お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2008/07/16
  • 執筆者: Yamaoka (7:41 pm)

明日発売の『週刊新潮』が、「昭和ゴム」の特集記事掲載

 本紙で何度もその疑惑を報じて来た、東証2部、ゴム関連老舗メーカー「昭和ゴム」(本社・千葉県柏市)に関し、本紙予測通り、明日7月17日(木)発売の『週刊新潮』が3ページの特集記事を組んでいる(写真=電車などの中吊り広告該当部分)。
 一般週刊誌が、上場しているとはいえ、それほど知名度の高くない同社に関して特集記事を組むのは異例のことだ。
 ただ、同誌は以前から、今回昭和ゴムの増資に応じた企業の親会社であるAPFについて報じ、しかもそこに久間章生元防衛相という大物政治家が関係しているわけで、まさに同誌だからこそ特集記事を掲載できたといえるだろう。
 さて、その内容だが、

閲覧数 (30509)
  • 2008/07/16
  • 執筆者: Yamaoka (4:58 pm)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(162)特に危ない不動産関連上場企業

  ここに来て、不動産関連上場企業は軒並み業績悪化、いずれも危ないのでは? との噂が、兜町関係者の間で飛び交っているのはご存じの通り。
 こうしたなか、現在は実際、どこが本当に危ないではなく、どこが真っ先に危ないのか、その“順番”が話題になるレベルに至っている。
 その一方、大手の不動産関連企業にあっては、万一の場合、連鎖倒産が心配され、実際、上場している関連会社の名前まで挙がっている。

閲覧数 (22228)
  • 2008/07/16
  • 執筆者: Yamaoka (2:56 pm)

流出した硫黄島・栗林大将の孫=新藤義孝代議士の女性スキャンダル写真

カテゴリ: 政治家
 栗林忠道と言えば、太平洋戦争時、硫黄島で玉砕した陸軍大将。2006年、渡辺謙が栗林役で出演した『硫黄島からの手紙』(横写真)が大きな話題を呼んだのはご記憶だろう。
 その孫に当たるのが新藤義孝氏(50)。
 自民党所属で、3期目。現在、経済産業副大臣という要職を務めている。
 栗林大将の孫といえば、質実剛健のイメージが浮かぶが、実態は事、女性に関してはまったく異なるようで、約5年前の3期目を目指した選挙で落ちたのも女性問題が原因で、特に公明党の女性票が逃げたと言われるほどなのだ。
「英雄色を好む」の例えもあり、大目に見てもと思われる読者もいるかも知れない。だが、新藤氏の場合、妻だったA子さん(明治大学の学生時代に結婚)を地元・埼玉県川口市に張りつかせ、自分は議員宿舎で元スチュワーデスと同棲していたり、義理の妹との不貞行為、自分が経営する幼稚園の保母さんとの関係が噂されるなど(横写真=『ノンフィックスナックルズ』05年12月号・左。『週刊新潮』06年3月30日号)、度を越しているというのが関係者の一般的見方だ。
 本紙は、その新藤氏と女性B子との写真を複数入手した。

閲覧数 (38814)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (126)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ