お知らせ

○重大なお知らせ

本HPは6月22日(金曜日)を持って完全移行します!

従来のシステムが古く限界に近づいたため、6月22日(金曜日)からまったく新たなHP(https://access-journal.jp)を構築、そちらに完全移行します。
それと同時に料金体系も一新。個人に関しては月額800円(+税)のクレジット決済のみに統一します。法人に関しては料金体系は従来通りで、銀行振込も可能です。

したがいまして、有料講読入会も6月22日(金曜日)以降は、新しいHPの方でお願い致します(このHPからの入会は絶対にしないで下さい。万一、誤って入会されても返金致しかねます。)

もちろん、すでに入会いただいている方におきましては、最大1年間、このHPは閲覧専用のために残しますし、その間の新規記事も新しいHPと並行し掲載することで不利益を被らないようにしますのでご安心下さい。

本紙「アクセスジャーナル」をいつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
これを契機に利便性、セキュリティー、そして記事内容もさらに向上させて行きますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

最新エントリ
  • 最新エントリ配信
  • 2011/10/27
  • 執筆者: Yamaoka (11:39 pm)

<記事紹介>「福島第一原発潜入記」(本紙・山岡著。双葉社)

 紹介が遅くなったが、今週月曜日(10月24日)発売の『週刊プレイボーイ』(集英社)が丸々1頁割き、著者インタビューのコーナーで本紙・山岡著『福島第一原発潜入記ーー高濃度汚染現場と作業員の真実』(双葉社。1365円)を取り上げてくれているので、紹介しておく。
 本書が出てから約1カ月。
 始めて編集者より状況の報告があり、現状、すでに3割以上売れており、そんなに悪くはないとのことだ。

閲覧数 (23498)
  • 2011/10/27
  • 執筆者: Yamaoka (6:19 pm)

入手ーー井上工業架空増資疑惑“主犯”の「経過文書」に抜けている事実

  明日にもといわれる、東証2部に上場していた「井上工業」を巡る架空増資疑惑だが、本日入って来た情報によれば、警視庁組対3課によるXデーは数週間延びそうな気配だ。
 それはともかく、本紙はその組対3課も入手、本人も作成を認めているとされる、この間の経過を記した文書(A4判2枚)を入手した。この間の大まかな経緯がわかるので、以下にその文書を転載する
 いまさらいうまでもないだろうが、08年9月、井上工業は18億円の第3者割当増資と、すべて転換すれば12億円になる新株予約権発行(予約権発行額が2000万円)を行い総額18億2000万円の資金を集めたことになっている。
 だが、その実態はといえば、実に15億2000万円は井上工業の現金を振り込んだもので、暴力団にも繋がる怪しい金融ブローカー連中から調達したのは3億円に過ぎなかった。しかも、手数料名目で1億8000万円が抜かれ、井上工業に入ったのはわずか1億2000万円のみ。さらに、この第3者割当増資の全株式1億5000万株も金融ブローカー側に渡ってしまった。挙げ句、その前後の資金調達名目で井上工業の持っていた社宅など5億円ともいわれる不動産も名義変更されて売却される有様。
 では、こうした井上工業の資産を食った連中は具体的に誰なのか!?
(冒頭左写真は18億円の増資を引き受けた事業組合の入居ビル。右は経営破たん時の中村剛井上工業社長)

閲覧数 (37379)
  • 2011/10/27
  • 執筆者: Yamaoka (12:50 pm)

「福島県民はモルモットではない!」ーー経産省前で福島の女性たちが座り込み

カテゴリ: 経済事件 : 電力会社
 福島第一原発事故は、東京電力が原子炉の「冷温停止」を年内に達成すると述べて以後、事態は収束に向かっているかの印象がある。だが、溶解した核燃料がどこにあるかも不明なのであり、放射性物質の放出は依然続いている。そして福島県内は今も高濃度汚染に曝されているのが実際だ。
 こうしたなか、福島県内の女性たちが上京し、霞ヶ関の経済産業省前で、本日10月27日から座り込みをはじめている。「原発いらない福島の女たち」というグループだ。
 経産省正門脇のスペースには、9月11日以後、「原発再稼働を絶対に許すな」と横断幕を掲げたテントが張られている。60年安保世代の元全学連活動家らが構成する「9条改憲阻止の会」のテントだが、その横に「原発いらない福島の女たち」のテントが加わり、このテントを囲むように女性たちが座り込みをしている。
 例によって制服警官が数十人、そして公安警察が監視していたが、反原発の世論を恐れてか、テントの撤去や座り込み者の排除はさすがにできない。
 今日の参加者は、福島県から60人、県外から450人(正午段階)。「上を向いて歩こう」などの歌が流れるなか、参加者一人一人が、プラカード、のぼり、パッチワークを持参し、政府や原発に対する思いを表現していた。


閲覧数 (24151)
hoge
アクセスジャーナルTV
USTREAM アクセス ジャーナルTV 記者 山岡俊介の取材メモ YouTube アクセス ジャーナルTV 記者 本紙編集長・山岡俊介と、政治ジャーナリスト・渡辺正次郎氏が、これまで記事に出来なかった様々な事件の裏側や真実を語りおろす!
第10回目からはゲストとして須藤甚一郎氏(元芸能レポーター。目黒区議)を迎え、ますますヒートアップ! (原則)月1回、Ustreamで生放送中。なお過去の放送分はYouTubeでもご覧になれます。
カテゴリ一覧

書評 (135)

ログイン
筆者新刊

本紙 山岡俊介著
発行元 双葉社
詳細はこちら

推奨サイト
寺澤有のホームページ インシデンツ My News Japan

MyNewsJapanでは、Newsの現場にいる誰もが発信者です。身近にある本当のNewsを多くの人に知らせて見ませんか?

アーカイブ