お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2007/12/07
  • 執筆者: Yamaoka (10:58 pm)

<手記>サーベラス地上げ事件を米本国に伝えようとした女性に起きた怪事件(上)

カテゴリ: 国際 : 多国籍企業
 本紙はこの11月20日、「あの外資『サーベラス』に闘いを挑む人物」なるタイトル記事を報じた
 その人物、トレーシー・ショー氏(Tracci Show、38。写真。米カリフォルニア在住)の手記が届いたので、以下お伝えする。
(*邦訳は必ずしも正確なものではないし、一部割愛、また邦訳がおかしい箇所は本紙の判断でわかりやすく要約等している)

 今年6月末、私は仕事で日本に来た。
 地上げを含む、サーベラスの日本での数々の悪行をアメリカのマスコミでも明らかにするためだった。
 私は10代のころからモデル業を行うなど、日本で多くの時間を過ごし、日本を愛している。また、個人的に親しい友人が直接的にサーベラスの被害にあっていることも聞き、私は憤慨した。
 そんな折、Oさんから直接、彼女の心の痛みを聴き、胸が痛んだ。
 最初、A社に接触した時、彼らはひじょうに興味を持ち、A社とのやり取りは順調だった。
 サーベラスの(南青山の)地上げ事件については、日本のA社のレポーターに引き継がれ、インタビューも行われた。
 そのレポーターであるK氏は私にコンタクトを取り、さらなる事件の根拠資料を求めたので送付したところ、突然、連絡が途絶えるなど彼女は不審な行動を取るようになった。

閲覧数 (90129)
  • 2007/12/07
  • 執筆者: Yamaoka (9:04 pm)

<記事紹介>「政治家の『口利き』は常態化」(太田述正元仙台防衛施設局長。「社会新報」12月5日号)

カテゴリ: 防衛
社民党の機関紙「社会新報」が、太田述正元仙台防衛施設局長へのインタビュー記事を載せている(写真。続きは以下に)。
守屋武昌前事務次官が証人喚問の席で、接待場所で会った政治家2名の名前を口にし、久間章生元防衛相と共に額賀福志郎財務相も注目されているのはご存じの通り。
 未だその真偽は、攻める民主党も、「事実でない」と主張する額賀氏も譲らず不明だが、その渦中の11月20日、「朝日新聞」が、額賀氏側から、00年3月、守屋官房長(当時)を通じて、仙台防衛施設庁発注工事の指名にある地元業者を入れて欲しいと要請してきたていると部下から報告を受けたことがあると爆弾発言したのがこの太田氏。

閲覧数 (23614)
  • 2007/12/07
  • 執筆者: Yamaoka (11:56 am)

不動産を買い漁るアーバンコーポレイションのダミー会社“集積場所”

カテゴリ: 経済事件
 東京・池袋はサンシャインビルにほど近い春日通り沿いに目的の建物はあった(写真) 。
 ここは本紙が別件でこれまでにも何度も取り上げてきた東証1部、不動産会社「アーバンコーポレイション」(本社・広島県広島市)のダミー会社の多くが登記されている場所なのだ。
 ご覧のように、2つ(=2部屋)の郵便受けにたくさんの社名が掲げられている(横写真)。かなりの数、「プロパティー」という用語が付けられているが、「八丁堀ドミサイル」、「シュガーサンズ」といったそうでないものもある。また、有限会社が多い。
 もちろん、ダミー会社を使うこと自体は違法ではない。実際はアーバンが地上げしているとなれば、資金力があると見て法外な立ち退き料を吹っかけられるといった事情もあるのだろう。

閲覧数 (28936)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (133)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ