お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2009/04/16
  • 執筆者: Yamaoka (5:30 pm)

入会パンフ入手ーーこれが「岡本倶楽部」の預託金ビジネス

  本紙も指摘している、熱海の「岡本ホテル」を中心とする「岡本ホテルシステムズ」(東京都中央区)傘下の6ホテルの高優遇を謳った預託金ビジネス(「岡本倶楽部」に入会できる)だが、インターネットでいくら検索してもその内容はまったく載っていない。
 それどころか、「岡本倶楽部」はそもそもどこが運営しているかさえ公表されておらず、部外者からはホテル経営も含め、カネがどういう流れになっているのかまったく窺い知れない。
 だが、本紙はこの「岡本倶楽部」入会を勧める豪華なカラーパンフレットを入手した(以下に一部転載)。
 関係者証言や関連資料によれば、この預託金ビジネスが始まったのは2005年4月から。この預託金は5年満期だから、本当にこのビジネスに問題があるとすれば、それが顕在化するのは、来年4月以降ということになる。
(冒頭左写真=預託金の「預かり証」。右=岡本ホテル)

閲覧数 (26460)
  • 2009/04/16
  • 執筆者: Yamaoka (4:00 pm)

「九州誠道会」会長と“危ない上場企業”との接点

カテゴリ: 右翼・暴力団
 4月10日、福岡県警は指定暴力団「九州誠道会」(本部・福岡県大牟田市)の会長、浪川(朴)政浩容疑者(52)を、電磁的公正証書原本不実記載・同供用の疑いで逮捕した。
 宗教法人「八坂神社」(北九州市)の乗っ取り計画では、すでに5名が逮捕・起訴されているが、公判のなかで浪川容疑者が乗っ取り資金として5000万円を提供していた疑いが浮上。県警は指名手配して行方を追っていたところ、潜伏先の京都市内で発見したという。
 4月13日には、浪川容疑者の息子(22)も同容疑で逮捕。寺の所有権を別会社に移転させた虚偽登記で、その別会社役員を息子が一時していたことがあるという。
 これら情報は、全国紙では地方版でしか報じられないことから、東京では遅れて知ることになるケースが多い。
 本紙もまったく知らなかったところ、本日、またまた兜町関係者と情報交換していた際、浪川容疑者の話題が出て知った次第だ。
 なぜ、九州の指定暴力団トップの名前が兜町関係者の口から出るのか。
(冒頭写真=右は「週刊大衆」07年12月17日号、左は同08年3月10日号記事)

閲覧数 (33468)
  • 2009/04/16
  • 執筆者: Yamaoka (6:10 am)

<心声天語>(108)「人材派遣」というビジネス

日本に「人材派遣」なる言葉が登場したのは、約十五年前だ。その後、大手企業までが人材派遣に進出、多くの人材派遣会社が設立された。中には上場を果たした人材派遣会社もある。IT企業と人材派遣会社がベンチャー企業の代名詞のように脚光を浴びた時代、ほんの数年前である◆「人材派遣」なる業種は、米国からきたビジネスだ。資本主義の盟主国アメリカは、人間までも“商品”として扱ってしまう。すごいところだ。日本で人材派遣が遅くスタートしたのは、過去に存在した「遊廓」「タコ部屋」のような負の文化が影響しているからだ◆日本で人材派遣業が許可されなかった時代にも、幾つかの例外はあった。その一つが「芸者置屋」である。料理屋から「お座敷」がかかると「芸妓」という人材を派遣する。当然、良い芸妓がいる置屋は繁盛し、そうでない置屋は閑古鳥が鳴く。どこの置屋も売れっ子の芸妓を確保しようと躍起であった◆芸妓といえども初めから出来上がっているわけではない。そこで、舞妓の時から厳しく育てることになる。その時、最も重点がおかれるのが、派遣先での振る舞い、礼儀、配慮、素直さなどの内面的教えと、責任感と義務感の「プロ意識」であった。このへんのところは、今の人材派遣会社でも取り入れるべき知恵であろう◆不況の今日、人材派遣社員の需要が激減している。ところが、一方では「人材」を求める求人広告が増えている。どこの企業も、「要らない社員は追い出し必要な人材は確保したい」と思っているからだ。芸者置屋ではないが、いつの時代にも、精神的心構えや人間的基礎を身につけている人が、「人材」なのである。(和光)
閲覧数 (28023)
  • 2009/04/16
  • 執筆者: Yamaoka (5:30 am)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(219)「ベンチャー・リンク」株価急騰の怪ーー連動する!? 上場企業9社リスト

 いま何かと話題の「日本振興銀行」グループ入りした東証1部「ベンチャー・リンク」(東京都台東区)の株価が本日、跳ね上がっている。一時、その割合は6割を超えていた。
 債務超過で「継続性疑義注記」の“危ない上場企業”の株が、これというめぼしい材料がないにも関わらず、突如、出来高が増え、株価が急騰するのは、何らかの意図を持った者が背後で仕掛けているようにしか思えない。
 実際、兜町の一部事情通の間では、同様の“構造”から、他にも仕手化する(この最長1年ほどの間にしたことも)銘柄として、以下の9社が要注目銘柄として挙がっている。
 いずれも業績がよくなく(例外あり。ただし、それにはちゃんと理由がある)、手持ち資金を少しでも多く持ちたいと思っていると思われる企業だ。そして、もっと大きなある共通点が見出せるのだが、それをいま公表するといろいろ問題が出て来るので控えておく。
 だが、一つだけいっておくと、一時的に株価は急騰するかも知れないが、それほど遠くない将来に、一転、一挙に急落するリスクも十分あるということだ。
(冒頭写真はあくまでイメージです)

閲覧数 (22503)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (126)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ