お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2009/09/07
  • 執筆者: Yamaoka (5:00 pm)

「神奈川歯科大学」資産運用52億円損失の戦犯

カテゴリ: 教育 : 学校法人
 昨日の「朝日」朝刊が、学校法人「神奈川歯科大学」(冒頭写真。神奈川県横須賀市)が杜撰な運用ですでに88億円の損失を出していることをスッパ抜き、その後、大手マスコミが一斉に報じている。
 同法人は05年度から「減価償却引当特定資産」を原資に複数のファンドで始めたが、なかでも東京、横浜、シンガポールの3つの投資会社を通じて行った計約66億円の投資(内、損失確定分は52億円)については、ファンドが無断で解散するなど、単なる投資損失とはいえない模様で、現在、同法人は調査委員会を設置して内部調査を行っているという。今後、この投資を主導した同法人理事や、投資会社を刑事告訴する可能性もあり、事件化の様相を見せている。
 この神奈川歯科大学、理事の間で内紛があり、本紙は昨年10月、報じたことがある。
 そのなかで、実は詳細は別の機会に譲るとして、そのままになっていたが、今回のファンド運用の疑惑にもわずかながら触れていた
(上写真=日本テレビ系のニュース映像より)

閲覧数 (31725)
  • 2009/09/07
  • 執筆者: Yamaoka (10:40 am)

戸籍が取れなくなった!?ーー酒井・押尾両事件報道を巡る思わぬ余波

カテゴリ: 報道・マスコミ
 今回の過熱気味といってもいい酒井・押尾両事件の報道を巡って、思わぬ余波が起き、今後の報道の上でひじょうに危惧する声も出ている事実がある。
 これまで取れていた「戸籍」が、取れなくなったとされる件だ。
 もちろん、当事者が必要に迫られて取るのは何ら問題ない。それは権利だから、当然のことだ。
 今回、取れなくなったのは、マスコミが裏づけを取るために、弁護士などを介して取る分。有り体にいえば、本来、取る資格はないのだが、いろんな名目を付けて申請していた分のことについてだ。
「(今年)8月前後から、いつも頼んでいる業者から、取れないとの返事が来出し、それが今回の事件で決定的になったんです」(某マスコミ関係者)
(冒頭写真=戸籍謄本。イメージです)

閲覧数 (28660)
  • 2009/09/07
  • 執筆者: Yamaoka (8:50 am)

<心声天語>(147)「ヨイトマケの唄」

衆院選に“決着”をつけた民主党は、月2万6千円の子ども手当てを導入・高校無償化などの子育て支援を打ち出した。子ども1人に年間31万2千円が国から支給される。日本も金持ちになったものだ◆子どもを守り、育てるのが「親の義務・責任」である。これは、人間社会だけに限ったことではなく、自然界における「掟・秩序」である。それだけに、親は子を育てるための苦労はとことん、担わなければならない。ところが最近、子育てを疎かにする親が、増えてきた◆1965年、NET(現在のTV朝日)で「ヨイトマケの歌(歌・作詞・作曲:美輪明宏)」が発表され、大きな反響をよんだ。「ヨイトマケ」とは、建設現場で日雇い労働者たちが槌を上下させる時の掛け声であり、綱を引っ張るときの「ヨイっと巻け」が語源である。当時は、日雇い労働者のことを「土方/ヨイトマケ」と呼んでいた◆ヨイトマケの歌詞から一部、抜粋した。「♪ 今も聞こえるヨイトマケの唄 工事現場の昼休み たばこふかして目を閉じりゃ 聞こえてくるよ あの唄が 貧しい土方のあの唄が」、「♪男に混じってツナを引き 天に向かって声をあげ 力の限りに唄ってた 母ちゃんの働くとこを見た♪」。建設現場で働きながら子を育てた母親たち、そんな母親たちが「子育て支援金」のことを知ったら、どんな思いにかられるだろう◆子は親の背中を見て育つ。自分を育てるために工事現場で働く母親の姿に、母への感謝を心に焼き付ける。最近、子が親を殺す事件が多発しているが、これは、子どもの中に「親への感謝」が焼きついてないからだ。そう、「親の恩」とは、子ども中に刻まれた「親への感謝」なのである。(和光)
閲覧数 (30374)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (135)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ