お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2008/06/28
  • 執筆者: Yamaoka (5:30 pm)

<連載>求人票に見る警視庁天下りの実態(12回)「メディア、広告代理店」

カテゴリ: 警察
   ○連載11回「通信・IT

 12回目の今回はひじょうに興味深い「メディア、広告代理店」を取り上げる。
 これまで同様、天下りの実態を写真週刊誌『フラッシュ』(4月29日号。冒頭写真)でレポートしたジャーナリスト・寺澤有氏(下写真)に話を聞いた。
 興味深いというのは、本来、マスコミの役割は権力チェックのはずで(いまや「死語」になりつつあり、大手マスコミの現状を考えると言うこと自体、気恥ずかしいが)、だとすれば、天下りなどないのが常識。ところが、あったのだ。大手本体では読売新聞東京本社のみ(後、朝日新聞販売サービスも)。どういうことなのか。
「私は00年7月に毎日新聞労働組合が警察取材の在り方を考えるパネルディスカッションを開いた際、外部パネリストとして招かれたことがあります。他は元神奈川新聞記者でジャーナリストの江川紹子さん。コーディネーターは毎日出身の鳥越俊太郎氏でした。その席で鳥越氏は『読売新聞は警察からネタを取るため、天下り先まで用意している』旨の発言がありましたが、それを裏づけるような結果が出たんです」(なお、このパネルディスカッションの内容は、ムック本『ニッポンの恥!』(宝島社)の寺澤氏執筆「オレはジャーナリストじゃない宣言ーー鳥越俊太郎」で述べられている)
ーー読売はアンケート調査にはどう答えたんですか。
「『従業員の経歴等に関する質問には従来よりお答えしておりません』というものでした」
ーーマスコミの本質に関する質問を、個人情報を盾に拒む。姑息としかいいようがありませんね。
「読売には自分の紙面で天下りを批判していることとの整合性に関しても質問したのですが、完全に無視されました」
ーーただ、求人先は読売のなかでも「販売局セールス指導部」、「販売局販売企画調査部地域貢献課」となっていますね。
(上写真=読売新聞本社の警視庁への求人票)

閲覧数 (25774)
  • 2008/06/28
  • 執筆者: Yamaoka (3:39 pm)

<お知らせ>「記者山岡の取材メモ」第12回=うなぎ偽装、地震予知など。第11回=原発の耐震疑惑はオンデマンド中

 インターネットTV「あっ!とおどろく放送局」から声がかかり、毎月1回(45分)の番組を持たせてもらっている。題して「アクセスジャーナルTV?記者山岡取材メモ? 」。
 告知がすっかり遅くなってしまったが、その第11回目(5月30日放送分)の原発の耐震疑惑に関しては、すでにオンデマンド(24Hいつでも見れる)になっている
 一方、6月27日には第12回目の生放送があり、今回はいつもと趣を変え、この1カ月の間に本紙が取り上げた記事のなかで、司会をしていただいている「Wコロン」のお2人に気になった記事を挙げて質問してもらう形式を取った。
 昭和ゴム警察天下り、相撲の八百長疑惑などが挙がった。他にいま旬の話題うなぎ偽装、それに家庭のペット犬と猫の異常行動をネットで収集し地震予知に役立てるプロジェクトが来年から本格的に稼働する、というちょっと変わった話題を取り上げた。
 なお、生放送は今回で終わり。次回からは月1回ペースは変わらないが、録画となる。

閲覧数 (21710)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (125)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?