お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2008/03/28
  • 執筆者: Yamaoka (9:46 pm)

「高島易断総本部」の名前を使い、業務停止命令を受けた宗教法人代表は元豊田商事社員

カテゴリ: 詐欺(行為)
 3月26日、経済産業省は「高島易断総本部」の名前を使い、高額な仏具などを購入させたとして、宗教法人「幸運乃光」(千葉県袖ヶ浦市)に3カ月の業務停止命令を出した。
 このことは、大手マスコミが翌3月27日に報じているが、報じ方が甘過ぎる。というのは、この宗教法人の代表を務める小澤茂男(48。写真=『サンデー毎日』93年5月2日号より)氏なる人物は、過去、何度も犯罪絡みで名前が浮上しており、確信犯と思わざるを得ないからだ。しかも、その犯罪、疑惑の質が悪過ぎる。
 1991年2月 宗教法人(当時は「熊谷寺」・大阪市)も悪用した、約4億2000万円の所得隠しが発覚。
 1993年7月 地面師と組んで東京・赤坂のビルを不法占拠。そこを「高島易断総本部」(上写真=小澤氏代表の「高島易断」が配布したチラシ)などの事務所に使用。
 1993年10月 「高島易断総本部」(世田谷区へ)にカチコミ(発砲)を受ける。

閲覧数 (34195)
  • 2008/03/28
  • 執筆者: Yamaoka (6:25 pm)

武富士繋がりで、「ジャレコ」に再結集した宮内亮治被告以下旧ライブドア人脈

「ジャレコ・ホールディング」(東京都港区。横写真=入居ビル)というジャスダック上場企業がある。もともと主力はゲーム事業だったが、業績不振のため、金融と不動産事業に主力を転換しようとしている。その流れのなかで、昨年10月に相対取引で筆頭株主が入れ替わり、同社の実質上の金主も、金建一氏なる国際事業家に入れ替わっている」(さらに今年2月の15億円の第3者割当も金氏が引き受け、グループ会社で約57%を取得)。
 その流れのなかで、同社役員も総入れ替えとなり、昨3月27日に異動となっている。
 新しく代表取締役に就任した羽田寛氏は、ライブドア取締役兼執行役員上級副社長を務めていた。ライブドア事件前、堀江貴文社長以下、財務担当だった宮内亮治取締役(=横写真右。40)等と共に役員に名を連ねていた人物なのだ。
 また、徐躍平氏なる人物も取締役に就くが、彼はライブドアが中国(大連)進出時、現地の総経理をしていた
 もっとも、宮内氏はいまも被告の身(昨年3月22日一審判決。有価証券報告書虚偽記載と偽計・風説の流布容疑で懲役1年8カ月。控訴中)だし、ライブドア株主約3300名から堀江被告等と共に総額209億円余の損害賠償請求訴訟を提起されているから、表立って役員等につくことはできない。
 では、どういうかたちで同社に関わっているのか。

閲覧数 (530427)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (127)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ