お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2010/10/02
  • 執筆者: Yamaoka (5:50 pm)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(280)振興銀破たんでーー「日本産業HD」、有報提出できず危機

 経営破たんした「日本振興銀行」の株式を10億円も買うなど、極めて親しい関係にあったアンビシャス上場の「日本産業ホールディングス」(本社・札幌市。鮎川純太会長=冒頭写真)の先行きがいよいよ不透明になっており、「振興銀破たん絡みの関連上場企業の連鎖倒産1号になるのでは!?」なんて声さえ兜町関係者の間では出て来ている。
 両者がいかに親密な関係にあったか、また監査法人が監査を下りたことは、すでに本紙は8月24日に報じているのでそちらをご覧いただきたい
 その後、日本産業HDは9月6日、今年6月期の決算と監査が未了になると発表。同日、その理由として子会社の「アルファ・テクノロジー」の売上取引に関して修正する可能性のある事象が判明したとして社外調査委員会を設置したとも発表。その際、9月中旬を目処に報告予定としたが未だ発表されていない。
 そして9月24日には管理ポスト入りした。

閲覧数 (22003)
  • 2010/10/02
  • 執筆者: Yamaoka (7:50 am)

富士薬品は3億円の損失確定ーー売却されていた横井英樹遺産・大井松田物件

 本紙は以前、横井英樹氏(横左写真。故人)の遺産の一つである、神奈川県足柄郡大井町の約4000坪の土地を巡り、「三立興産」(破産)の大津洋三郎社長、「日建」の渥美和弘社長らが暗躍し、大手ドラッグストア「富士薬品」から、ここでも転売で儲かるとして3億5000万円の資金を引き出させていたことを報じている。 その後、この件は決着し、最終的に富士薬品のこの土地での損失は3億円と確定したので以下、報告しておく。
 この土地には、かつて「ホテルニュージャパン」(冒頭右写真)社長だった横井氏がオーナーのボーリング場「トーヨーボウル」があった。しかし、約10年前から廃墟になり、地元の若者の溜まり場、不法投棄場所に。さらには廃墟の一部にアスベストが使われていることなども判明。治安、環境上、さらに税収も入らず、地元では頭を抱えていた有名物件だった。
 土地の有効利用が進まなかったのは、ボーリング場閉鎖と共に所有権は三立興産に。ほどなく同社は整理回収機構から返済を迫られ、競売されることになった。ところが大津氏はダミー会社を使って高値(10億円。供託金は5000万円)で落札させ、しかし、購入するための資金がないため、三立興産はそもそも整理回収機構に支払う債務はないとの訴訟を起こすことでダミー会社の支払い時期を延期させ、係争中ということでこの土地は塩漬け状態になっていたからだ。

閲覧数 (34653)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (135)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ