お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2009/03/03
  • 執筆者: Yamaoka (3:20 pm)

「ジェイオーGHLD」、消えた増資引き受け資金1億5000万円の行方ーーこれが、その「銀行払込金受付書」

 建設、不動産事業などを展開する大証2部「ジェイオーグループホールディングス(ジェイオーGHLD)」(兵庫県神戸市)は今年2月13日、第3者割当増資の払込が完了したとIRした。
 ところが、その後、3億円のCB分は払い込まれておらず、払い込まれたのは約246万円の新株予約権の手数料のみだったと訂正。この重大な間違いの責任を取り、兵庫久昭社長は2月23日、社長を解任された。
 だが、実際には1億5000万円は振り込まれていたのだ。
 しかも、本紙の調査では、その1億5000万円はジェイオーGHLDに振り込まれてわずか1時間後には、子会社で、ゲーム専門店をFC展開するジャスダック上場「NESTAGE」(大阪府府中市)に転送されているはずなのだ。
 ところが、ジェイオーGHLDが2月26日にIRした「社内調査委員会による経過報告」をいくら見ても、この1億5000万円の振り込みがあったとの記述はまったくなく、もちろん、その1億5000万円がNESTAGEに振り込まれた事実にも一切触れられていない。
 これは、いったいどういうわけなのか。
 そこで本紙では、その1億5000万円が本当にジェイオーGHLDの銀行口座に振り込まれたことを証明する「振込金受付書」のコピーを以下に転載しておく
 よくご覧いただきたい。
(冒頭写真=大阪証券取引所、はいかなる処分を出すのか。なお、ジェイオーGHLDは2月、時価総額3億円未満となり上場廃止の可能性も)

閲覧数 (33035)
  • 2009/03/03
  • 執筆者: Yamaoka (3:10 pm)

主要子会社売却で、管理銘柄に入った「アーティストハウス」の惨状

2月28日、マザーズ上場の「アーティストハウスホールディングス」(東京都港区)は、東証から前日、管理銘柄に指定されたとIRした。
 その前日、アーティストハウスは、子会社「ミュージックランド」の株式を2億8000万円で売却することを取締役会で決めたと発表したことを受けてのことだった。
 子会社といえど、連結対象で親会社の売上高の相当を占める場合、売却=親会社の活動停止を意味し、それは上場廃止対象に成り得るわけだ。
 実際、楽器販売のミュージックランドのこの2期を見た場合、利益こそ5000万円前後に止まったものの、売上高は2期とも30数億円あった。これに対し、アーティストの売上高は50億円、42億円といった具合で、利益は60億円、22億円の大幅赤字だった。
 しかも、アーティストは持ち株会社的存在だが、この間、他のコンテンツ事業をやっていた子会社なども次々と売却。結果、かつて連結子会社は12あったが、いまや残っているのは2つだけだ。
 それでも今回、ミュージックランドを売却せざるを得なかったのは、返済すべき借入が多く、その貸付先との協議の中で、「猶予のないような状況もあり」と自社自身、認めている。
 かといって、第3者割当増資で資金を調達しようにも昨年末、最大約6億円になる第3者割当新株と新株予約権発行を目指したが、本紙に筋の悪い引き受け手の正体を暴かれたせいかどうかはともかく、この引受は中止された。
(冒頭写真=アーティストハウスの株式チャート図。上は3年、下は1年間のもの)

閲覧数 (33651)
  • 2009/03/03
  • 執筆者: Yamaoka (9:00 am)

指定暴力団「松葉会」に異変が……

カテゴリ: 右翼・暴力団
「松葉会」といえば、東京は台東区西浅草に本拠を置く指定暴力団(写真=本部建物)。
 構成員は約1500名、準構成員は約600名ともいわれる大手。そもそも博徒組織だったが、最近はシノギが厳しいためか、御法度とされる覚せい剤絡みの逮捕者が目立つ。
 その松葉会の実質№2以下、大幹部3名が本部から処分を受けたとの情報が入って来た。

閲覧数 (33799)
  • 2009/03/03
  • 執筆者: Yamaoka (4:40 am)

東証2部「バナーズ」恐喝事件の真相

 本紙で2度に渡りお伝えした、3月2日、全国紙でも報じられた(冒頭写真。時計回りに右上から「毎日」「東京」「日経」各記事)、東証2部「バナーズ」(埼玉県熊谷市)の第3者割当に絡んだ恐喝事件だが、事件の全容が見えて来たので、以下、報告する。
 なお、警視庁発表の逮捕者の1人、金武雄容疑者=「神商」の鈴木武雄代表のことだ。
 今回の事件は、07年7月にバナーズが実施した8億2500万円の第3者割当増資に端を発する。
 この時の増資の引き受け手は小林達也氏なる人物と、「ジェイ投資事業組合4号」なる投資事業組合だった。
 だが、最初の思惑と違って株価は一向に上がらず、投資事業組合を通じた実際の引き受け手も株を処分できず、文句が出ていたようだ。
 そこで、バナーズはほどない同年10月、今回の事件に直に関係する17億円の第3者割当増資を行う。この時の表向きの引き受け手は「インベストサイゴン」(東京都港区)だった。

閲覧数 (32819)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (129)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?