お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2008/07/31
  • 執筆者: Yamaoka (8:47 pm)

ホテル代1500万円を踏み倒した外務省キャリアの「詫び状」を公開

カテゴリ: 政治 : 官僚
 本日、全国キーTV局並びに全国紙夕刊は一斉に、総額約1500万円ものホテル宿泊代を未払いにしていたとし、外務省経済局キャリア(40)について報じた(冒頭写真=「日経」記事)。
 もっとも、そのキャリアの名前、宿泊していたホテル名などは公表されていない。
 本紙が得た情報によれば、そのホテルとは、東京都品川区の「ホテル プリンセスガーデン」(横写真)。
 関係者によれば、1泊5万2500万円のセミスイートルームを07年4月まで約10カ月、ほぼ毎日、自宅代わりに使っていたという。
 いつまで経っても払ってくれないため、今年6月、ホテル側は請求書を送付。これに対し、そのキャリアは7月に入ってホテルを訪ね、「詫び状」を渡したという。本紙はその「詫び状」を入手したので、以下、転載する

閲覧数 (28530)
  • 2008/07/31
  • 執筆者: Yamaoka (3:05 pm)

<ミニ情報>中国産ふぐ偽装の「エツヒロ」、廃業に

カテゴリ: ミニ情報
 本紙が、安倍晋三元首相の地元・山口県下関市との官製談合疑惑もあると報じた、森敏一氏率いる本業の水産物加工卸会社「エツヒロ」が、全従業員に解雇通告したと、地元紙が本日報じている。追加情報として、転載しておく。
閲覧数 (90127)
  • 2008/07/31
  • 執筆者: Yamaoka (2:44 pm)

<ミニ情報>中国山東省のオリンピック使用予定会場で火災?

カテゴリ: ミニ情報
 中国山東省の、8月8日開催の北京オリンピック使用会場で火災が発生。使用不能になるほどのダメージを受けたが、これはテロの可能性があるとの情報が入って来た。

(注)未確認情報ながら、その発信源から確度の高いと思われるもの。また、既報道記事の、本来、わざわざ単独記事として改めて報じるほどのものではないが、伝えておいた方がいいというものに関しては、今後、ミニ情報というかたちで適時、流していくつもりです。ご期待下さい。

閲覧数 (90156)
  • 2008/07/31
  • 執筆者: Yamaoka (12:43 pm)

<心声天語>(38)根拠のない噂

映画にもなった「タイタニック号」は、当時、世界最大の客船であった。先端技術で建造されたタイタニック号は、超一流ホテル並みの施設を備え、浮かぶ宮殿ともいわれた。一九一二年、乗員・乗客二千三百三十四人を乗せたタイタニック号は、ニューヨークに向け出航した◆タイタニック号の悲劇は、四日後に起きた。右舷が突然、氷山に衝突、船体に亀裂が生じた。船長はただちにSOSを発し、救命ボートを降ろした。ところが、救命ボートの数は乗客の半分しかない。女性と子どもが優先された◆救助された乗客は、七百十一人であった。その中に「細野正文」という日本人男性がいた。事故直後に出版された英国人生還者の手記に、「嫌な日本人の男性が無理やり救命ボートに乗ってきた」と書かれてあったため『日本人は卑怯』という説が一人歩きした◆細野正文氏は、自分のために日本人のイメージが損なわれたことを亡くなる間際まで苦しんだ。しかし、真相は違った。彼の遺品の中から見つかった手記には、「日本人の恥になるまじき」とあり、「船と運命を共にしようと覚悟を決めた時、英国人の乗員から『後二人乗れる』と声がかかったので、ボートに飛び乗った」と記されてあった◆最近になってタイタニック号の遺品を管理している米国の「RMS財団」は、細野の手記を詳しく分析したところ、細野正文氏の乗ったボートと英国人手記に記されたボートは違っていたと確認、細野氏の汚名は返上された。しかし、そのことを細野氏は知らない。人間、根拠のない噂で射られるほど、悔しく、辛いことはない。(和光)
閲覧数 (23121)
  • 2008/07/31
  • 執筆者: Yamaoka (1:29 am)

元側近が証言ーー「中国版権ビジネス」詐欺の主犯・久保和史、国内潜伏か!?

 本紙は今年5月、02?03年ごろ、世界的金融機関・モルガン・スタンレーなどの社名を真似た会社を設立、並行して、「中国版権ビジネス」を持ちかけ、共に資金を詐取した挙げ句、香港に高飛びしたとされる大物詐欺師・久保和史氏(冒頭写真。53)なる人物を紹介した
 その際、彼の顔写真を誰でも閲覧できる箇所に貼り付け、情報提供を求めたが、これまで反響はなかった。
 ところが、つい最近、本紙はこの久保氏と中国版権ビジネスを行っていた元側近との接触に成功、その人物を仮にA氏としておこう、そのA氏から「国内で彼を見かけた」という重要証言を得たので、以下、報告する。
 また、これを機会に、久保氏の別バージョン写真(冒頭2点とも)も公開すると共に、改めて情報提供を呼びかけたい。

閲覧数 (30074)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (128)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ