お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2009/03/17
  • 執筆者: Yamaoka (2:10 pm)

石原都知事がまた政治的思惑で推進かーー「東京都安全・安心まちづくり条例」改正は危ない!

カテゴリ: 政治
  3月17日、東京都議会で、「東京都安全・安心まちづくり条例」の改正(改悪)に向けた審議が始まった。
 この動き、一般紙ではまったくというほど報道されていない。だが、街頭における言論・表現の自由や、警察による管理強化の面で、決して見過ごすことのできない内容が含まれている。
 現行の条例は2003年6月に成立した。この条例は一言でいえば、警察が主導して、地域・住民ぐるみの防犯体制を作るというもの。具体的には監視カメラの設置や、ボランティアの「自主的防犯活動」が推進されて来ている。
 その条例が今、どう変わろうとしているのか。
 もっとも懸念されるのが、街頭での言論・表現の自由を奪うことにつながりかねない点だ。
 この2月9日に発表された「東京都安全・安心まちづくり有識者会議報告書」は、今回の改正の指針となるものだが、そこには、繁華街等の来訪者に対し「街頭や歩行者天国において大衆に多大な迷惑となるパフォーマンス等、街の秩序を乱す行為を慎む」とある。“多大な迷惑となるパフォーマンス等”とは非常に曖昧な概念で、いくらでも拡大解釈が可能だ。
(冒頭写真=2点ともイメージです)

閲覧数 (24768)
  • 2009/03/17
  • 執筆者: Yamaoka (12:20 pm)

この件で自殺者!? 「SFCG」子会社「Jファクター」が貸金業登録を取り消された真相

カテゴリ: サラ金 : SFCG
 財務省関東財務局は3月16日、商工ローン大手で、2月26日に民事再生法を申請した「SFCG」(東京都中央区。大島健伸会長=左写真。右は本社ビル)の子会社で、中小事業の手形割引などを主業務としていたファクタリング会社「Jファクター」(SFCGと同)に対し、貸金業の登録取り消し処分を行ったと発表した
 その理由だが、貸金業法では、登録業者の役員または政令の定める使用人に、禁固刑以上に処せられ、その刑の執行を終えてから5年以上経過していない者が就いていた場合、その登録を取り消すことになっており、それに該当したためだという。
 貸金業者は多額の金銭を扱うことから、他の業種の企業以上に高い倫理性が求められており、こうした厳しい規制が設けられている。
 それにしても、これはいったいどういうことなのか。
 SFCG関係者が証言する。

閲覧数 (25508)
  • 2009/03/17
  • 執筆者: Yamaoka (6:30 am)

<記事紹介>「八王子スーパー強殺ーー中国で収監の男関与か」(「毎日」3月16日)

カテゴリ: 凶悪事件 : 殺人
 昨日の「毎日」朝刊が、95年7月に起きた八王子スーパー女子高校生ら3名射殺事件(時効まで1年4カ月)で、現在、覚せい剤を密輸しようとして中国で逮捕され、現地で死刑執行を待つ身の日本人が有力情報を持っている可能性があるとして、警視庁が中国側に捜査員派遣受け入れ要請をしているとの記事を社会面に大きく掲載した。
 本紙はこの死刑囚・武田輝夫が八王子スーパー強殺事件で有力情報を持っている可能性があるといち早く報道した経緯から、その後の動きをフォローしている。
新潮45』 、『週刊朝日』がその後、より詳細を報じているが、ついに全国紙も報じたことになる。
 ところで、本紙はその後、この八王子スーパー事件の動機や、関連事件につき、興味深い情報を得ているので、これを機会に以下、報告しておく。
まずは動機だが、ある事情通によれば、これはカネや怨恨といった主要な動機はない、通りすがりの衝動殺人の可能性が大きいと見る。

閲覧数 (23752)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (129)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?