お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2008/09/05
  • 執筆者: Yamaoka (4:03 pm)

<記事紹介>「会員制情報誌『選択』の法廷で見えた“黒い人脈”」(『ZAITEN』08年10月号)

カテゴリ: 右翼・暴力団
 9月1日発売の月刊経済雑誌『ZAITEN』が、本紙では何度か記事を紹介、マスコミ、当局関係者、政財界人の読者も多いと思われる会員制月刊誌『選択』(部数は約8万部とも。発行「選択出版」。東京都港区)と暴力団関係者との癒着疑惑を報じている(冒頭右記事。4頁)。
 選択出版といえば、04年、印刷利権を巡る贈収賄で、厚労省中堅幹部等と共に、同社専務であると共に、広告部門子会社「選択エージェンシー」(同。事件後清算)社長も務めていた人物が逮捕されている(冒頭左記事=「毎日」04年4月21日)。
 これだけでも大ダメージだが、まして本当に暴力団側と癒着していることが事実なら、雑誌の存続自体を問われかねない。
 もっとも、この記事、裁判でそう疑われるような発言が飛び出したとなっているが、予備知識のない方にはわかりづらいので、以下、解説する。

閲覧数 (32128)
  • 2008/09/05
  • 執筆者: Yamaoka (12:16 am)

<主張>自民党総裁選を盛り上げる大手マスコミの罪

カテゴリ: 主張
 自民党総裁選(9月10日告示、22日投開票)に麻生太郎小池百合子石原伸晃に加え、与謝野馨も出馬の方向だという。

ポスト福田は麻生で決まりなのに、敢えて総裁選をやるのは、安倍、福田と2代続けて政権を「投げ出した」自民党のダメージを、お祭り騒ぎで少しでも薄めるためだ。だから、自民党国会議員のなかでさえ人望も見識も実績も麻生より大きく劣るものの、“わが国初の女性首相”、“若さ”をアピールできるということで小池と石原を持って来た。自民党員、そして我々国民はバカにされているのだ。
「01年の総裁選では小泉元首相が、下馬票では圧倒的に優位とされた橋本龍太郎元首相を大差で破り、あの小泉ブームを作りました。その再来を期待し、その上で解散・総選挙に臨み、議席の減少を少しでも減らしたいということ」(ベテランの政治評論家)
 いくら自民党が能天気でも、いまさら小泉ブームの再来でもあるまい。だが、この総裁選が一種のめくらましを狙っているのは明らかだ。

閲覧数 (22446)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (130)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?