お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2008/03/04
  • 執筆者: Yamaoka (4:53 pm)

<記事紹介>「石破防衛相の責任と隠し続けたい“恥ずかしいこと”」(本紙・山岡コメント。「週刊朝日」3月14日号)

カテゴリ: 防衛
 今週発売の『週刊朝日』が、今回のイージス艦衝突事故を契機に、少し毛並みの変わった特集記事を組んでいる。
 イージス艦のなかで禁止されている、あるいは、軍隊といっていい性格を思えば本来禁止すべきことが罷り通っているようだとの内容。
 すなわち具体的には、私的な携帯電話使用(メール)、バクチ(トランプによる)、飲酒である。
 この実態を暴くことで、自衛隊がいかに弛んでいるかクローズ・アップ。そんなことだから今回の事故も起きたとのでは、というわけだ。
 本紙はそもそも専門外だが、今回事態を憂える防衛省内事情に精通する人物があえて証言してくれたことから、これまでに3回記事にしている。その関係から山岡が取材を受けた。そして、バクチに関しての部分がコメントになっている(写真=記事の黄色マーカー囲み部分)。これは禁止どころか、「常習賭博及び賭博場開張等図利」の刑法犯に抵触する可能性だってある。

閲覧数 (24192)
  • 2008/03/04
  • 執筆者: Yamaoka (1:08 pm)

「スルガコーポレーション」、暴力団関係者に資金40億円。警視庁組対4課、非弁活動で逮捕

 警視庁組織犯罪対策4課は本日午前、東証2部上場の建設会社「スルガコーポレーション」(本社・横浜市)が所得した都心ビルの地上げを巡り、弁護士資格がないのに立ち退き交渉を行っていたとして、「光誉実業」(大阪市)の朝治博容疑者等士ら10名を弁護士法違反(非弁護士活動)で逮捕した。
 朝治容疑者は広域暴力団「山口組」とひじょうに親しく、その暴力性を背景に、以前から関西を拠点に地上げを行っておりその世界では有名な存在だった。
 スルガ社は今回の逮捕容疑になった「秀和紀尾井町TBRビル」の地上げで約10億円の利益を朝治容疑者側に与え、その一部は山口組にも流れているとして警視庁は今後、さらに追及するようだ。
 また、スルガ社は今回逮捕物件以外にも多くの地上げを依頼していた模様だ。
 本紙既報のように、警視庁がスルガ社と暴力団関係者との件で捜査しているとの情報があり、今回逮捕容疑となった「秀和紀尾井町TBRビル」(現在は写真のようにサラ地にされ駐車場に)に関してもすでに本紙は取り上げていた ただし、この捜査、関係者の間では事件化しないのではないかとの観測も今年に入ってかなり流れていた。

閲覧数 (27655)
  • 2008/03/04
  • 執筆者: Yamaoka (5:07 am)

<書籍紹介>「新医療革命ーー万病を治す瘀血除去術」(蔡篤俊。成隆出版)

カテゴリ: 医療・健康
 発売されたのは2006年1月。最近出た書籍ではない。それにも拘わらず取り上げたのは、実際に病院を覗いて見て、大学病院などに長年通っても一向に良くならず、人伝に藁にもすがる思いで同病院を訪ね、完治した実例がたくさんあることを知ったからだ。
 世の中には、現代医学を持ってしても治療困難な患者がたくさんおり、そうした患者を「うちなら治る」と食い物にする悪徳医師も多い。だが、著者の蔡医師(台湾出身)が開発した治療法は自由診療とはいえ、何十万円、何百万円も取るわけではない。
 しかも、この治療法は副作用の心配がない。
 すべての病気は体に過度に毒素が溜まったために起きるという考えから、蔡医師が開発した新治療法は、採血針を刺鍼し、真空機械の原理を使い、体内毒素(=血)を吸い取るという極めてシンプルなもの。
 自身、若いころ、現代医療では治らず、医者でありながら現代の治療法に疑問を抱き、中国医療の知恵に学んで編み出したそうで、化学合成した医薬品は一切使わないという。 逆に、こうした医薬品が病を重くしているという。

閲覧数 (24925)
  • 2008/03/04
  • 執筆者: Yamaoka (3:19 am)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(133)証券取引等監視委員会らが重要マーク中の上場企業

一部事情通の間で、確度の高い話として話題になっている。容疑は粉飾に関することだという。
 ただし、単純な粉飾ではない。土地の購入を巡るもの。そして、そこには広域暴力団の影が見えるという。
 かつてエフアール事件というのがあった。

閲覧数 (22046)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (129)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ