お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2008/11/10
  • 執筆者: Yamaoka (2:50 pm)

<記事紹介>「麻生太郎を巡る闇?『ホテルのバーは安いのか』」(田中みのる。「社会新報」11月12日)

カテゴリ: 政治家
「ホテルのバーは安いところだ」と感想を漏らした麻生首相。むろん、そんなわけがなく、庶民感覚とのズレを露呈したわけだが、大手マスコミの報道だけでは、その感覚のズレが修正しようがないほど乖離していることがわかり辛い。なぜなら、麻生首相のよく利用するバーが会員制、それも最高級クラスであることに触れていないからだ。
 確かに、ホテルのバーだって、カクテル1杯1000円で飲めるところもあり、それで麻生首相のいうように“安全”でもある。これだけ聞けば、そう批判することでもないとの声も出て来そうだ。
 その点、国立病院との癒着疑惑に続くこの連載では、麻生首相のよく利用する帝国ホテル内の「ゴールデンライオン」(冒頭写真2点とも)という会員制バーの入会金が52万5000円、年会費が12万6000円することをキチンと報じている。これで「安い」という感覚は、明らかに国民不在の政治ゴッコをやっているとしか思えない。

閲覧数 (29018)
  • 2008/11/10
  • 執筆者: Yamaoka (10:40 am)

「会津小鉄会」に異変か!?

カテゴリ: 右翼・暴力団
 五代目会津小鉄会といえば、京都市に本部を置く広域暴力団。93年、山口組と親戚縁組し、現在はトップの図越利次会長が、山口組トップの司忍6代目の代紋違いの舎弟になっている。
 構成員は当局発表によれば、昨年末で約660名とされる。
 その会津小鉄会の異変とは、人事に関することだ。
(写真=図越5代目。「日本ヤクザ地図2002年版」(竹書房より)

閲覧数 (34941)
  • 2008/11/10
  • 執筆者: Yamaoka (5:40 am)

<心声天語> (65)「翼よ、あれがパリの灯だ」

米サイエンス雑誌に、二十世紀で最も大きな影響を与えた発明は「電話」と「テレビ」と「飛行機」とあった。そして、その中で一番発達したのが航空技術と記されていた。ライト兄弟が初めて空を飛んだのが一九〇三年、最初は三十二メートル、四回目には二百六十メートルを飛んだ。あれから百年、今では何百人もの乗客を乗せて飛ぶ旅客機まで登場した◆人類の初飛行から十六年後、ニューヨークのある事業家が、ニューヨーク=パリ間を無着陸で飛行した者には二万五千ドルの賞金を出すと発表した。当時の飛行機の性能から無謀といえるこの試みに六人が名乗りを上げたが、みな命を落とした◆一九二七年五月、暗くなったパリの上空に一機の単発飛行機が姿を現した。二十五歳の米青年、チャールス・リンドバーグが操縦する「スピリット・オブ・セントルイス号」である。前日の午前八時、パリから五千八百キロ離れたニューヨークを飛び立って以来、三十三時間余り一睡もしないで飛び続けた。彼は、エッフェル塔の灯りが見えた時、「翼よ、あれがパリの灯りだ」と呟いた。この言葉は、後に映画の題名にもなった◆一介の郵便飛行士から世界の英雄となったリンドバーグ青年は、英国の国王ジョージ五世に招かれ、英国へ帰る時はわざわざ米海軍の軍艦が派遣された。米大統領は、チャールス・リンドバーグ青年を国民的英雄として出迎えた◆飛行機というものを発明した人類の叡知は素晴らしいものだ。しかし、それ以上に素晴らしいのは、命をかけて未知なる可能性に挑んできた人たちの、情熱や勇気である。(和光)
閲覧数 (22186)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (135)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ