お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2011/03/04
  • 執筆者: Yamaoka (3:50 pm)

<新連載>『田沢竜次の昭和カルチャー甦り』(第11回)「戻れるならいつ!?」

 筆者・田沢竜次(フリーライター)。1953年東京生まれ。編集プロダクション勤務などを経て1983年からフリー。85年『月刊angle』連載を基に『東京グルメ通信・B級グルメの逆襲』(主婦と生活社)を書き下ろし、また文春文庫の「B級グルメ」シリーズでも活躍。B級グルメライターとして取材・執筆を続け今日にいたる。一方、大学の映画サークルで自主上映するほど映画にも精通。著書に「B級グルメ大当りガイド」「ニッポン映画戦後50年」など。

 あの頃に戻りたいなんて、本当に戻りたい年を1年選べなんていったら、どこに人気が集中するかな。たとえば、昭和レトロ大好き団塊オヤジだったら、あの「三丁目の夕日」で描かれた東京タワー完成当時の1958年頃とか、政治も文化も激動の1968年頃になるんだろうな。さらに、バブルを満喫した世代なら、その頂点の1989年頃かな。
  しかし、過去は何でもユートピアのように美化されがち。たとえば、「三丁目の夕日」の時代なんて、環境最悪、インフラ整備もひどい、冬はしもやけ、あかぎれ、土ぼこりで結膜炎だハヤリ目だ、歯医者はこわいし、給食も不味い、栄養状態悪し、水洗トイレも少ないと、夜は真っ暗、大雨ふったらぬかるみ、と大変だ。68年も、スモッグ、排気ガス、ヘドロの公害問題、隅田川は近寄るだけで異臭が、駅のトイレ汚い、食品は添加物だらけ、映画館の椅子も劣悪だった。バブルだって、地上げ、人心荒廃、アホ学生続出、銀座で寿司食うOL、と、イメージ悪し。では戻ってみたい年なんてあるのか、あるんだよ。
  おすすめは1981?83年頃。なぜ、ここらがいいといえば、フリーランスで仕事する人、出版マスコミ、バイト生活(フリーターってことばはまだない)、風来坊や高等遊民の人、いずれにとっても過ごしやすく、世の中が大らかで、アバウトだったのだ。

閲覧数 (20971)
  • 2011/03/04
  • 執筆者: Yamaoka (8:00 am)

あの漢検で「3・12池坊理事長追放計画」の全貌

カテゴリ: 政治 : 官僚 : 天下り
  毎年暮れ、「世相を現す漢字一字」が発表され、それがニュースになるほど注目されている(財)「日本漢字能力検定協会」(京都市左京区。冒頭写真は昨年の「暑」。清水寺で)。
 その漢検で、昨年末から右翼が質問状を出したり、街宣をかける、あるいは「怪文書」が出るなど、ゴタゴタが続いている。
 質問状の件は本紙既報済だが、これに池坊保子理事長(衆議院議員。公明党。当選5回。下左写真)は回答したものの、その後、街宣をかけられている(「池坊は辞任せよ!」の内容)。さらに今年2月、今度は漢検職員有志名で「怪文書」(内容は街宣と同じ)が全理事に送付されている模様だ。
 このように、矛先は一貫して池坊理事長に向けられており、質問状ではさまざまな疑惑が指摘されていたので、本紙はこの間注目し、取材し、報道して来た。
 そうしたところ、来る3月12日に理事会が開催され、その場で池坊氏を理事長から引きずり下ろす計画があることがわかったので、以下、報告する。
 結論を先に言えば、この計画には大義がないと言わざるを得ない。というのは、池坊氏が漢検を私物化しているとか、金銭疑惑があるとか、具体的な問題があれば理事長を辞めてもらうのは当然だろう。だが、少なくとも現状、疑惑をある程度でも裏づけるものは出ていないようだ。むしろ、追放を計画している側にこそ私物化を欲している不純な動機が伺われるのだ。
  現在、漢検の理事は9名いる。
 色分けすると池坊氏が理事長になって以降に理事に就いた湯浅、桐井両氏が池坊派。
 後の6名は、その1人である堀場雅夫氏(上右写真)率いる堀場派だという。
 堀場氏は86歳ながら、いまもかくしゃくとしており、京都商工会議所の副会頭を務めるなどし、池坊派の3名以外の理事は誰も逆らえないことは前回報告した

閲覧数 (92851)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (135)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?