お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2010/12/14
  • 執筆者: Yamaoka (2:50 pm)

<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(289)旧「東邦グローバル」、仕手筋、最後のババ抜き合戦

  仕手筋とそれに連なるブラック人脈がオールスター出演し、久間章生元防衛相(下写真)も株価操作に一役買った疑惑も出た、大証2部の住宅会社「クレアホールディングス」(旧「東邦グローバルアソシエイツ」。東京都港区)だが、冒頭のチャート図を見ても明らかなように、この半年以上株価はほぼ1円という“死に体”だ。
 株価だけでなく、証券取引所からはすでに公表措置1回、警告措置1回受けており、もう一度警告措置を受ければ上場廃止となる。
 その警告内容はIRでいろいろ書かれてあるが、要するに、取引所は経営者が経営をしていないと見ている。外の特定の人間が操っていると見ていると言うことだ。(横写真=『週刊新潮』08年7月17日号記事)
 その外の特定の人間とはM氏。
 クレアは2008年2月、ロシア・ソチの人工島建設に参入するとして、実にすべて行使されれば約116億円にもなる新株予約権発行をブチ上げた。
 それを引き受けたのは「トップ・ギア・インベストメント・リミテッド」なる香港の投資会社だっが、あの鬼頭和孝被告が絡んでおり、その後、その権利はこのM氏が取得し、現在、M氏はクレアの陰のオーナーと見られる。
 クレアのIRされている限りの情報から算定すると、現在、その未行使権利は約62億4000万円分あり、もし、いまの行使価格(1株0・9円)で行使すればその総取得株数は70億株(現状のクレアの株式総数は約5億2700株)というベラボーなものになる。何しろ、発行当時の転換価格は135円だったところ、現在、1円なのだから無理もない。
 兜町事情通の間では、この間、M氏はこの未行使分を使って何とかカネにしたいと動いていたが、つい最近になって、その動きがピタッと止まったという。つまり、組む相手が決まったのでないかというのだ。
 もはやクレアの上場廃止は間違いなく、それも近々決定しておかしくなく、まさに最後の仕手戦、ババ抜き(行使期間は来年2月末まで)。
 そんな仕手戦に乗る相手がいるかと思うが、しかし、何しろクレアの株価はこれより下がらない1円。仮に何らかの買い材料をブチ上げ、結果、(たったの)3円に上がっただけでも投資額の200%の利益が得られるのが魅力といえば魅力だ。

閲覧数 (25240)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (135)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?