お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2007/11/10
  • 執筆者: Yamaoka (11:29 pm)

「山口組山健組執行部批判文書」出回る

カテゴリ: 右翼・暴力団
 以前にもこの手の「文書」に関しては何度か紹介しているが、また新たな文書が出回っている(写真)。
 今回は指定暴力団・山口組最大派閥、山健組(本部・兵庫県神戸市)の井上邦雄組長等執行部を批判する内容になっている。
 構成員は約7000名ともいわれ、かつては「山健にあらずば、ヤクザにあらず」ともいわれたが、弘道会(愛知県名古屋市)出身の山口組六代目司忍組長、高山清司若頭の就任後、山健組の衰退が著しいともいわれるなか、それを裏づけるような内容となっている。また、九州最大の指定暴力団・道仁会の分裂に関しても触れている。
 今年5月末に起きた山建組系組長の刺殺事件などに触れているところからみて、今年夏以降に作成されたもののようだ。
 以下に転載。

閲覧数 (31479)
  • 2007/11/10
  • 執筆者: Yamaoka (8:12 pm)

山田洋行のCX商権巡る疑惑ーーこれが、前航空機課長のGE社への発言全容(下)

カテゴリ: 防衛 : 山田洋行
 以上(=前回原稿を見たい方はここをクリック)が、青木航空課長(当時)の発言の「全容」だ。これがいかに異様な発言なのかを理解するには、若干の補足解説が必要だ。
 まず最初の(※注;?)発言で、青木氏はGE社のトップに対し開口一番、C-X(=次期輸送機。写真)エンジンを巡ってGEが7月30日以降に代理店契約を結ぶことを決めた日本ミライズは、日本の入札資格制度上、Dランクであり、高額の装備品を扱うには問題がある企業だ、と強調している。
 さらに、日本ではマスコミもこの問題に注目している、とした上で、やろうと思えば、7月29日まで代理店契約が残っている山田洋行との間で今年度分の契約を結ぶことも可能だが、もしGEの代理店契約によって資本力に疑問があるDランクのミライズとの間で契約する事になるのなら、GE社にそのリスクの責任を負って貰いたい、と迫ったのだ。
 この発言が6月19日に行われたことはすでに述べた。代理店切り替えまではまだ1ヶ月を残している。今後の展開がどうなるか判らないこの時期、しかも商社間で激しい競争が発生している微妙な案件である以上、通常の官僚マインドではどちらかに与するような発言は控え、出来ることなら関わらないようにするのが普通だ。妙に踏み込んだことを言って、自らの公平な立場が疑われてはかなわないからだ。

閲覧数 (21479)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (130)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?