挙がっている。

閲覧数 (20066)
  • 2007/08/15
  • 執筆者: Yamaoka (3:23 am)

<お知らせ>DVD「特別対談・池田大作なき後の共謀罪」(ベンジャミン・フルフォードVS山口大輔。制作・インシデンツ)

カテゴリ: 政治 : 学会(公明党)
 先の参議院選挙で自民党と共に大敗した公明党ーー自民党と一体化し、国家主義、弱者切り捨ての政策をとり続けることに対し、創価学会員を始めとする支持者もさすがに反旗を翻した点も大きいだろう。
 その自民党との一体化ぶりを象徴する賛成していた法案の一つに“現代版・治安維持法”といわれる「共謀罪」がある。学会の初代会長・牧口常三郎氏は戦前、治安維持法により逮捕され、獄死しているのだから本来、反対しなければならなかったはず。
 このDVDには、今年5月13日に行われたその共謀罪反対集会で組まれた対談が収録されている。
 フルフォード氏(今年5月に日本に帰化)は近著『イケダ先生の世界』(宝島社。横写真)もあるジャーナリスト。注目すべきなのは、一方の山口氏。現役の学会員であるにも拘わらずこの反対集会に参加し、「賛成することは先代の教えを冒涜するもの」、「成立したら共産党より先に学会が潰されるのでは」などと発言している。04年2月、「行動する平和憲法のネットワーク」を設立、公明党と一線を画し、学会員に啓蒙活動を行っている。
 今年中には衆議院選挙が行われ、政局が大転換を迎える可能性もあるなか、学会・公明党の動向は極めて重要だ。その動向を占う上でも、この対談は様々な示唆を与えてくれること請け合いだ。
 購入方法などは「インシデンツ」HPにアクセスいただきたい。
 無料の予告編を見ることもできる。
(冒頭写真=対談の様子。DVDより。右が山口氏)

閲覧数 (21599)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (129)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?