お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2008/04/04
  • 執筆者: Yamaoka (11:51 pm)

あの訴えられた地域住民等による、「フージャースコーポレーションと闘う」HPが完成

 本紙は昨年11?今年1月にかけ、5度に渡り東証1部の建設会社「フージャースコーポレーション」(本社・東京都千代田区)と、千葉県船橋市内で同社が建設中のマンション工事を巡って対立する住民とのトラブル案件について取り上げた
 上場企業であればなおさら社会的責任は重いはずだが、それを十分果たすどころか、カネで抗議の登り旗を撤去させようとしたり、住民側を提訴するなど、おおよそ上場企業とは思えぬアメとムチを使い分けた行動を取っているからだ。
 その後も住民側は挫けることなく裁判を闘っており、この度、専用のHP(写真)を作成したとの連絡が届いたので紹介しておく(ココをクリックのこと)。

閲覧数 (28426)
  • 2008/04/04
  • 執筆者: Yamaoka (10:10 pm)

吉本興業「中田カウス恐喝事件」騒動の深層(3)ジャーナリスト/中島文也

カテゴリ: 芸能・アイドル
 前回は、大阪府警がひた隠す「中田カウス暴行事件」の全貌を報じた。だが府警はなぜ、暴行を加えてまで、カウスを立件しようと躍起になっているのか……。今回は、その背景についてレポートする。前回に引き続き、府警の内部事情に詳しい捜査関係者が語る。
「実は捜査4課の大野班は、カウスによる『恐喝事件』の?被害者?である中邨秀雄・元吉本興業会長(上写真)から被害届が出る半年以上も前から、吉本やカウス周辺の内偵を始めとった。それはある人物からの?情報提供?がきっかけやったんや」
 その人物とは一体、誰なのか。捜査関係者が続ける。
「大阪で『DS』という会社を経営してる『M』という人物や。今でこそ、国内外にいくつもの会員制リゾートホテルを持っとる?実業家?として知られてるが、昔は菱形(山口組)の中でも武闘派として知られた組におった、バリバリのヤクザやったんや」
 実はこのM(63歳)については、アクセスジャーナルでは過去2度、一連の吉本興業の?お家騒動?の仕掛け人として、その存在を報じている。
 また、Mは部落解放同盟飛鳥支部の元支部長で、山口組最高幹部から国会議員まで幅広い人脈を持ち、昨年11月に死去した同和フィクサー、小西邦彦(上写真)との関係も明らかにした。今度は吉本興業関係者が語る。

閲覧数 (26156)
  • 2008/04/04
  • 執筆者: Yamaoka (2:18 am)

土壌汚染疑惑に仕手便乗ーークミアイ化学工業株急騰の裏側

カテゴリ: 医療・健康
 4月1日、全農系農薬大手「クミアイ化学工業」(東京都台東区)株は東証1部値上がり率1位だった(初値208円→終値286円。約38%)。
 この地味な企業の株価に異変が見られたのは、まず3月6日だった。普段の出来高は数十万株に過ぎないところ、何と約961万株。
 翌日には急減したが、3月27日から再び出来高が異常に多くなり、4月2日には年初来高値355円をつけた(写真=チャート図)。
 もっとも、同社が3月13日に発表した第1四半期決算の前年比利益は大幅マイナスで、株価が上がる決定的な材料は見当たらなかった。
 この株価急騰の背景には、実は同社の農薬不法投棄疑惑を材料とした仕手筋による空売りの動きがあったのだ。

閲覧数 (24433)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (129)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ