お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2009/02/08
  • 執筆者: Yamaoka (3:10 pm)

Xデーに向けての債務逃れ!? SFCG・大島健伸社長の自宅に100億円抵当権

カテゴリ: サラ金 : SFCG
 本紙は2月3日、「Xデーに向けての準備か!? 『SFCG』巡る最近の動き」なるタイトル記事を報じた
 その記事の最後で、「もっと確かな動きを察知している」と記したが、その一つが、大島健伸「SFCG」(東京都中央区)社長(冒頭左写真)の、都内でも最高級住宅地とされる渋谷区松涛の自宅(同右写真)に関する不可解な動きだった。
 豪邸が並ぶ同地区にあっても、大島氏の自宅は一際目立つ。何しろ、地上2階、地下2階のこの自宅は建坪だけでも112坪、のべ床面積は1725?という広大さなのだ。敷地内には、「守衛所」まで建っている。
 大島氏が地主からこの土地を購入したのは96年1月。正確にいえば、その時の購入者はSFCGの親会社「KEホールディングス」(約45%)のさらに親会社(約55%)である大島氏のファミリー企業「ケン・エンタープライズ」だった。
  そして、この土地に現在の豪邸が建てられたのは99年11月のことだ。
 ほどなくその所有権は土地、建物とも「日本鑑定評価センター」、現在は「ブルーバード」という法人に移っている。
 だが、日本鑑定はその後、前出ケン・エンタープライズに合併されているし、ブルーバードの前の代表は大島氏の妻(前出・ケン・エンターの代表でもある)といった事実からすると、実質、一貫して大島氏の所有といっていいだろう。
 その自宅の謄本に変化が起きたのは1月30日のことだった(校正された登記が閲覧できるようになったのは2月6日)。
 正確にいうと、無担保だったところに、突如、100億円もの(根)抵当権設定(仮)登記がなされたのだ。

閲覧数 (25427)
  • 2009/02/08
  • 執筆者: Yamaoka (8:30 am)

<お知らせ>「記者山岡取材メモ」19回=特別鼎談「警察の不正ーー映画『ポチの告白』を巡って」(マッド・アマノ。寺澤有。本紙・山岡)

カテゴリ: お知らせ
 インターネットTV「あっ!とおどろく放送局」から声がかかり、毎月1回(45分)の番組を持たせてもらっている。題して「アクセスジャーナルTV?記者山岡取材メモ? 」。
 その第19回目はすでにオンデマンド(24Hいつでも見れる)になっている(ココをクリック)。
 今回は、特別企画として、警察の腐敗を描いて大きな話題を呼んでいる映画『ポチの告白』(横左写真=ポスター)の紹介を兼ねて、2人のゲストを呼んで、警察の不正に関して鼎談を行った。
 1人は本番組に過去に出たもらったこともあるジャーナリスト仲間で、この映画の原作にも関わった寺澤有氏(上右写真左人物)。そして、もう1人はわが国を代表するパロディストのマッド・アマノ氏(同中央人物)。パロディーを通して徹底した権力批判を行っており、警察の不正にも一家言を持つ。最近出した著書『マッド・アマノの「謝罪の品格」』(平凡社新書)でも一章分割いている。

閲覧数 (22029)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (133)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?