お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2008/10/25
  • 執筆者: Yamaoka (5:10 pm)

<書籍紹介>『誰が日本の医療を殺すのか』(本田宏。洋泉社)

カテゴリ: 医療・健康
 10月4日、東京都で発生したこの妊婦死亡事件はさすがに衝撃的だった(冒頭写真=「毎日」10月23日)。多くの国民は、そこまで公立病院の医師が不足していたのかと、認識を強くしたはずだ。
 こうなると、医師不足の解消→財源確保→増税=国民合意の契機にもなり得るようにも思えるが、本書の本田宏「済生会栗橋病院」(埼玉県さいたま市)の副院長兼外科部長は「国、厚労省のお役人に騙されるな!」と叫ぶ。
 本田の主張は極めて単純明快だ。
 産婦人科に限らず、今日、これだけ医者が不足しているのは、借金が増え続けていることに危機感を抱いた国が、闇雲に医療費削減を目指し、結果、医師はそもそも不足していたにも関わらず、逆につい最近まで削減していたからだという。

閲覧数 (25575)
  • 2008/10/25
  • 執筆者: Yamaoka (2:50 pm)

「北朝鮮重大発表」と関連? 中朝国境で異変が……

カテゴリ: 国際 : 北朝鮮・韓国
 中朝国境に両国の軍隊が結集しているとの情報は、本紙でも既報の通りだが、今度は、その北朝鮮側である異変が起きているとの情報が本紙に届いたので報告する。(写真=「日経」10月21日記事)
 同じことは、北朝鮮の金正日総書記の父・金日成国家主席(当時)が死去した(1994年7月8日)時期にも起きたという。

閲覧数 (27344)
  • 2008/10/25
  • 執筆者: Yamaoka (2:20 pm)

あのBBHが「中野サンプラザ」からついに撤退へ

“都民の憩いの場”である「中野サンプラザ」(冒頭左写真)の運営が経営難、それに民活導入の流れのなか、04年12月から民営化され、実質、ジャスダック上場の「BBH(旧ビジネスバンクコンサルティング」(東京都新宿区)が牛耳って来た。
 その結果、黒字化したのは結構なことだが、民営化から10年後、中野サンプラザは民間に完全売却されることになっているが、その際の利権がBBH側に過度に行く可能性があることから、以前から、中野区関係者の間では区長、助役などの首脳とBBHとの癒着疑惑が出ていた
 そこに持って来て、その後、BBHと、同社取引先だった複数の会社との別件取引上のトラブルから訴訟が起き、BBHと大島一成創業者兼前会長(冒頭右写真)に関して他にも数々の疑惑が出ていたのは、本紙既報の通り
 こうしたなか、中野区は方向転換し、10月24日の本会議で、補正予算を組んで、区主導の運営に切り替えた。

閲覧数 (85161)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (125)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?