お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2008/03/23
  • 執筆者: Yamaoka (11:30 pm)

馬英九氏圧勝ーー政治より経済を優先した台湾国民

カテゴリ: 国際 : 中国
 既報のように、本日投票された台湾総統選挙は即日開票され、台中融和路線を取る国民党・馬英九前党主席(横写真)が、与党の民進党・謝長廷党主席代行に200万票以上の大差で圧勝した。
  選挙中の3月14日、チベット人虐殺が起き(横写真=3月22日TBSニュースより)、独立志向の民進党が与党であるだけに、台湾大手マスコミはこの件を一斉に批判的に報道。投票当日も朝から投票状況と並行し、チベット自治区のデモや弾圧の映像を2大ニュースの一つとして流した。
「台湾の国民は日ごろから、中国の脅威には敏感。それだけにまさに投票当日、融和路線を取る馬英九氏の優位が伝えられる中、チベットでの弾圧の映像が繰り返し流されたことは国民にとってショッキングだったことは確かだ」(地元マスコミ関係者)

閲覧数 (89193)
  • 2008/03/23
  • 執筆者: Yamaoka (7:47 pm)

イージス艦事故「中間報告」ーー本紙指摘通り、艦橋外に見張り員は1人もおらず

カテゴリ: 防衛
 3月21日、イージス艦「あたご」と漁船「清徳丸」の衝突事故につき、防衛省は「中間報告」を公表した(写真=「毎日新聞」3月21日夕刊)。
 大手マスコミは防衛省に配慮してか、あえて強調してなかったが、同報告で、事故前、見張り員は一人として艦橋外にいなかったことがわかった。
 理由は「通り雨を避ける」ためだったという。
 今回事故で図らずも露呈した自衛隊の弛んだ現状を憂い、敢えて本紙に情報提供してくれているプロ中のプロは、この中間報告をこう見る。
「私の言った最悪のケース、あの時、“見張りは一人として(艦橋外に)立っていなかった”ことがわかったでしょう。
 通り雨で艦橋内に避難する? そんなこと、あり得ません。すべては、事実を隠蔽するための方便です。結局、皆、帰国を直前に浮かれ、当時、見張りを怠っていたということでしょう。だが、過失以前の、そんな基本中の基本も怠っていたことを公表したらさすがに自衛隊は凄まじいバッシングを受ける。そのため、真相を隠蔽することにしたとしか思えません」

閲覧数 (23437)
  • 2008/03/23
  • 執筆者: Yamaoka (12:41 am)

舐められた検察ーーABCホーム・塩田大介氏、帰国の意思なし

カテゴリ: 脱税
 本紙は何度もお伝えしている、脱税容疑で東京地検特捜部が逮捕しようとした直前、わが国の司法権が及ばない香港に“逃亡”した中堅不動産会社「ABCホーム」(東京都中央区)元会長・塩田大介氏(写真)の動向だが、その後、香港からは3カ月どころか、逮捕の可能性がある限り、永久に帰国するつもりはないとの考えを検察側に伝えているとの情報が入って来た。
 検察側が逮捕する方針を固めたことがハッキリしたのは2月23日。その前にすでに香港にいた塩田氏。

閲覧数 (26891)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (126)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ