お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2008/07/15
  • 執筆者: Yamaoka (9:10 pm)

<*連載*渡辺正次郎の芸能界を斬る!>「第43回 芸能人の乱れた下半身事情(下)」

 筆者・渡辺正次郎(作家・政治ジャーナリスト)。音楽専門誌の編集長の傍ら、藤圭子など多くの歌手を発掘。その後、政界に転身。二・二六事件の時に岡田啓介首相を救出、また、わが国の戦争終結に尽力した故・迫水久常参議院議員の秘書などを務める。現在は作家・政治ジャーナリストとして執筆の傍ら、政治家のブレーン、選挙参謀として活躍中。『この国の恥ずかしい人々』、『田中角栄の遺したもの』、『こんな政治家は辞職せよ!』(以上、日本文芸社)など著書多数。なお、この4月12日よりHP=「NEWS TODAY・政界、財界、官界一刀両断!!」を再開(有料。ここをクリックしても料金は取られません)。


○(中)の原稿を見たい人は、ココをクリック

 現在NHKN大河ドラマ「篤姫」が久々のまぁまぁの視聴率のようですが、原因は簡単なことです。徳川幕府の江戸城大奥の本妻(正室)、側室とその傍に侍る女たちの嫉妬と権力闘争、そう、どの一般家庭にもある永遠のテーマで、TBSの看板(現在はTBS籍はないです)石井ふく子プロデューサーの描く、嫁と姑の醜い争いを描いていることからです。
 この「篤姫」に最後の将軍“慶喜”として登場している俳優は、前回に登場している大物俳優平幹二郎と佐久間良子下夫婦の長男の平岳大です。前回と前々回に芸能界の乱れた相関図のごく一部を書きましたが、平と佐久間夫婦は双子を生して離婚したのです。その原因が平幹二郎の性癖にあることも述べました。子供を引き取って育てた佐久間は、長男の岳大が高校生の頃、役者を希望したとき大反対しました。もちろん、それは夫であった平の性癖を知られることを怖れたからです。その事実は自分たちは普通であっても、子供の精神にどんな影響を与えるかを怖れたからです。
 ですが、息子の岳大はイギリス留学を経て帰国、やはり俳優の道を選びました。もう、その頃は20代後半だったことと、同性愛の本場のイギリス留学で経験したのか、あの小泉純一郎元首相のように抵抗が無くなっていたようです。
「篤姫」など興味もなく、平岳大の演技も知りませんが、テレビ等で紹介される素顔の容貌から判断すると、クセのある二枚目として大きな役者になるような勘がします。その彼が“女性を愛すか男性を愛すか”筆者の知るところではありません。

閲覧数 (23846)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (128)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ