お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2011/03/10
  • 執筆者: Yamaoka (8:40 am)

政治結社「日本維新連合」を激怒させた、政策グループ「日本維新連合」の原口一博前総務相

カテゴリ: 政治家
 大手マスコミではまったく報道されていないようだが、民主党の原口一博前総務相(当選5回。羽田グループ。冒頭写真)が政治結社の街宣攻撃を受けている。
 原口氏は2月23日、地域主権改革などの政策実現を目指す政策グループ「日本維新連合」の準備委員会を開催。民主党若手を中心に国会議員57名が出席。東京都選出の国会議員9名参加の「東京維新の会」、また橋下徹大阪府知事や河村たかし名古屋市長らの地域政党とも連携して行くとしている。
 ところが、よりによってこの政策グループ名、「日本維新連合」とまったく同名をすでに使っている政治結社が存在したからだ。
「法的には問題ありません。しかし、原口さんはついこの間まで総務相を務めていたでしょう。政治結社の届け出はその総務省の管轄。しかもその団体はいまも現役バリバリの過激な団体。彼らの怒りを買ってしまった。地元の大阪で街宣していますが、もう少ししたら上京し、民主党本部などに対してもやると息巻いてますよ」(関係者)
   確認してみると、政治結社「日本維新連合」(本部・大阪府羽曳野市)は確かに存在した。
  最新の09年度収支報告書によれば、収支とも228万円となっている。
(上写真=街宣中の政治結社「日本維新連合」)

閲覧数 (24086)
  • 2011/03/10
  • 執筆者: Yamaoka (3:50 am)

<ミニ情報>あの“マスコミ界のドン”が危篤との情報

カテゴリ: 報道・マスコミ
 放送業界に強い知り合いから情報が入ったので、」お伝えしておく。
 ただし、“マスコミ界のドン”=渡辺恒雄読売新聞グループ本社代表取締役会長・主筆(84。冒頭写真)ではない。念のために、それだけは断っておく。

閲覧数 (26292)
  • 2011/03/10
  • 執筆者: Yamaoka (3:00 am)

<ミニ情報>国会議員に関する新たなスキャンダル情報

カテゴリ: 政治家 : 汚職(疑惑)
  嘆かわしいことだが、いまの政界は国民不在で、国会審議より、互いの些細なミスなどをマスコミにリークし合い、潰し合うことに大きく力を割いているといわざるを得ない。
 前原誠司代議士(冒頭写真)の件もその典型例だが、外相を辞めただけでは物足りないのか、さらなる献金につき、一部大手マスコミが取材に動いており、近く週刊誌などで取り上げられそうだ。
 ちなみに、本紙でも既報の前原氏と暴力団との関係が噂されるS会長との件は、自民党は追及する気はないそうだ。なぜなら、S会長からは複数の自民党国会議員にも献金されているからとのこと。

閲覧数 (25397)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (133)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?