お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2009/09/17
  • 執筆者: Yamaoka (12:40 pm)

<記事紹介>「八王子3人射殺ーー死刑囚聴取続く」(「毎日」本日夕刊)

カテゴリ: 国際 : 中国
 本紙がいち早く報じたように、覚せい剤密輸事件で中国において死刑囚の身である「武田輝雄」(66)は、やはり、95年に発生した「八王子3人射殺事件」に関して犯人逮捕に結びつく有力な情報を持っている可能性があるようだ。
 警視庁本庁捜査員らは、この時効までわずか10カ月ほどになった八王子3人射殺事件の情報を求め、中国・大連に飛び、事情聴取を行っている。
「毎日」報道では死刑囚の名前は伏せられているが、武田であることは間違いない。
 また、もう一人、同じ看守所に収容されている同じく死刑囚の40代の日本人からも事情を聞いているというが、

閲覧数 (89981)
  • 2009/09/17
  • 執筆者: Yamaoka (8:40 am)

<心声天語>(150)「暴力」は知恵なき人間の業

米司法省が公開した報告書で、前政権下でテロ容疑者に行われた尋問が明るみに出た。00年のテロに関与した容疑者は、銃やドリルを突きつけられ、供述しなければ母親や家族を拘束すると脅された。さらに、隣の取調室で別の容疑者が処刑されたような“演技”までやっていた◆尋問や拷問の歴史は古く、その方法も「睡眠・排泄の制限」「爪を剥がす」など数多くあり、対象者が「死んでも言わない」との決心が強ければ強いほど、尋問・拷問もエスカレートしていく。中世の「魔女狩り」では、「針を刺して痛みを感じなかったら魔女」「水に沈めて浮かんできたら魔女」といったことが行われた◆“人権の国”の米においてさえ、尋問・拷問が行われている。だが、尋問・拷問は永遠になくならないだろう。「死んでも口を割らない」とする人間と「どんなことをしても白状させる」とする人間の、精神力と執念のぶつかりあいだからである◆二十数年前に観た映画である。マフィアのボスが逮捕された。しかし、このボスは頑なに口を閉ざしていた。ひとりの老刑事が「私が白状させる」と名乗り出た。看守に扮した老刑事は、ボスをトイレのない牢屋に入れ、来る日も来る日も食事に下剤を混ぜ、与えた。すると、一週間後に白状した◆ボスは、自分が下痢している姿を観て嘲笑う老刑事に、言い知れない屈辱感…人間としての“なさけなさ”を感じ、一日も早く解放されたいと思った。老刑事の知恵はすごいものだ。人間、痛みや恐怖には耐えられても、「自尊心」「屈辱感」“なさけなさ”といったことには、耐えられないものだ。そして、知恵のない人間ほど“暴力”で解決しようとするものである。(和光)
閲覧数 (27507)
  • 2009/09/17
  • 執筆者: Yamaoka (6:40 am)

「JRA新宿ウィンズビル」周辺地上げのその後

 日本中央競馬会の場外馬券売り場「JRA新宿ウィンズビル」周辺の地上げの動向――いま、駅前再開発がどんどん進んでいるJR新宿駅のすぐ横に位置し、再開発にも影響を与えかねない。また、“ギャンブル”という性格上、周囲環境に悪影響を与えると敬遠する向きもあり、嫌でも注目される。
 本紙は今年7月、2度に渡り報じたが、その後、新たな事実や、動きが判明したので、以下、報告したい。
 昨年12月、この「JRA新宿ウィンズビル」を東京都港区内のR社が買収したのがことの発端。そして、背後に「三菱地所」がいるという情報も出ていたが、三菱地所、JRA共に否定するように、これは何者かが流した虚偽情報だったようだ。
 また、かつてメガバンクの不正融資事件に関与して逮捕されたことがある元銀行マンが動いていたが、その後、R社とは関係が切れたようで、現在は動いていない模様だ。

閲覧数 (31720)
  • 2009/09/17
  • 執筆者: Yamaoka (5:40 am)

<ミニ情報>「第一興商」、著作権侵害で訴えられる!?

カテゴリ: ミニ情報
 昨日、ジャスダック上場、業務用カラオケ大手「第一興商」(東京都品川区)の創業者で超ワンマンの保志忠彦氏(71)の社長“復帰”の件を報じたら、早速、そのワンマン故のトラブルと思われる情報が入って来た。
 まだ、同社のHPでは一切報じられていない件だ。

閲覧数 (88926)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (129)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?