お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2007/12/18
  • 執筆者: Yamaoka (1:36 pm)

「セカンドライフ」の日本版を騙る、マルチまがい兼詐欺商法にご注意

 3次元のリアリティーある仮想空間「セカンドライフ」(米リンデンラボ社)の日本版を謳った企業B社(東京都千代田区)が最近、中高年を中心に熱心に勧誘をしているが、その商法には数々の疑問点があるので注意を呼びかけておく。
 周知のように、セカンドライフは、仮想空間ではあるが、現実の世界同様、“アバター”と呼ばれる自分の分身を登録して、遊びから仕事、そして世界中のアバター(人)と交流も出来、かつ、仮想通貨は換金もできるということで、もう一人の自分の生き甲斐を見いだせると言うことで急激に発展。すでに世界中で1000万人近くが入会している。
 もっとも、同空間における経済活動は、企業CMやアンケート調査などが主体で、アバター同士の売買はトラブルも起こり得るので積極的に推奨はされておらず、不動産売買などもあるにはあるが、その価格はかなり低額に抑えられている。
 ところが、このB社はこの不動産取引に重点を置いている。
(写真=B社が勧誘に使っているDVDより。セカンドライフに関する部分の映像)

閲覧数 (40881)
  • 2007/12/18
  • 執筆者: Yamaoka (10:37 am)

<記事紹介>「警視庁が注目ーー久間の封印された『極秘ビデオ』入手!」(『サンデー毎日』12月30日号)

カテゴリ: 防衛
 昨日発売の『サンデー毎日』が、上記タイトルの記事を3頁で報じている。
 守屋武昌前防衛事務次官の逮捕、取り調べにメドがついた以上、東京地検特捜部が乗り出しているのだから、次にバッジがターゲットにされていると見ていい。というか、今回の件では、あれだけ強引に守屋氏を収賄でやった以上、そうでなければ不公平というものだろう。
 その点、山田洋行側ともっとも親しく、またダーティーな噂が絶えない政治家といえば久間章生元防衛相が筆頭。そこで、大手マスコミ各社は久間氏と防衛省との間で何か疑惑はないか洗っている。
 この「ビデオ」には、ある土建業者が、久間防衛庁長官(=当時。秘書も)を宴会に招いた際の一部始終が映っている。その宴席には藤田まこと(横写真。問題のビデオより)も登場する。
 実はこの件、本紙ではすでに2005年12月に報じている
 ただし、本紙は日本道路公団は知っていたが、防衛省関連工事まで受注しているとは知らなかった。同記事によれば、久間氏が防衛相だった時も受注しているという。(以下にビデオのカラー映像を数点添付)

閲覧数 (23982)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (133)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ