お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2007/09/02
  • 執筆者: Yamaoka (11:40 pm)

<*連載* 渡辺正次郎の芸能界を斬る!>第24回「 美空ひばりが只一人絶賛した女性歌手・ちあきなおみ、流転の人生(?)」

 筆者・渡辺正次郎(作家・政治ジャーナリスト)。音楽専門誌の編集長の傍ら、藤圭子など多くの歌手を発掘。その後、政界に転身。二・二六事件の時に岡田啓介首相を救出、また、わが国の戦争終結に尽力した故・迫水久常参議院議員の秘書などを務める。現在は作家・政治ジャーナリストとして執筆の傍ら、政治家のブレーン、選挙参謀として活躍中。『この国の恥ずかしい人々』、『田中角栄の遺したもの』、『こんな政治家は辞職せよ!』(以上、日本文芸社)など著書多数。なお、この4月12日よりHP=「NEWS TODAY・政界、財界、官界一刀両断!!」を再開(有料。ここをクリックしても料金は取られません)。

○連載(?)を見たい方はココをクリック

 コロムビアレコードは何年かごとに、ちあきなおみ(横写真)のアルバムを発売する。その度に2万?3万枚が完売するという。それだけ人気が根強い証拠だろう。音源を持つレコード会社にとって定期的に宝を生む卵のようなものだ。
 私の手元の「ちあきなおみ大全集』(横写真)には、レコード大賞を受賞した『喝采』『矢切の渡し』『紅とんぼ』『赤い花』『帰れないんだよ』『星の流れに』『ネオン川』『さだめ川』など36曲が収録されている。
『喝采』は文句なく素晴しいし、何度聴いても『矢切の渡し』は細川たかしなど太刀打ちできない歌唱力を感じる。
 細川たかしが属していたプロダクションが彼に歌わせたくて、ちあきなおみにこの歌を歌わせなくした、という噂を耳にしたことがある(こうしたこともちあきなおみ引退の一つの原因とも言われる)。
 裏を取ったわけではないが、その心理が分からないでもない。
同じ曲を一週違いでテレビ等で歌えば、細川の歌唱力のなさ(“矢切の渡し”に限って言えば)は歴然としているのだから。
さて、話を戻そう。
 数日後、
「先生、津軽洋子さんに紹介していただきました瀬川(=ちあきなおみ)と申します。娘を連れて参りました」
と、髪をアップにした40代半ばと思える女性が訪ねてきた。ほうっと思った。色の白いなかなか艶っぽい美人だったからだ。
 母親と名乗る女性の後ろから、肩まで長い髪にウェーブのかかった真っ白いスーツの女の子、いや、女の子より少し大人になった女性が、
「初めまして、瀬川美恵子です。どうぞよろしくお願いいたします」
と、少しハスキーな声で挨拶をした。

閲覧数 (20895)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (126)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ