お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2009/04/15
  • 執筆者: Yamaoka (7:40 pm)

障害者割引不正捜査の舞台裏ーーやはり、検察は自民党の味方か!?

カテゴリ: 警察 : 検察
  本紙は今年3月3日に小沢一郎民主党代表の公設第1秘書が逮捕されたのは、民主党並びに小沢一郎潰しを目的とした「国策捜査」との疑念を強く持つが、漆間巌内閣官房副長官の問題発言に続き、さらにその疑いを濃くする出来事が起きている。
 いまさらいうまでもないかも知れないが、障害者団体向け郵便割引制度を悪用していたという容疑で、大阪地検特捜部が広告会社「新生企業」(現・伸正。大阪市西区)の社長らを逮捕したのは今年2月26日のことだった。
 こんな一見セコい事件を、なぜ、わざわざ大阪地検特捜部が手がけたのか。それは当初から民主党の牧義夫代議士(冒頭写真。愛知4区。当選3回)を収賄容疑で逮捕する狙いだったからではないかとの見方が政界の一部では根強いのだ。
「マスコミは約4年間で、新生企業などは総額200億円以上の郵便料金を不正に使っていたとしています。ですが、ライバル企業とのDM営業の争いは、障害者団体に通常120円のところ特例で8円、その料金に手数料を足したもので営業をかけるわけで、200億円も儲かるわけがない。新生側にすればぜいぜい数億円の儲けに過ぎないし、この不正は以前からかなり広く噂されていたが放置されて来ていた。それがなぜ今の時期で、しかもなぜ地検特捜部なのか……」(事情通)

閲覧数 (25620)
  • 2009/04/15
  • 執筆者: Yamaoka (6:30 am)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(218)「INAX」に関し、水面下で異変が

「INAX」(本社・愛知県常滑市)といえば、衛生陶器やユニットバスなどの製造・販売大手。2001年10月、アルミサッシやシステムキッチンなどの製造・販売大手の「トステム」と経営統合し、上場廃止になったが、INAX単体でも約2800億円という堂々たる売上げ高を誇る(08年3月期)。
 その共同持ち株会社「住生活グループ」(東京都中央区)は代わりに上場を果たしているが、同社は4月13日、今年3月期の業績に関し大幅な下方修正を行ったことが一部関係者の間で波紋を呼んでいる。
 というのは、まずは、この修正幅がかなり大きいからだ。
 今年3月期の売上高を、住生活は昨年10月末の段階では1兆900億円と弾いていた。ところが実際は1兆450億円と450億円ものダウン。なかでも純利益に至っては前回140億円の黒字見込みだったのが、わずか5億円と実に96%ものダウンとなったからだ。
 実は本紙はこの主要子会社のINAXに関し、内部告発情報を得て数カ月前から取材に動き、つい先日、住生活グループに取材申込みをし、返事待ちの状況。
 だから、こんなに早く実名を上げて載せるつもりはなかった。ところが、水面下である動きが判明したので時期を早めた。
(冒頭写真=疑惑が出ている工場の一つ)

閲覧数 (22499)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (128)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ