お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2009/11/20
  • 執筆者: Yamaoka (6:20 pm)

話題のプロ・オーケストラ指揮者が500万円の家賃滞納

カテゴリ: 芸能・アイドル : 著名人
 本日夕方、日本初の株式会社形態のプロ・オーケストラ「フォンタナ・フィルハーモニー交響楽団」(大阪市北区)を立ち上げ、会長を務める中村祐一氏(冒頭写真。51)が東京都文京区の文京シビック大ホール(1800名収容)で指揮を取るということで、マスコミ関係者が注目している。
 テレビ東京の人気番組「ビジネスサテライト」でも紹介された中村氏だが、本日、注目されている理由は、そこで発表される「第九コンサート」の内容ではない。
 フォンタナ・フィルハーモニー交響楽団の設立は3年少し前だが、本日の第九は、アマチュアの「シュミット交響楽団&合唱団」が行うもの。
 俄には信じられない話だが、関係者によれば、フォンタナ・フィルハーモニー交響楽団は期待されてスタートしたものの、ギャラやホール費用の未払いが起き、すでにフォンタナの事務所は閉鎖され、中村氏は約1カ月半前から消息不明状態だという。
 その中村氏が本日、公に姿を見せるということで注目されているのだ。
 先の関係者はシュミットを立ち上げた理由をこう見る。
「アマチュアのシュミットの方は昨年9月にネット上で立ち上げられた。プロのファンタナと違って、こちらはアマチュアから参加費を徴収できる。フォンタナの経営難に関してはまだ一般には知られていない。それで、その知名度を生かして新たに始めたのではないか」
(上写真=フォンタナ・フィルハーモニー交響楽団)

閲覧数 (28158)
  • 2009/11/20
  • 執筆者: Yamaoka (3:30 pm)

「公園は広告じゃない!」ーー東京都渋谷・宮下公園の“ナイキ・パーク”化に抗議のパフォーマンス

カテゴリ: 雇用 : ホームレス問題
  11月20日、お昼休みを前後して、東京・品川区にある「シーフォートスクエアセンタービル」の入り口付近に、突如、ダンボールハウスが出現した。寝袋にくるまって横たわる人々、ピクニック仕立ての若者も登場。かれらは、たちまち警備員や警察官に取り囲まれた。
 このパフォーマンスは、「みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会」がおこなったもの。同ビル内に、世界的なスポーツ用品メーカーであるナイキ (Nike) の日本支社「株式会社ナイキジャパン」が入居しているため、直接抗議の意思を表すためにおこなわれた。
 宮下公園は広さ約1万?の公園で、渋谷駅近くに位置している。今年6月、渋谷区はこの宮下公園の命名権をナイキジャパンに売却した(年間1700万円で10年契約の見込み)。また、ナイキ側の予算で、スケートボード場やロッククライミング施設の設置を含んだ、公園の改修も行われるという。
 これに対し、「公園は一企業の私物ではない」「公園整備を名目に野宿者を追い出すのではないか」等と反発しているのが「みんなの宮下公園をナイキ化計画から守る会」。この日、70人ほどがビル前に集まり、パフォーマンスのほかビラまきと演説をおこなった。

閲覧数 (97568)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (130)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ