お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2008/04/23
  • 執筆者: Yamaoka (5:24 pm)

パシコン・荒木民生元社長ら逮捕。同じく、地検が並行して捜査するODA詐欺疑惑の新たな案件が浮上

 本紙の今朝の一報通り、世界的な建設コンサルタント企業グループ、通称・パシコンを率いていた荒木民生容疑者(71)らがついに逮捕された(写真記事=「毎日」本日夕刊一面)。
 荒木容疑者は創業者ではないが、社長時代、同グループを持ち株会社化し、その持ち株会社PCIG社長に君臨、長きに渡って同グループを支配、そして息子の会社倒産を契機に、その借金穴埋めのためにパシコングループ内にPPMという自分の意のままになる関連会社を設立、同社を通じて特別背任に手を染めていったと思われる。
 今回の逮捕容疑は遺棄化学兵器処理事業を名目とする約1億2000万円だが、この他にも、警視庁の方に告発された、本紙・山岡指摘の同社横土地を巡る事業でも、同じくPPMを通じて約1億5000万円がファミリー企業側に流れた疑惑も出ている。
 パシコンに関してはODAに絡む事業費水増し請求疑惑も出ており、東京地検はさらにこちらも詐欺容疑で捜査を進めていると見られる。こうしたなか、本紙はODA絡みの方でも、関係者から具体的案件について注目される証言を得ている。

閲覧数 (87963)
  • 2008/04/23
  • 執筆者: Yamaoka (9:50 am)

パシコン・荒木民生、ついに本日逮捕へ

 本紙がいち早くその疑惑を追及、それに対し、上告までし、未だ“恫喝訴訟”を続けている世界的な建設コンサルタント企業グループの持ち株会社「パシフィックコンサルタンツグループ」(本社・東京都多摩市)の元社長・荒木民生等3名が、ついに本日、東京地検特捜部に逮捕されるようだ。

閲覧数 (90695)
  • 2008/04/23
  • 執筆者: Yamaoka (1:30 am)

<連載>求人票に見る警視庁天下りの実態(?)「金融、証券、保険業」

カテゴリ: 警察
 本紙でも既報のように、先週発売の写真週刊誌『フラッシュ』に、ジャーナリスト仲間で、警察や検察、裁判所など、聖域になりがちな権力組織の腐敗を追及していることで知られる寺澤有氏(41。下写真)の記事が掲載された(上写真)。
 400社以上の求人票を情報公開条例で入手、併せて、200社以上の企業に電話取材することで、警視庁の天下りの実態を浮き彫りにし、大きな反響を呼んでいる。
 もっとも、1回のみの記事で、そのスペースも5頁に限られたため、せっかくの労作であるにも拘わらず、入れられなかった意見がかなりあるそうだ。もちろん、入手した生の400社以上の求人票も載せられるわけがない。
 そこで本紙では、天下り業種別に何回かに分け、寺澤氏の『フラッシュ』には入れらなかった意見を披露してもらうと共に、読者が生の求人票を1枚1枚すべて見てもらえるようにした(文末に転載)。
 第1回目は「金融、証券、保険業」を取り上げたが、その前にまずはこの取材を通じての総論的な感想を述べてもらおう。
ーー電話取材で、(1)警視庁OBを採る理由、(2)採用して良かった点、悪かった点、(3)天下り批判についてどう思うか、最低3つの質問をしたそうですが、どのくらいの割合の企業が答えてくれましたか。
「半数以上の企業が取材に対しノーコメントでした。警視庁OBを雇う正当な理由があれば、堂々と答えられるはずです。それができないのは、彼らを雇うことに後ろめたさがあるからではないでしょうか。

閲覧数 (26081)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (126)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ