お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2008/11/20
  • 執筆者: Yamaoka (3:40 pm)

今度は第3者割当等払込完了でも、やはり消えない「オープンループ」の疑惑

 11月12日、ヘラクレス上場の人材派遣会社「オープンループ」(本社・札幌市)は、第3者割当による新株発行の3億3600万円と、2543万2000円の新株予約権の払込が完了したと発表した
 同社は今年8月28日、約5億円の第3者割当を発表したものの、9月の払込期日までに引受予定者は一銭も払い込まず、失権していた
 そうなった背景には、本紙既報の空増資疑惑報道に引受予定者が恐れを無し、協力を断ったとの見方も出ていた。
 本紙は今回も同様の疑惑があると報じた
 また、筆頭株主だったジャスダック上場のファンド運営会社「クオンツ」側は発行差し止め処分の申立を行ったが、札幌地裁はこれを認めなかった
 この結果、今回は払込は完了し、引受手の「エスケイ・キャピタル」(冒頭左写真=本社入居ビル)が40・39%の筆頭株主に躍り出、クオンツ側の持ち分は従来の約35%から約21%にまで低下した。
 クオンツの経営権から脱したかった創業者兼社長の駒井滋氏(同右写真)、目的を達してさぞかし満足であることだろう。
 こうしたなか、今回はそれなりの資金元が見つかったからとの見方もないではない。某大手IT系企業の名前も出ている。
 だが、結論をいえば、残念ながらそれは「NO」と言わざるを得ない。

閲覧数 (33381)
  • 2008/11/20
  • 執筆者: Yamaoka (3:20 pm)

小渕優子大臣だけじゃない。麻生首相人脈にも繋がっていた沖縄「金秀商事」の賞味期限切れ問題

カテゴリ: 政治家 : 汚職(疑惑)
 県最大の建設会社「金秀建設」も擁し、沖縄財界では有数の金秀グループ傘下の大手スーパー「タウンプラザかねひで」の賞味期限切れ商品大量販売問題(下写真=「琉球新報10月1日)に、小渕優子小子化大臣の沖縄後援会代表が経営する倉庫会社も深く関与していた疑いがあることを本紙は今年10月5日に報じた
 だが、この沖縄後援会代表と接点があったのは小渕大臣だけではなかった。他でもない、それは麻生太郎首相だったのだ。
 というのはこの人物、次期沖縄県知事の有力候補ともいわれるだけでなく、すでに2009年度の日本青年会議所会頭(JC)に内定しているからだ。
 麻生首相自身、麻生財閥の御曹司として1978年、このJC会頭に就任していた(任期は1年)。
 麻生内閣で官房副長官を務める鴻池祥肇代議士(麻生派)も80年、斉藤斗志二代議士も84年度のJC会頭を務めている。
 今年10月12日、静岡県浜松市でこのJCの全国大会が開催されたが、そこには麻生首相も駆けつけ挨拶を行っている。
 JCメンバー資格は20?40歳までに限られるが、そのメンバーは約26万名、OBまで含めると実に250万名にもなり、各界で活躍しているため、同団体は大きな影響力を持つ。
『週刊現代』は今年7月19日号で、麻生首相の(元)愛人宅がタニマチ名義なっていたことをスッパ抜いている(冒頭写真)が、実はこのタニマチもJCと深い関係があった。

閲覧数 (28354)
  • 2008/11/20
  • 執筆者: Yamaoka (10:30 am)

<心声天語> (68)「虚しい国家、日本」

最近は、朝起きると真っ先にインターネットでニュースを観る。インターネットには、麻生首相のパフォーマンス的振る舞いからサブプライム問題、スポーツ、芸能まで、様々な出来事が掲載されている。それも無料である。世界の出来事が瞬時にわかるインターネットは、まるで魔法のようなツールでもある◆ある日、インターネットでおもしろい記事を発見した。飲食店から出る匂いで売り上げが減少した洋品店が、ビルのオーナーを訴えたというニュースだ。裁判所は、洋品店主の言い分を全面的に認めて賠償金の支払いを命じたそうである◆飲食店で匂いが出るのは当たり前だ。それを…客の入りが悪いのは飲食店の匂いが原因だとして訴える方が、どうかしている。さらに、それを認める裁判官も裁判官だ。訴訟社会の米国では何でも訴訟に持ち込むのが常識になっているが、日本も最近、米国のようになってきている◆こんな記事もあった。十五歳の女子中学生が通学電車で痴漢にあったことを聞いたお父さんが、娘に同行して痴漢行為した六十歳の男を現行犯で捕まえた。また、鹿児島では定年を一年後に控えた警察官が「女性のパンツ一枚」を盗んで下着泥棒で捕まった◆日本の出来事を眺めていると、日本は実に平和な国に思えてくる。大きな事件や一大事が起こらないことはいいことだが、小学生に携帯電話を持たせない論議が繰り広げられているに至っては、他の国が羨むほどの平和で豊かな国としか思えない。しかし、その平和で豊かな社会が世界で一番、無気力で虚しい国に感じられる。(和光)
閲覧数 (22765)
  • 2008/11/20
  • 執筆者: Yamaoka (7:50 am)

当局も注目する「シルバー精工」の会社買収案件

 東証1部上場、編み機縮小し事務機やミネラル水生成器展開も経営難が続く「シルバー精工」(東京都新宿区)は10月31日、特別損失の計上と、それによる業績予想の修正を発表した。
 連結子会社の事業が、事業環境の悪化により進まないので、念のためにこの連結子会社取得時ののれん代に関して減損処理することにしたとして、特別損失を単独では37億4800万円、連結では44億2000万円計上した。
 そのため、2001年3月期の連結業績予想は純利益49億円もの大幅赤字になるという。
 もっとも、すでに株価は10円以下に突入するような状況故、いまさら大幅な株価下落も起きなかった。問題は、この連結子会社が「創研」(本社・長野県上伊那郡南箕輪村。写真=東京支店の入居ビル)という事実。
 本紙は昨年2月、シルバー精工の経営に介入した闇人脈が、同社から資金を引き出すために、価値のない会社をシルバーにベラボー名な高値で買わせた疑惑を報じている。
 その会社が創研であり、今回、「事業環境の悪化」などを口実にしているが、その買収額は39億円だったことを思えば、まさに懸念通り、無価値な会社を買収していたことを同社自身が認めたということだ。
 なぜ、ここに来てシルバーはそんな行動に出たのか。それには、ある理由があった。

閲覧数 (33305)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (133)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ