お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2011/05/31
  • 執筆者: Yamaoka (6:20 pm)

元広域暴力団、事件屋とタッグ!? 上場廃止になった「セイクレスト」筆頭債権者“社長”は警察、自衛隊OB

 本紙は先日、5月20日を持ってジャスダック上場廃止になった不動産会社「セイクレスト」(大阪市中央区)に食い込んでいた鹿児島人脈(元広域暴力団組長と事件屋)について取り上げた
 セイクレストが上場廃止になったのは5月2日に破産開始決定となったからだが、その筆頭債権者である「天成ホールディングス」(東京都中央区)なる会社と、クロマグロの詐欺疑惑会社「シールド」(鹿児島市)は極めて親しい関係にあり、そのシールド社長が元広域暴力団組長だったのだ。(実はシールドは天成ホールディングスの100%子会社だった=天成ホールディングスのパンフレットより=冒頭写真)。
 こうした事実だけでも驚きだが、何と天成ホールディングスの社長は航空自衛隊と鹿児島県警OBだったことが、天成ホールディングスの会社パンフ(横写真。社長のご挨拶覧)よりわかった。
 今日日、(元)暴力団と(元)警官が連むことは決して珍しくないとはいえ、こうした事実が具体的に表面化するのは稀だろう。
 ちなみに原野徹雄社長、シールドの総務部経理課長も兼務している。
 ところで、シールドのクロマグロ詐欺疑惑に関しては、芸能界ではかなり知られた芸能プロダクション社長も深く関与していることもわかったので、以下、報告する。

閲覧数 (26551)
  • 2011/05/31
  • 執筆者: Yamaoka (1:20 pm)

「コンピュータ監視法」、本日午前、衆院法務委員会を可決

カテゴリ: 報道・マスコミ
 本日(5月31日)午前中に開かれた衆議院法務委員会で、「コンピュータ監視法」(情報処理の高度化等に対処するための刑法等の一部を改正する法律案)が、「全員起立」の総員賛成で可決した。本会議で成立すれば、参議院に舞台は移ることになる。(冒頭写真=反対する国民の糾弾ビラ)
 審議を傍聴した共謀罪反対運動関係者は、「監視法を鋭く批判してきた民主党議員もあっさり賛成。一体どうなっているのか」「出来レースの質疑だった」「江田法相はインターネットがわかっていない」と口々に不満や憤りを表明した。
 それは無理もない。参考人や江田五月法相(下左写真)に対する、民主党議員からの質疑のなかで、いくつかの疑問点が浮かび上がった。ところが、江田法相らの答弁は疑問に応えるものとは思えないのに、当の民主党議員たちもふくめて全員賛成しあっさり可決してしまったからだ。
 一例をあげよう。質疑のなかで辻恵議員(民主)は「ウイルス作成罪は、警察の見込捜査を生み出しかねないのでは?」「通信記録の保全を令状なしにできるとすると、令状主義を逸脱することになるのでは?」と質問したことに対し、江田法相は「見込捜査は横行させない」「捜査は慎重におこなう」ともっぱら繰り返すのみ。
 そもそもコンピュータ監視法は、民主党も反対してきた共謀罪の一部分。江田法相は「インターネットは今や社会のインフラだ。ウイルスの拡大を一刻も早く止める必要がある」と言うが、被災者支援に集中すべき今、急いで成立させなければならない理由としては説得力がない。
 江田法相の答弁で、唯一、明確だったと思われるのは、懸念の声が多い、捜査機関による「通信履歴の保全」の範囲に関してだ。「いわゆるメールの『件名』は通信の内容になるので、履歴には含まない」とのことだ。
 さて法務委員会の可決後、コンピューター監視法反対運動の関係者はこう語った。
「この審議で特徴的だったのは自民党の柴山昌彦議員(上右写真)の追及。『共謀罪に民主党は反対して来たのに、コンピュータ監視の部分だけ賛成では、整合性がとれない』『ウイルス同様、テロの危険性は高まっている』と共謀罪全体の成立へ、民主党を突き上げている。これに今の民主党は抗しきれるか。再び共謀罪反対の世論を高める必要がある」。
閲覧数 (27145)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (125)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?