お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2007/10/19
  • 執筆者: Yamaoka (7:45 pm)

沖縄で開催された「山崎拓先生激励会」の気になる発起人メンバー

カテゴリ: 防衛
 沖縄県の米軍普天間基地移転先を巡り、同じ名護市辺野古地区でも陸地と海上に出る部分を埋め立てる政府のV字案と、地元の沖出し案とで揉めているのは本紙でも何度も報じた通り
 詳細は明日発信予定の記事に譲るが、この綱引きの微妙な時期にある本日、「朝日新聞」朝刊で、横のような記事が第一面にデカデカと出たものだから、真偽の程はともかく、永田町界隈で「地元の沖出し派の仕掛けでは?」との観測が流れたのも無理はない。
 守屋武昌前防衛事務次官がV字案を強固に推進すると共に、それに反対する地元に対し、早期の工事着工のための“アメ”としてバラ撒いていた名護市を初めとする北部振興対策費(これまで10年間で2000億円以上)を今年度止めた張本人と見られ、地元から強い反発を招いていたのだから。
 これに対し、小泉内閣時代の05年11月以来、自民党安全保障調査会会長兼沖縄振興委員長を務める山崎拓代議士(横写真)は、沖出し案賛成派のリーダー的存在。
 本紙はそのことを物語るメンバー表を入手した。
 昨年3月、山崎代議士の地元後援会「沖縄拓政会」会長が音頭をとって、沖縄県那覇市で「山崎拓先生激励会」が開催された。(以下に、その案内状を転載)

閲覧数 (23051)
  • 2007/10/19
  • 執筆者: Yamaoka (2:42 pm)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(99)パシコン捜索で注目される上場企業

 本紙でも既報のように、世界的大手コンサルタント会社「パシフィックコンサツタンツ」(本社・東京都多摩市。=写真)の元社長・荒木民生氏等の特別背任疑惑が浮上している。
 パシコンは、自社HPで自ら建設コンサル専門会社としては世界3位と豪語しているほど。もっとも、未上場なので、幸い同社株価が急落して一般株主に被害を与えるといった事態は避けられた。
 だが、これだけの企業となると、すでに大きな影響が出るのでは、と兜町で囁かれている件がある。その情報とは、

閲覧数 (20597)
  • 2007/10/19
  • 執筆者: Yamaoka (10:16 am)

『週刊朝日』の“沖縄基地利権レポー”トは予定通り発売中

カテゴリ: 防衛
「本当に出ているのか?」と、問い合わせが相次いだのでお伝えておくことにした。
 他でもない。以前、予告記事を書いた、今週発売の『週刊朝日』のなかで、本紙・山岡の「“沖縄基地利権レポート”ーー浮かび上がった談合と密約疑惑」なる記事が載るということの真偽だ。
 予定通り、載っている。
 ただ、問い合わせが相次ぐのは無理もない面もある。
 6Pの大特集にも拘わらず、新聞各紙に載った今週の『週刊朝日』の広告中(雑誌表紙も)には“沖縄”の文字一つも載ってなかったのだから。
 ただし、それは例の大相撲力士死亡の件がハッキリ身内による暴行の結果とわかり、その緊急特集記事が組まれ、大きく扱われたといった事情もあるようだ。
 沖縄基地利権に群がっている連中は、今週号の買い占めを画策しているとの情報があったが、新聞広告に載っていないことを見てすっかり安心、買い占めまでする必要なしとなったと聞く。
(下写真=複雑に利権が絡む、米軍普天間基地移設予定地の名護市辺野古地区周辺)

閲覧数 (21915)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (129)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?