お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2009/10/12
  • 執筆者: Yamaoka (11:49 pm)

<主張>大手マスコミは光市事件・元少年実名本を批判する資格があるのか!?

カテゴリ: 報道・マスコミ
 本紙でも既報の書籍『福田君を殺して何になる』(著者・増田美智子。発行・インシデンツ)に対する大手マスコミの批判が凄まじい。
 特に痛烈なのは「朝日新聞」。
「『安易に一線越えた』作家ら疑問の声も」のタイトルの下、ノンフィクション作家の大御所・佐野眞一氏を登場させ、「実名を出すことは、筆者や出版社の『思想』であり、一定の説得力がなければならない。今回は、こうした問題に対して真摯に向き合い悩んだ様子が感じられず、安易に一線を越えたとしか思えない」とコメントさせている。
 同じく、登場させたフリージャーナリストの奥野某氏はもっと痛烈で、「レベルの低い本だ」と断じさせている。
 だが、本当にそんなに批判を受けないといけないほど今回の出版、問題なのか!?
  大手マスコミ各紙の矛先は、実名である点に向いている。少年法に形式的には違反するのだろうから、当然と言えば当然かも知れないが、しかし福田君の名前はネット検索すればたちどころに出て来るわけで、実質、公開されている点が、悪意的報道のために確信犯的にやった『週刊新潮』と決定的に異なる。
 今回の出版禁止の仮処分申立、実名になっている点を理由としているのはあくまで建前で、実は申立をチラつかせて圧力をかけることで、増田氏が現在の弁護団の訴訟方針に批判的だったことから、そこのところがどんな内容になっているのか“事前検閲”したかったということではないのか? だが、増田氏はそれに妥協せず、弁護団側は引っ込みがつかなくなって申立に至った……。

閲覧数 (27540)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (129)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?