お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2008/09/28
  • 執筆者: Yamaoka (5:51 pm)

再び浮上して来たエイベックス・松浦社長のクスリ疑惑等 の背景(追加)

 この時期、東証1部「エイベックス・グループ・ホールディングス」(本社・東京都港区)の松浦勝人社長(写真)などのクスリ疑惑が水面下で注目を浴びている大きな理由がもうひとつあった。
 実はある関係者の情報提供を受け、警視庁は捜査を密かに進めていたのだ。それもこの9月半ばまでのことだ。ところが、突如、その情報提供者が協力を拒んだため、捜査は立ち消えになったというのだ。

閲覧数 (98330)
  • 2008/09/28
  • 執筆者: Yamaoka (5:22 pm)

<書籍紹介>『西宮冷蔵 魂の内部告発』(鹿砦社)

カテゴリ: 医療・健康
「三笠フーズ」による事故米の食品流用など、あいかわらず食に関する偽装が後を断たない。
 こうした事件の先駆けともいえるのが2002年1月に発覚した雪印食品の偽装牛肉事件だった。この件は、偽装の舞台になった「西宮冷蔵」の水谷洋一社長の内部告発によって明らかになったのだが、その西宮冷蔵は告発後、解体した。
「西宮冷蔵をそのままにしておくと、またどこかの業者が内部告発されるかもしれいない。(偽装を見過ごす)政官(と偽装する)財にタテつくと西宮冷蔵みたいになるぞ。うちを見せしめにして、倉庫業者いや全国民を黙らせようとした」(同書より)
 現在、西宮冷蔵は再建を目指しているが、その間の歩みが昨年には映画『ハダカの城』、今年7月にはNKHドラマ『たったひとりの反乱』(45分)になった。

閲覧数 (25863)
  • 2008/09/28
  • 執筆者: Yamaoka (12:40 am)

再び浮上して来たエイベックス・松浦社長のクスリ疑惑等 の背景

 ダンス系音楽で急成長し、いまやアジアにも照準を向けたわが国を代表する音楽・映像コンテンツ、並びに浜崎あゆみを始めとする多くの大物アーティストを抱えるエンターテインメント会社「エイベックス・グループ・ホールディングス」(本社・東京都港区。松浦勝人社長=写真)。
 東証1部に上場し、売上高は1000億円を超える(08年3月期は1046億円)。
 そのエイベックスに対し、複数の政治団体が「公開質問状」を出したり、街宣が行われたのは本紙で6度に渡って報じたように、約3年前のことだった。内容は松浦社長や所属有力歌手のクスリ疑惑、暴力団関係者との関わりなどについてだった。
 もっとも、この動き、街宣禁止の仮処分が認められたことなどもあり、曖昧なまま立ち消えになったのだが、最近、一部マスコミに松浦社長のクスリ疑惑などのネタが再び持ち込まれ、一部事情通の間で話題になっている。水面下で何が起きているのか。

閲覧数 (97964)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (130)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?