お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2008/06/26
  • 執筆者: Yamaoka (11:31 pm)

「昭和ゴム」異常事態のなかで浮上した、マザーズ上場「アップルインターナショナル」の疑惑

「アップルインターナショナル」(本社・三重県四日市市)??中古車輸出と中国での新車販売、それに国内での中古車買取店「アップル」FCを展開しているマザーズ上場企業。
 このアップル社の疑惑が出て来たのは、社長など役員が次々と訴訟提起されるなど異常事態が続いている東証2部「昭和ゴム」(千葉県柏市)において、社外監査役が、輸入自動車販売に絡んで提訴した件(写真=訴状)に関して。
 昭和ゴムの子会社「ショーワコーポレーション」が外国乗用車(ベンツ)の販売に乗り出すことになり、昭和ゴムはショーワに対し、2007年1月、13億3000万円という巨額を貸し付けた。
 この新規事業進出を実現させるために、協力するといっていたのが、これに先立つ06年8月、昭和ゴムの約10億円の増資引き受けに名乗りをあげていた名証2部上場の自動車販売大手「VTホールディングス」(愛知県東海市)。
 実はこのVT社、以前からアップル社と業務提携し、株式を持ち合う関係にあった。

閲覧数 (34460)
  • 2008/06/26
  • 執筆者: Yamaoka (11:21 pm)

<心声天語>(28)地球人の生態  

映画や小説には、エイリアンやETが頻繁に登場するが、知的生命体が地球以外の星に存在するのだろうか。宇宙には、何億…そのまた何億倍もの星がある。知的生命体のいる惑星の一つや二つは…いや地球の数倍、数百倍もの文明をもつ生命体がいてもおかしくない◆一九七七年、宇宙の知的生命を探索する目的でNASA(米宇宙航空局)から惑星探査機「ボイジャー号」が打ち上げられた。同機は現在、冥王星の軌道よりも外側を飛んでいる。その距離は、太陽から地球までの八十五倍、約百二十六億キロに達し、電波が地球に届くのさえ、片道十二時間近くかかる◆ボイジャー号には、バッハやモーツアルトの音楽が記録された金属製レコードが積まれている。同機は、それを宇宙空間に流しながら飛んでいる。知的生命体がいるなら人工的な電波である音楽に反応してくれる、との理屈である◆宇宙空間にモーツアルトやバッハの曲が流れるとは、素敵な話だ。しかし今のところ、反応はない。そこで、次回はバッハやモーツアルトではなく、日本の「浪花節」に変えてみたらどうだろうか。すぐに応えてくれるかもしれない◆高度な文明をもつ地球外生命体が存在しているなら、彼らは大昔から、地球という星を観察しているだろう。そして、地球人に関する膨大な資料を前にして、『地球という惑星に住む人間たちは、欲望のために地球を汚すだけ汚し、そして奪いあい、殺しあうことに明け暮れている。なんと原始的な生命体なのだろう』と、地球人の支離滅裂な生態に首を傾げていることだろう。(和光)
閲覧数 (23071)
  • 2008/06/26
  • 執筆者: Yamaoka (2:09 pm)

大阪地検特捜部への告訴案件に登場する、あの有料老人ホーム大手「ベストライフ」

 今年5月12日、「大阪淡水魚貝」(大阪市。破産決定)という大手淡水魚介専門卸会社から現金や小切手計約3億8000万円が不正に流用されたとして、前社長の宮城章氏(横写真)が、金融ブローカーの板井(牧原)隆夫氏を詐欺や業務上横領で大阪地検特捜部に刑事告訴した。(下写真=大阪市中央卸売市場。同社は同市場で鮎やシジミを扱う国内唯一の淡水業界専門業者だった)
 全国紙では翌日の「産経」だけが報じたこの件、よくある経済事件の1つと見過ごすのは無理ないが、実は被告発人のこの板井氏、首都圏、否、有料老人ホームだけに限れば全国でも最大手と思われる「ベストライフ」(本社・東京都新宿区)と密な関わりがあったのだ。
 それどころか、そもそも大阪淡水を子会社化し、長井博實ベストライフオーナーから「関西総責任者」として派遣されたのが板井氏で、両者は上場廃止になった「丸石自転車」のゴタゴタの時に知り合ったという。
 また、板井氏は過去、病院乗っ取りグループとして最大勢力を誇っていた「新田グループ」にいたとの情報もある。
 本紙がベストライフ、そして長井オーナーを何度も取り上げるのは、人の生死に関わる重大な社会福祉事業を大々的に展開する一方で、余りにきな臭い経済事件の周辺に投資家として顔を見せているからだ。

閲覧数 (124724)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (135)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?