お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2008/09/18
  • 執筆者: Yamaoka (11:48 pm)

東京・銀座のトラブル相談所ーー実は、投資詐欺の2次被害にご注意!

 東京は銀座1丁目の雑居ビル(写真)の一室にその事務所はある。
 この事務所、06年1月16日放映のニュース番組『イブニング5』(TBS系)で、「行列のできるトラブル相談所」、「(被害額の)の80%は回収できる」などと宣伝されたトラブル解決の凄腕、正義の味方の相談所とされる。
 最近では、えび養殖に投資するといって約3万5000名から約850億円を集め、事件化した「ワールドオーシャンファーム」の被害相談にも乗っているという。
 ところが、実態はまったく異なり、投資金を取り返してあげるといって、そのための手数料と称してさらなる被害に会ったり、加害者側に被害者を黙らせてやるといってカネを取ったりしているようなのだ。
 実際、被害者の代理として最近、動いた者がこう証言する。
「P化粧品の詐欺商法で被害に会った人が、この事務所に相談したら、『被害額の1割払ってくれたら全額回収してあげる』というから支払った。だが、いつまで経っても何の成果もない。私が代理で文句をいいに言ったら、何と

閲覧数 (25885)
  • 2008/09/18
  • 執筆者: Yamaoka (10:02 pm)

<心声天語>(52)靴磨きの老婆 

数年前、新宿駅の歩道を歩いていた時、一人の老婆が歩道に数個の箱を並べていた。はじめは露店の準備と思ったが、靴磨きの準備をしているところだった。私も靴を磨いてもらうと思った。しかし、自分の母親のような老婆に靴を磨かせることに抵抗を感じた。私は、「老婆にとって一人でもお客が多いことはいいことだ」と自分を納得させることにした◆老婆は手に布切れを巻き、丁寧に靴墨を塗っていった。慣れた手つきが痛々しく感じられた。右足を磨き終え左足に移った時、老婆に失礼がないように「寒くないですか」と話しかけてみた。すると彼女は、やさしい笑顔で、陽気に応えてくれた◆老婆が言うには、新宿駅西口界隈で十数年前から靴磨きをし、一日約20人?30人の靴を磨いて約一万円から一万五千円の収入を得ているという。それを聞いて、靴磨きで生計を立てるに至った彼女の人生は、人に言えない波乱の運命を歩んできたのではないだろうか…と老婆の人生を勝手に想像してしまった◆数日前、テレビで、働かない若者たちを取り上げる「ネットカフェ難民」の番組が放映された。今日の日本では、働かない若者たちが急増、深刻な社会問題になっている。番組を観ているうち、靴磨きの老婆を思い出した◆老婆が靴磨きをしなければならない事情は、しらない。しかし、八十歳を超えた老婆が厳しい寒さの中で老体にムチうちながら働いている姿は、生きていくためには一生懸命に努力しなければならないことを教えてくれた。あの時の老婆は、今どうしているのだろう…床に入る前、シワだらけの老婆の手が“懐かしく”浮かんできた。(和光)
※このコラムは以前に掲載したものを、好評につき、手直して再掲載したものです。
閲覧数 (20925)
  • 2008/09/18
  • 執筆者: Yamaoka (1:19 am)

丸山茂樹の黒い交遊関係や問題を放任する奥田碩トヨタ自動車前会長(上)

本紙は4度に渡り、プロゴルファー・丸山茂樹選手の疑惑(暴力団関係者との交際や、所有ゴルフ場を巡る問題)を取り上げて来た。
 その丸山選手は2003年からトヨタ自動車と所属契約を結んでいる。推定1年1億円以上と思われる。
 そのトヨタ自動車のトップに君臨していた奥田碩氏が会長(日本経団連会長も。06年5月)を退き(06年6月)、(社)「日本ゴルフツアー機構」(JGTO)の理事に就任したのは06年9月のことだった(冒頭写真=「JGTO広報誌「TOURNEWS」06年10月2日号)。
 JGTOはプロゴルファー全員が所属。ツアートーナメントのほとんどを主催している。
 一方、本紙既報のように、丸山選手の黒い交遊関係など一連の疑惑を記した「内部告発文書」が、JGTOなどに送りつけられたのは07年11月ごろのことだった。
 したがって、奥田氏はこの件に真摯に対応する責任があった。
 これだけ聞けば、読者の方は一理事の奥田氏だけの責任を追及するのはいかがなものかと思われるかも知れない。
 説明しよう。
 奥田氏は確かに肩書きだけ見れば理事の1人に過ぎない。だが、08年3月、トヨタ自動車の子会社社長だった小泉直氏がJGTO会長に就任。それは奥田氏が中心になって画策したことで、JGTOは実質、トヨタ自動車並びに奥田氏(現在もトヨタ自動車取締役相談役)が牛耳っているのだ。
「07年10月、奥田と森喜朗元首相、電通の会長だった成田豊、それにJGTO前会長だった島田幸作らが一同に介したと告発文書に出ていましたが、本当ですよ」(事情通)
 ところで、その告発文書を契機に、『フライデー』(08年1月4日号。上写真)が記事に。ここに至り、07年12月下旬、丸山選手はトヨタ自動車東京本社に奥田氏を訪ね謝罪したが、その際、奥田氏はどういう態度を取ったのか。

閲覧数 (92841)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (128)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?