お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2008/11/22
  • 執筆者: Yamaoka (2:50 pm)

<お知らせ>メンテナンスのため0時から午前6時まで閲覧などすべて停止します

カテゴリ: お知らせ
 いつも読者の皆様には大変お世話になっております。
 さて、急ですが、23日(日)の午前0時から午前6時までの6時間、閲覧などあらゆる操作ができなくなります。
 先日、長期間に渡り不具合が生じ、皆様方に多大なご迷惑をおかけしましたが、ようやくにして、別のサーバーへの移行が進み、その完了前の最終確認としてどうしても必要不可欠なメンテです。
 これをもちまして、完全復旧となりますので、何卒ご理解下さい。
閲覧数 (22723)
  • 2008/11/22
  • 執筆者: Yamaoka (1:30 pm)

<主張>映画『ポチの告白』試写を見て

カテゴリ: 警察 : 不祥事
 本紙で以前も紹介したこの映画の試写を昨日、観てきた。
 途中から泣けて来て、どうしようもなかった。
 その分析は後述するとして、そのタイトルからも察せられるように、ポチ=権力者には従順で、それでいて否、だからこそ裏ガネ作りなどに平気で手を染める警察組織の腐敗を、組織犯罪対策課の主人公刑事タケハチ(菅田俊)を通して描いた社会派エンターテイメント映画。
 拳銃の押収実績を上げるため、押収したシャブを売ってカネを作り、それで拳銃を買って見せかけの実績を上げて行く警察犯罪を描いたこの映画の根幹ストーリーは、フリージャーナリストの寺澤有氏(ウィキペディアの評価が辛口なのは、それだけ警察批判が徹底している裏返しだろう)が取材で知り得た実話が元になっている。
 その他にも、交番勤務の先輩警官がバレないとして“住民名簿”を見せながら気に入った女性への強姦を新人に勧めたり、昔の不良仲間を警察権力を背景にボコボコにしたり、シャブ中毒になった警官、違法なオトリ捜査、暴力団との提携、それでいて筋を通さないためマフィアの怒りを買いオトリ警官が殺されるなど、これでもかと具体例が出て来る。
 こうした面は、汚職を拒否したため、警察仲間のワナにかかり殺されそうになった主人公警官(アル・パチーノ)の告発を取り上げた米映画『セルピコ』(1973年。上写真)を彷彿させる。
 だが、これまでわが国ではこの手の作品がなかったことが、映画の公開年数の差同様、30年以上遅れていることを物語っている。

閲覧数 (27034)
  • 2008/11/22
  • 執筆者: Yamaoka (9:10 am)

元厚生次官宅連続襲撃事件の背景

カテゴリ: 医療・健康
 このショッキングな事件、時節柄、「年金テロ」との見方が有力になっている。
 だが、厚労省上部にルートを持つ関係者が本紙に漏らした見方はまったく異なっていた。
 まだ捜査は始まったばかりで、この事件に関する材料は極めて乏しいが、一つの見方として、以下、紹介する。
(写真=「毎日」11月19日)

閲覧数 (26780)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (135)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ