お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2008/10/26
  • 執筆者: Yamaoka (7:10 pm)

SFCGに、今度は不良債権飛ばし疑惑浮上

カテゴリ: サラ金 : SFCG
 信用不安説(冒頭写真=「夕刊フジ」10月3日号)に加え、反社会勢力との取引など、数々の疑惑が出ている東証1部上場、商工ローン大手「SFCG」(旧商工ファンド。本社・東京都中央区)。
 本紙はその疑惑について、率先して報じて来たが、今度は不動産を担保に融資したものの不良債権化、しかし、折からの地価下落のなか、売却しても損失が出るため、身内のダミー会社に高値で買い取らせる、不良債権の飛ばしをやっていると思われる具体的な物件を多数見つけたので以下、報告する。
 一例を挙げよう。
 東京都台東区内に11階建ての高級マンション(横写真。2点とも)がある。
 同ビルの所有者はわずか2年ほどの間にめまぐるしく変わっている。
 現在の所有者はT社(東京都中央区)。その4カ月前まではT社(大阪府東大阪市)。その6カ月前まではB社(仙台市)。さらにその1年前まではV社(東京都台東区)。
 そのすべてに、SFCGを債権者とする抵当権が設定され、その設定額は所有者が移る度に増えている(2350万円→3400万円→4000万円→6000万円。これは一部屋の価格)。
 100歩譲って、あり得ない話だが、偶然、どの所有者もSFCGから借り入れしたとしよう。だが、以下のような偶然はあり得ないだろう。

閲覧数 (24660)
  • 2008/10/26
  • 執筆者: Yamaoka (9:20 am)

本紙既報の明治安田生命の不払い訴訟、原告側敗訴、控訴

 すっかり報告が遅くなってしまったが、本紙既報の、注目の「明治安田生命」(本社・東京都千代田区)を被告とする生命保険金の不払いに対する請求訴訟は9月12日に判決があり、裁判所は原告側の請求を一切認めなかった(冒頭写真=「判決文」)。
 これに対し、原告は「到底受け入れられない」として控訴した。
 本紙がこの裁判に注目したのは、個人であれ、企業であれ、不払いを巡ってトラブルになった場合、生保側の不払い(支払い漏れ)の姿勢が今日、これだけ表面化しているにも拘わらず、訴訟で保険加入者の主張が認められるのは、本紙で大きく報じたソニー生命の件など未だごくごく稀ななか、本訴訟では、加入者側(原告側)には明治安田生命の主張(不利な保険解約をして、再契約したのは、「まとまったお金」=解約返戻金を加入者が欲したから。解約しなければ、保険金は下りていた)を覆すに足ると思われる物証(担当生保レディーとのこの間の経緯に関して問い質す会話を録音したテープ)があったからだ。

閲覧数 (92697)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (130)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?