お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2009/05/24
  • 執筆者: Yamaoka (5:10 pm)

INAX某工場への派遣会社は山口組企業舎弟

カテゴリ: 右翼・暴力団
 東証1部「住生活グループ」傘下、衛生陶器やユニットバスの製造・販売大手「INAX」(本社・愛知県常滑市)の工場で数々の疑惑が出ており、現在、本紙は住生活グループの調査結果待ちなのは本紙既報の通り
 しかしながら、現場の心ある下請け会社社長や社員(INAX工場の現場で実際に働いているのは下請け会社社員。INAX社員は管理しているだけ)は日々不当な待遇を受けているなか、明らかに違法と思える事実が浮上したので、その件は、調査結果を待つことなく報告する(冒頭写真=「日経」5月19日記事)。
 その事実とは、INAXのユニットバスを製造している「上野緑工場」(三重県伊賀市)に社員を派遣している下請け会社代表自身が現役の広域暴力団・山口組有力団体組員で、しかもINAX側はその事実を知りながら、長年働かせ、しかも便宜を図っているというもの。

閲覧数 (33809)
  • 2009/05/24
  • 執筆者: Yamaoka (8:50 am)

<雑誌紹介>「金の卵を産む積極的CSR戦略」(『ZAITEN』6月号臨時増刊号)

カテゴリ: 書評
 月刊経済専門誌『ZAITEN』が、臨時増刊号で、「CSR」の特集をやっている。
 CSRとは、「社会問題をビジネスに取り込むこと」、「企業の社会的責任」の英記。
 こういうと、その企業との事業とは何ら関係のない、例えば植林活動への寄付などを思い浮かべる方もいるだろうが、正確にはこうした「社会貢献」は入らない。
 例えば、損保業界は環境問題のCSRに積極的に取り組んでいる。その背景には、地球温暖化に伴い大型台風や巨大ハリケーンなどの自然災害が増えると、保険金の支払いも増えるという危機感があるからだという。
 このように、その企業のリスクと直結した社会問題であるからこそ、事業のなかに組み込み、継続的に取り組むことを指すそうだ。
 そして同じ取り組みでも、例えば、スーパーなら、植林をやるのではなく、そのスーパーから出る期限切れの食料廃棄品をいかに減らすか、レジの袋使用をいかに減らすかなど、直結した取り組みの方がベターであるようだ。
 もちろん、環境問題だけでなく、その会社の雇用問題(派遣社員の正社員化)、労働環境(サービス残業させない)などもっと直結したものへの取り引みも重要とのことだ。

閲覧数 (24355)
  • 2009/05/24
  • 執筆者: Yamaoka (6:40 am)

福岡市民の食を預かる鮮魚市場に持ち上がった冷凍マグロ架空取引疑惑

カテゴリ: 経済事件
 本紙では、過去、新興市場に上場していたIT系企業などを中心に架空取引(循環取引)を取り上げたことがある。業績をよく見せかけることで、株価を維持することが目的だったのだが、こんな取引を、福岡市民の食を預かる中央卸売市場の鮮魚卸売業「福岡中央魚市場」(以下、中央市場に略)を始めとする複数の業者間でも行っていた疑惑が浮上している。
 すでに一部地元紙が、その取引額はわずか1年余りで30億円を超えるのでは、との見方を伝えている。(冒頭写真=「福岡県民新聞」5月20日)。
 本紙への関係者の証言によれば、この疑惑が浮上したのは、その取引の急増に協力していたある業者が恐れをなし今年3月支払いをストップしたため、この取引を本物と信じ込んでいたとする「岩永鮮魚仲卸」がそのことに気づき、この取引商品の冷凍マグロの大元卸である公的性格の強い中央市場へ抗議の内容証明郵便(4月17日付)を送り、その回答書(同22日付)コピーなどと共に一部マスコミの間に流れたからだ。

閲覧数 (28388)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (129)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ