お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2008/11/02
  • 執筆者: Yamaoka (8:45 pm)

民主党のマスコミ接待リストーー上杉隆氏の釈明

カテゴリ: 報道・マスコミ
 本紙は10月28日、民主党の中堅国会議員8名が、政権交代を見据え、軽井沢に1泊ゴルフ付きで、本紙が把握している限りでは大手マスコミ等5名を接待した疑惑を報じた。
 そのなかには、1名のみフリー記者が含まれていた。著名な上杉隆氏(40)だったし、他の4名は組織の所詮歯車に過ぎないところ、上杉氏は主体的に出たと思われるので、彼の名前だけはリストから消さなかった。
 そのために、上杉氏へこの件での問い合わせ等がかなり殺到しているようで、英国にいる上杉氏本人から約1時間前、国際電話があり、釈明して来たので以下、報告する。
 なお、もっとも肝心なことを最初に言っておくと、上杉氏曰く、指摘通り、この接待の席には出ているが、しかし一切の費用は自腹を切っているとのことだった。

閲覧数 (29468)
  • 2008/11/02
  • 執筆者: Yamaoka (10:00 am)

<ミニ情報>「東邦グローバルアソシエイツ」に対し債権差押え命令出る

 上場企業といっても大証2部で、木造住宅主体であるにも関わらず、2014年開催予定のロシア・ソチ市での冬季五輪開催に合わせ、人工島建設を受注できるとブチ上げ、株価を高騰させた「東邦グローバルアソシエイツ」(旧千年の杜)。
 これに関し、数々の疑惑が出、本紙でも取り上げて来たが、同社に対し債権者から申立があり、10月24日、東京地裁より同社に債権差押及び転付命令が送達されたという。
 もっとも、これに対し、同社は強制執行停止申立を行い、10月30日、これが認められている。 それにしても、なぜ、こんなことになったのか。
(冒頭写真=株価チャート図。9月に少し持ち直したものの、今回の件で再び下落か)

閲覧数 (31859)
  • 2008/11/02
  • 執筆者: Yamaoka (8:50 am)

大阪地検が詐欺容疑で、小室哲哉周辺者から事情聴取

カテゴリ: 芸能・アイドル
 本紙は10月30日、「大阪地検が超大物音楽プロジューサー等をターゲットに捜査!?」なる記事を報じたが、このプロジューサーとは「小室哲哉」(49。写真)を指す。
 関係者からより詳細な証言が取れたので、タイトル等に実名を出すことにした。
 なお、前回記事では、小室も関わる音楽関連会社E社のオーナーである早川優氏も、共犯の可能性があるように書いたが、その早川氏、人を通じて「事実無根」と抗議して来たことを報告しておく。
 その仲介者によれば、地検が狙っているのは小室と、告訴状を出している芦屋の資産家S氏を小室を仲介した人物の2名とのことだ。

閲覧数 (26514)
  • 2008/11/01
  • 執筆者: Yamaoka (5:10 pm)

大手マスコミ・警察一体の“弱い者イジメ”に苦言なしーー東京地裁、報道で種明かし「適法」判決

カテゴリ: 報道・マスコミ
  10月30日、マジシャン98名が「日テレ」と「テレ朝」を相手取った損害賠償請求訴訟(計約420万円)の判決があり、東京地裁は「事件をわやりやすく説明するための報道で、違法性はない」としてマジシャンの主張を退けた。
 警視庁は2006年、コインにタバコを通して見せる手品(冒頭写真)をする際の穴あきコインを輸入したことが、貨幣損傷等取締法違反に当たるとしてマジシャンを逮捕(その後、執行猶予付き有罪判決確定)。その逮捕報道の際、両テレビ局は実演を交え、この手品の種明かしをしたため、「財産権を侵害された」としてマジシャン側は訴えていた。
 本紙ではこの件、過去2度報じているが、その時も述べたことだが、この事件で本当に問われるべきなのは、なぜ、多くの凶悪犯罪が発生しているなかで、あえてマジシャンの手品の小道具の件で事件を作り、大手マスコミはこれに何の疑問も挟まず、それどころか、マジシャンの生活権を脅かすような報道をしたのか、という点だ。

閲覧数 (27867)
  • 2008/11/01
  • 執筆者: Yamaoka (2:30 pm)

<主張>「SFCG」、今度は借主・保証人等が「理由無く一括返済を求められた」と一斉提訴

カテゴリ: サラ金 : SFCG
 信用不安説、そして不良債権飛ばしなど数々の疑惑が浮上している大手商工ローン、東証1部の「SFCG」(旧商工ファンド。本社・東京都中央区)だが、借主や保証人等計75名が本日、「理由がないのに一括返済を求められ、精神的苦痛を被った」などとして損害賠償を求め、全国7地裁に一斉提訴した。
 大島健伸代表(冒頭右写真)は同社HPで、この件に関し、「訴状を見ていない段階では一切関知できない」としているが、実際、本紙も通常あり得ない強引な取立て事例を聞いており、こうした事態になることは十分予測できたはずだ。
(冒頭左写真=返済が1度、1日遅れただけで、もう連帯保証人に一括返済を要求する書類)
*弁護団の相談ダイヤル(0120・711・499。平日午前10時?午後5時)
閲覧数 (24753)
« 1 2 3 (4)
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (135)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ