お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2008/10/24
  • 執筆者: Yamaoka (4:30 pm)

上場廃止になったアスキーソルーションズの最後の失権第3者割当でも暗躍している仕手グループ(追加情報)

 本紙は昨10月24日の同タイトル記事で、上場廃止になった「アスキーソルーションズ」の第3者割当、それにマザーズ上場、携帯電話向けソフト開発の「コネクトテクノロジーズ」(東京都新宿区)の資金調達先にも共に「渡邊一史」なる同一人物が登場することを指摘、彼はあくまでダミーに過ぎず、彼の背後で暗躍している同一の有名仕手筋がいるとの見解を述べた。
 ちなみに、この渡邊氏を良く知る人物によれば、前身の「エフワン」(京都市)社名時代はデザイン会社としていまより業績はよく、上場を目指すとして「ティグレ(中企連)」(大阪市中央区)に働きかけたり、東京支社を設けたとのこと。
(冒頭写真=コネクトのチャート図。アスキーソルーションズ同様、現在、株価が異常高騰)

閲覧数 (33154)
  • 2008/10/24
  • 執筆者: Yamaoka (5:30 am)

<心声天語> (60)「意見の相違」

昔、インドに目の不自由な三人の坊さんがいた。ある日、坊さんたちは、象を手で触って意見を述べあった。象の尻尾に触ったお坊さんは「象は紐のような動物」と言った。像の足に触って坊さんは「いや、象は樹木のような動物」。像の耳に触った三人目のお坊さんは、「象は風呂敷のような生き物」と主張しては、互いに一歩も譲らなかった◆「十人十色」と言う言葉がある。物事の見解はそれぞれの考え方と経験で異なる。目の見えない坊さんたちにとって、象がいかなる動物かを判断すべく象の尻尾、足、耳に触れた場合、そこから得られる確信は、異なるのが当たり前だ◆家庭から国家まで、どんなところでも意見が交わされる。とくに政治の世界では、「日本のために」との名分を掲げて激しい論争を繰り広げている。国民から選ばれた先生方は、自分の考え、見解こそが絶対だとして熱弁を振るっている。なるほど、どちらの意見、主張にも一理ある。しかし、「これこそ絶対」というものは存在しない◆人と人、組織と組織、国と国…、側の論理とエゴをぶつかりあう。ところが、意見がぶつかりあっているうちはいいのだが、意見の隔たりが大きくなると感情がエスカレートして、争い、暴力事件にまで発展してしまう場合も少なくない。些細な意見の相違から殺人事件にまで至ることも多々ある◆まったく反対の性質をもつプラスとマイナスから電気が生まれるように、自分と違った考えや見解に接することで知恵が芽生える。そしてその知恵は、我々の意識を刺激して活気という賑わいを生じさせる。細い尻尾と風呂敷のような耳、そして、樹木の足が集まって「象」になるように……。(和光)
閲覧数 (23091)
  • 2008/10/24
  • 執筆者: Yamaoka (5:20 am)

上場廃止になったアスキーソルーションズの最後の失権第3者割当でも暗躍している仕手グループ

「アスキーソルーションズ」といえば、アスキーのネットメディア事業を起源とし、パッケージソフト販売などでヘラクレスに上場していたものの、架空売り上げを計上するなどした有価証券報告書の虚偽記載で今年5月に上場廃止になったのはご存じの通り。
 その後、7月に「エー・エスー・アイ」に社名変更。その直後、民事再生法を申請し、現在、再建途上にある。
 そのアスキーソルーションズが最後の第3者割当を発表したのは今年3月14日のことだった。調達予定額は7億3000万円。
 しかし割当先だった1個人、1投資事業組合、1企業すべて期日の3月末までに払い込まなかったため失権した。
 この件、ある注目仕手グループが関与、狙いは株価を上げて(冒頭写真=チャート図参考のこと)売り逃げすることで、当初から払込つもりはなかったとの情報提供があったので以下、報告する。

閲覧数 (30747)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (128)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?