お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2009/04/07
  • 執筆者: Yamaoka (9:30 am)

「SFCG」大島健伸会長の近況と、気になるある指南役女性の存在

カテゴリ: サラ金 : SFCG
 周知のように、民事再生は認められず、破産処理に移行した大手商工ローン「SFCG」(東京都中央区)ーー一代にして、同社を創業し、東証1部に上場させ、他にも複数の上場企業を傘下に持ち、我が世の春を謳歌していたわけだから、タフで知られる大島健伸SFCG会長も、さすがに気落ちしていると思うだろう。
 まして、貸出債権の2重譲渡問題など、刑事罰に抵触する可能性もあるとなれば、第3者から見れば、なおさらそう思って当然だろう。
 ところが、大島氏には一般常識は通用しないようだ。
「相変わらず意気軒昂で、仕立ての良いスーツに、運転手付きの高級車で毎日出勤しています。
 ただ、さすがにSFCG本社には出勤し辛いのか、関連会社ばかりが2階に入居する(冒頭右写真)日本橋掘留町の某ビル(同左写真)の方に自身が陣取る部屋をこしらえ、そちらに午前9時から夕方6時ころまでいます。そして、SFCG本社はすく近くですから、必要に応じてこちらに部下を呼びつけ、以前と変わりなくお殿様然として、指示を出していますよ」(現役中堅社員)
 その証拠に、同ビル前の道路には、6000万円はする、都内でも数台しか見かけない最高級車「マイバッハ」が、その間、ずっとエンジンを切ることなく待機しているのが目につくという。というわけで、本紙記者は4月6日午後、見に行ったところ、確かにマイバッハがエンジンを切らず停まっていた(下写真)。
 実はこの車種、ある懇意な女性の趣味であることから選ばれたという。
 別の現役社員も、証言するように、社内では半ば公然と囁かれている女性がいる。
 それだけなら、プライベートなことまで報じるのは、との反論も出るかも知れない。
 だが、この女性I氏はSFCG関連会社の社外取締役に就任していたこともある。さらにこの間、SFCGが傘下に治めて来た複数の会社も、彼女が勧めたものだという。それが事実なら、事情は違って来るだろう。

閲覧数 (24903)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (128)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ